宝くじ当選番号案内は、初夢宝くじ2015の当選番号(第2268回東京都、第2330回関東・中部・東北、第2447回近畿、第2138回西日本)を午後3時50分頃から更新

2015年1月9日(金曜日)抽せんの「第2268回 東京都宝くじ 初夢宝くじ」発売概要

 
「第2268回 東京都 初夢宝くじ」は、1等前後賞合わせて2億円の超高額当せん金!

等級

当せん金額

本数

1等

180,000,000円

1本

1等の前後賞

10,000,000円

2本

1等の組違い賞

100,000円

69本

2等

5,000,000円

5本

3等

2,000,000円

14本

4等

1,000円

70,000本

5等

200円

700,000本

一富士賞

1,000,000円

70本

二鷹賞

50,000円

700本

三茄子賞

10,000円

7,000本

スポンサード リンク

発売期間 2014年12月20日(土曜日)〜2015年1月7日(水曜日)
抽せん日 2015年1月9日(金曜日)
発売額 14億円(70組、700万枚)
発売金額 1枚200円

2015年1月9日(金曜日)抽せんの「第2330回 関・中・東宝くじ 初夢宝くじ」発売概要

「第2330回 関・中・東 初夢宝くじ」は、1等前後賞合わせて2億円の超高額当せん金!

等級

当せん金額

本数

1等

180,000,000円

2本

1等の前後賞

10,000,000円

4本

1等の組違い賞

100,000円

298本

2等

20,000,000円

2本

3等

5,000,000円

15本

4等

1,000円

150,000本

5等

200円

1,500,000本

一富士賞

1,000,000円

150本

二鷹賞

50,000円

1,500本

三茄子賞

10,000円

15,000本

発売期間 2014年12月20日(土曜日)〜2015年1月7日(水曜日)
抽せん日 2015年1月9日(金曜日)
発売額 30億円(150組、1,500万枚)
発売金額 1枚200円

2015年1月9日(金曜日)抽せんの「第2447回 近畿宝くじ 初夢宝くじ」発売概要

「第2447回 近畿 初夢宝くじ」は、1等前後賞合わせて2億円の超高額当せん金!

等級

当せん金額

本数

1等

180,000,000円

1本

1等の前後賞

10,000,000円

2本

1等の組違い賞

100,000円

59本

2等

30,000,000円

3本

3等

5,000,000円

3本

4等

5,000円

6,000本

5等

1,000円

60,000本

5等

200円

600,000本

一富士賞

1,000,000円

6本

二鷹賞

100,000円

60本

三茄子賞

10,000円

1,200本

発売期間 2014年12月20日(土曜日)〜2015年1月7日(水曜日)
抽せん日 2015年1月9日(金曜日)
発売額 12億円(60組、600万枚)
発売金額 1枚200円

2015年1月9日(金曜日)抽せんの「第2138回 西日本宝くじ 初夢宝くじ」発売概要

「第2138回 西日本 初夢宝くじ」は、1等前後賞合わせて2億円の超高額当せん金!

等級

当せん金額

本数

1等

180,000,000円

1本

1等の前後賞

10,000,000円

2本

1等の組違い賞

100,000円

79本

2等

10,000,000円

3本

3等

3,000,000円

4本

4等

1,000円

80,000本

5等

200円

800,000本

一富士賞

1,000,000円

80本

二鷹賞

100,000円

800本

三茄子賞

10,000円

8,000本

スポンサード リンク

発売期間 2014年12月20日(土曜日)〜2015年1月7日(水曜日)
抽せん日 2015年1月9日(金曜日)
発売額 16億円(80組、800万枚)
発売金額 1枚200円

2015年新春 「初夢宝くじ2015(平成27年)」で高額当せんを掴む“3つのポイント”

宝くじ高額当せん者の参拝場所とは?

高島にある「宝当神社」にお参り
2015年の新春を迎えたのならば、“ご利益のある神社にお参り”するのが正統派宝くじファンの通例です。毎年、多くの宝くじファンが訪れている聖地、「宝当(ほうとう)神社」に参拝すると高額当せんを呼び込むといわれています。佐賀県唐津市の沖合いにある小さな島にその神社は存在します。ここで参拝した方々の中には、1億円以上の高額当せんを果たした方が数多くいるという超絶神社。お社の中には、実際に宝くじで的中した方々からのお礼のお手紙がズラリと貼られている光景は有名です。この神社へは、定期船「ニューたかしま」でしか行けませんのでご注意下さい。下記の地図より、場所をご確認下さい。


より大きな地図で 宝当神社 を表示

高額当せんする人の性別・世代は?

高額当せん者は圧倒的に「男性」が多いデータ
実は宝くじの高額当せん者は、圧倒的に男性が多いというデータがあります。男性が約70%に対して、女性は約30%という統計が出ています。
ただし、これは単純に“男性の宝くじ購入者数が多い”という背景があるからだと思います。この統計も時代の差異で少しずつ変化はしてきています。年齢層は最近では、60代以上に1等的中者が多い傾向です。「宝くじ」といえども、「数字選択式」から「ジャンボ宝くじ」、「通常宝くじ」、「スクラッチ」まで幅広くありますので、世代間別に調査をしなければこのような調査結果になります。「数字選択式宝くじ」では、若年層に大きく傾いています。

購入した初夢宝くじの保管方法とは?

“金運は西から黄色をめがけてやってくる”
金運アップの方法としては、あまりに有名な宝くじ保管方法です。金運は西からやってきます。風水学では常識になっています。まずはご自宅の方位をご確認していただき、西側に購入した宝くじを大切に保管して下さい。その際、黄色い財布などにしまっておくのがベストですが、わざわざ通信販売などで販売している高額な(ボッタクリ!?)黄色い財布でなければならない理由はありません。“丁重に黄色い布にくるんで保管しておく”だけでも充分に金運は訪れます。当サイト管理人は、“黄色いハンカチーフ”にくるんで西側(洗面台)の陽のあたる場所に置いております。どうぞお試し下さい。

 

スポンサード リンク

「初夢宝くじ」の抽せん日は、2015年1月9日(金曜日)です。

一年の計は元旦にあり!初夢宝くじで新春初笑!

 

宝くじファンの皆様、新年あけましておめでとうございます。

 

年が明けて仕事始めが開始された頃に抽せんされることで人気の「初夢宝くじ」が、2014年12月20日(土曜日)に各ブロックにて全国一斉発売が開始されます。
「東京都宝くじ」、「関東・中部・東北自治宝くじ」、「近畿宝くじ」、「西日本宝くじ」の各ブロックで発売。

 

「初夢宝くじ」は、毎年年末の12月下旬に全国一斉に発売され、年明けの2015年1月9日(金曜日)に抽せんが行われる大人気の宝くじです。
残念ながら、年末ジャンボ宝くじで当せんしなかった宝くじファンも新しい年を占う意味で、「初夢宝くじ」を購入して、新しい年の幕開けを期待します。
2011年は東日本大震災を始めとして、最悪の幕開けでスタートしてしまいましたが、2015年は被災地の復興を祈る思いで、自分自身の命運を占ってほしいものです。

 

各ブロックにより、発売額、賞金条件が異なります。
「東京都」、「関東・中部・東北」は販売エリアが広いために、3等の配当金が300万円。対して、「近畿」、「西日本」の3等配当金は、30万円、50万円となっています。
配当本数も各ブロックで微妙に異なりますので、発売概要一覧でご自身の地域の該当本数をご確認下さい。

 

「初夢宝くじ」の共通の特徴は、「東京都」が1等当せん金額が1億円、1等の前後賞が各5,000万円で、各ブロック宝くじとしては高額の1等・前後賞合わせて2億円の配当金が当たることが特徴です。
「関東・中部・東北自治宝くじ」、「近畿宝くじ」、「西日本宝くじ」は、1等が1億8千万円。前後賞が1,000万円。いずれも、合わせて2億円になります。
また、「東京都宝くじ」、「関東・中部・東北自治宝くじ」、「近畿宝くじ」、「西日本宝くじ」の4つのブロックでは新年にふさわしく、特別賞として最大100万円が当たる「一富士賞」、「二鷹賞」、「三茄子賞」も用意されています。
新春の運だめしに、初夢笑いに、一攫千金の初夢が見られるよう縁起が良い宝くじとして、挑戦してみて下さい。
あなたの“初笑い”を、心より願っております。


年末ジャンボの発売期間 年末ジャンボミニ7000万の発売期間 新春運だめしくじの発売日 初夢宝くじの発売日