宝くじ当選番号速報案内は、2014年(平成26年)抽せんの第660回ドリームジャンボ宝くじ2014当選番号をリアルタイム中継

2014年3月14日(金曜日)抽せんの「第655回グリーンジャンボ」当せん番号

 

「グリーンジャンボ宝くじ(第655回全国)」の当せん番号発表!

1等

3億円

2等

1,000万円

3等

100万円

4等

5万円

5等

1万円

6等

3,000円

7等

300円

88組

187472番

 

 

 

74組 116210番

28組 178786番

48組 122404番

69組 158775番

 

各組共通

186371番

 

 

 

下4ケタ

3981番

2080番

 

 

下3ケタ

242番

 

 

 

下2ケタ

57番

 

 

 

下1ケタ

9番

 

 

 

スポンサード リンク

抽せん日 2014年3月14日(金曜日) 正午12時頃〜
お支払い期間 2014年3月19日(水曜日)〜2015年3月18日(水曜日)までの1年間有効
抽せん 福島県(公会堂)
抽せん時間 当日の正午12時00分頃(7等〜)から順次抽せん

1等の前後賞と1等の組違い賞の“ポイント”

1等の組違い賞は、各組共通(かくくみ きょうつう)
1等の組違い賞(10万円)

各組共通

187472番

1等の前後賞は、1等の番号下1ケタ(しも ひとけた)前後
1等の前賞(1億円)

88組

187471番

1等の後賞(1億円)

88組

187473番

「前後賞」は、1等の「組」が完全に一致していることが前提条件。

下1ケタの場所はココ!

その上で、6ケタある「番号」の下1ケタが数字の前後になっていることが、当せんの条件です。
「下1ケタ」(しも ひとけた)とは、6ケタの「番号」の一番右側の数字をさします。
左記の数字「4」で例えると、「4」の前の数字は「3」です。「4」の後の数字は「5」です。つまり、「109443番」が「前賞」。「109445番」が「後賞」となります。
ただし、「109440番」の「前後賞」なら、「109439番」が「前賞」、「109441番」が「後賞」となります。
他、「199999番」の「前賞」は「199998番」ですが、「後賞」は「100000番」(200000番という「番号」は存在しないため)となります。他、「100000番」の「後賞」は「100001番」ですが、「前賞」は「199999番」(099999番という「番号」は存在しないため)と対極になります。
グリーンジャンボ(第655回全国)の「前後賞」は各1億円、合わせて2億円です。1等前後賞合わせて5億円という高額賞金となります。
ご当せん、おめでとうございます。

 

「グリーンジャンボ(第655回全国自治宝くじ)」の当せん番号へ戻る

「大阪駅前第4ビル特設売場」に、辻本茂雄が参上!

速報!あの「大阪駅前第4ビル特設売場」、今回も高額当せんの快挙です!

年末ジャンボは、1等前後賞合わせて7億円×4本=28億円!の高額賞金を輩出しました。
年末ジャンボミニ7000万は、1等7,000万円×6本=4億2千万円!の高額賞金を輩出しました。

日本一の高額当せん売り場で買われた幸運なアナタ!おめでとうございます!(寄付を受け付けておりまーす 笑)

宝くじのちょっと豆知識:
「年末ジャンボミニ7000万(第652回全国自治宝くじ)」では、当初の8ユニットから、売れ行き好調のため合計19ユニット発行(11ユニット分増刷)されました。
1等7,000万円をゲットした宝くじファンが、全国に18〜19人(19ユニット分すべてを売り切っていないため数字は曖昧)いることになります。
つまり、「大阪駅前第4ビル特設売場」は、そのうちの6本(約30%以上)も“7000万長者”を輩出したことになります。この凄まじいシェア率は、「特設売り場」だからこそ可能な超絶実績であることが分かります。

スポンサード リンク

 

2013年11月末日・・・大阪よしもと芸人、特設に現る!

「オータムジャンボ(第649回全国自治宝くじ)」で、1等前後賞合わせて3億9千万円を出した“日本一の高額当せん売り場”の「大阪駅前第4ビル特設売場」。
つい先日も、関西テレビの人気番組「よ〜いドン!」に特集された超絶売り場です。
2013年を締めくくるに相応しい7億円宝くじ、「年末ジャンボ(第651回全国自治宝くじ)」の発売を記念して、特設売り場に人気お笑い芸人が勢揃いするという情報を聞きつけ、取材に駆けつけました。

左から、松浦真也さん、宝くじ幸運の女神・田首化那(たくび かな)さん、辻本茂雄さん、すっちーこと・須知裕雅さんの豪華メンバーです。
松浦真也さんと須知裕雅さんは、「歌ネタ王決定戦2013」(優勝賞金500万円)に出場し、すち子&真也として初代王者に選ばれたのは記憶に新しいです。特設売り場では、初日限定で寶箱が無料配布されます。
田首化那さんは、12月31日大みそかのNHK中継で壇上でのアシスタント(司会は元NHKアナウンサー・後藤繁雄さん)として活躍されました。愛らしい表情の女性で、とてもキレイでした。

次回の2014年2月14日(金曜日)に全国一斉発売の「グリーンジャンボ宝くじ」でも、黄金の寶箱(たからばこ)初日限定(個数限定)でゲットできます。 ※営業時間は朝8時から(〜夜8時まで)です。お早めに足を運ばれたほうが確実に入手できます。

以前は黄色の寶箱でしたが、前回のオータムジャンボより金色の豪華な装いになっています(「七億円」の書体がカッコいい!)。辻本さんも、この寶箱を手にしてゴキゲンのご様子!

ご存知、吉本新喜劇でおなじみ「茂造じいさん」の辻本茂雄さんです。新喜劇では座長を務め、笑福亭仁鶴のNHK・「バラエティー生活笑百科」ではレギュラー出演をしている人気よしもと芸人さんです。「ダウンタウン」(浜田雅功さん・松本人志さん)の出世作「4時ですよーだ」ではアシスタントとして出演していた逸話は有名です。今回は、「7億円宝くじ」という史上最高額のジャンボということで、「大阪駅前第4ビル特設売場」に応援に駆けつけていただいた模様です。観衆の視線は辻本さんに一極集中!やはり、辻本さんは人気があります。

「大阪駅前第4ビル特設売場」のちょっと豆知識:
特設売り場では、毎回ジャンボ宝くじ発売初日(今回は2013年11月22日)に、時の「幸運の女神」(今回は田首化那さん)とともに、有名タレントが応援団長として登場します。
ジャンボに興味があるアナタも、そうじゃないアナタも、ジャンボ宝くじ発売初日は、「大阪駅前第4ビル特設売場」に集合!(・・・かなり、ヤバイです;)

スポンサード リンク

 

ちなみに7億円とは、このボリュームです(なんとか人が少ない一瞬に撮影成功。しかし、このあと・・・)。

この超高額賞金を支えているのは、2012年3月に改定された「当せん金付証票法」です。この法案は、2012年1月21日(土)に方針を決定し、2ヶ月後に改定に踏み切った経緯です。それまでは、宝くじ1枚あたりの販売金額の100万倍の1等賞金しか法律で認められていませんでした。この改定案により、250万倍の1等賞金額が認められることになりました。最初にこの改定された法律を活用したのが、「東日本大震災復興支援グリーンジャンボ(第617回全国自治宝くじ)」で、1等前後賞合わせて5億円というビッグ賞金でした。このジャンボより、全国に“ゴオクエンジャー”が多数誕生し、宝くじの新時代の幕開けに至ったのです。

「特設」は、テレビ番組・有名雑誌でひっぱりだこのカリスマ販売員・高橋さんが在籍!

この特設売り場は、何といってもテレビ・雑誌にひっぱりだこのスーパー女性販売員・高橋さんさんが有名です。
カリスマ販売員の高橋祐惠(たかはし ひろえ)さんは幸運の女神販売員で、彼女から抽せん券を手渡されて幸運をつかんだ方が多くおられます。
そして、あの元格闘家の角田信朗さんも、特設の常連さんです。実はそれ以外にも、あの●●●●●●●さんも常連だったり・・・(本人の承諾を得ておりませんので非公開です)。
2013年もいよいよ師走。昨年の年末ジャンボでは、1等前後賞合わせて6億円を5本も輩出している「大阪駅前第4ビル特設売り場」で、来る2014年を明るい年にしましょう!
※特設売り場が出店しているのは、2013年12月20日(金)まで。それ以降はただの通路になるので、ご注意ください。

2013年11月27日(水)に、俳優の赤井英和が現る!(・・・ちょっと遠目に撮影)

2013年11月27日(水)・・・仏滅だというのに、特設売り場には多くのお客様がご来店しているようです。当「宝くじ当せん番号速報案内」の取材班が、午後2時30分頃に特設に足を運ぶと・・・俳優で元ボクサーの赤井英和さんに遭遇!ここで“浪速のロッキー”に出会えるとは思ってもいませんでした。テレビ番組の収録なのか検討がつきませんが、カメラクルーが周囲で撮影をしていました。後日、テレビ番組で赤井英和さんが「特設」で何のロケをしていたか!?ご覧になったアナタ、お問い合わせよりおしえてください!
赤井英和さんといえば、娘の赤井沙希さん(26歳)への発言が、結構面白いですね(検索してみてください・・・ここでは書けません;)。
しかしまぁ、特設売り場に足を運ぶ度に、芸能人に遭遇しているなぁ・・・。

有名芸能人に高確率で出会えるテクニックは、なるべくジャンボ宝くじの“発売初期頃”(年末ジャンボなら11月22日頃)に足を運ばれることです。結構ヤバイ芸能人が来ています(汗)。
また、週刊誌の撮影風景なども見られることがありますので、なかなか日常ではお目にかかれない経験ができます。それほど、マスコミも注目の高額当せん売り場なのです。
※ちなみに、2014年1月発売の「女性自身」にも、特設売り場の特集記事が掲載されました(日本一の売り場として紹介)。

 

「年末ジャンボ(第651回全国自治宝くじ)」の当せん番号へ戻る

宝くじの疑問!Q&A 〜あなたの疑問にお答えします〜

「第651回年末ジャンボと第652回ミニ7000万のユニット増刷数をおしえて!」

人気ジャンボ宝くじは、ユニットが増刷されることがよくあります。実は「第651回年末ジャンボ宝くじ」の人気はイマイチだったのですが、「第652回年末ジャンボミニ」の人気は絶大だったようです・・・

・・・続きを見る。

「“ユニット27”と印刷されたサマージャンボの抽選券があるのですが・・・」

予定では、「第645回サマージャンボ宝くじ」は26ユニット発行されるはずでした。ところが、「ユニット27」と印字された抽せん券があるというのです。これは一体、どういうことでしょうか・・・?

・・・続きを見る。

「あれっ!?第641回ドリームジャンボ宝くじは、1等161本と発表されたのに7本だけなの・・・?」

多数のお問い合わせをいただきました。
ドリームジャンボ宝くじは予告通り、ちゃんと161本の1等1億円が配当されています!(キリッ)

・・・続きを見る。

その他の疑問は、こちらです。

東京で“名店”と名高い、宝くじ売り場をピックアップ!

毎年恒例!「西銀座チャンスセンター」の行列風景

 

ご存知!西の「大阪駅前第4ビル特設売場」に対して、東の「西銀座チャンスセンター」です。
幸運の「1番窓口」には、遠方からファンが押し寄せ、もはや伝説化している西銀座チャンスセンターは、定番中の定番のマンモス売り場です。「第651回年末ジャンボ宝くじ」発売最終日(2013年12月20日)には、200メートル以上の長蛇の列!・・・ただ、直近の実績は、かつての栄光に陰りが見えている気もします。

「JR有楽町駅中央口宝くじ売り場」はメジャーな穴場

 

「寒空の下で、行列に並ぶなんて考えられない!」。
カンタンにすぐ買えて、当選実績もあって、射幸心を煽ってくれて、キレイなキャンペンガールがいる売り場がいい!・・・そんなワガママなあなたの欲望を叶えるチャンスセンター、JR有楽町駅中央口宝くじ売り場はいかがでしょうか?


幸運の女神くじで1等!「新橋駅烏森口宝くじラッキーセンター」

 

「西銀座チャンスセンター」ほどは、並ぶ必要はない。だけど、ちょっとだけ並んで高額当選の実績がある売り場がいい!そんな“プチ行列好き”のあなたは、サラリーマンの聖地・新橋駅近く新橋駅烏森口宝くじラッキーセンターがオススメ!


あの!?幸ちゃんがゆく!全国津々浦々、宝くじ売り場を渡り歩くレポート!

わたくし幸ちゃんが、今日も風に吹かれて全国各地を渡り歩く売り場レポート。

ご意見・ご要望は、「お問い合わせ」までご連絡くださいね。

 

気になる高額当選売り場の最新情報を網羅!「高額当選!宝くじ売り場情報」

2014年冬号。特集は、ドリームジャンボで1億1千万円当選売り場の情報です。

「第636回グリーンジャンボ」で1等前後賞5億5千万円の売り場

2013年初の「グリーンジャンボ宝くじ(第636回全国自治宝くじ)が終了し、全国の各宝くじ売り場では、自店舗の実績を称えようと頑張っている。
ところが、さすがに1等が僅か17本の配当金だった為か、意外と有名チャンスセンターに大きな高額当選の実績が揃っていない現実を知った。日本一の高額当選率を誇るマンモスチャンスセンター西銀座チャンスセンターが、超ビッグ当選を果たすのは当たり前。この規模の超有名店では各ジャンボ宝くじ毎に、約1,000万枚以上を捌いているのだから(小規模売り場は10〜20万枚)。それでも、1等1,000万分の1の確率は、障壁が高かったようだ。

 

当サイトの編集部の一人が、「以前に取材した太郎丸チャンスセンターなら間違いなく5億に当選しているでしょ!あの売り場は地方には珍しく超絶でしたから」と豪語する。だが、調査の結果、今回のグリーンジャンボ2013では高額当選は無かったと判明。「まぁ、5億5千万円が出ていても、ほとんどが首都圏でしょうな」と、半ば投げやりに誰かが言う。
ある時、北陸地方の取材班の一人が、こんな情報を提供してくれた。
「地元で1店舗だけ、1等が出た売り場がありますよ」。「なんだ、ちゃんと出ているのか」・・・そう思いながら、FAXで交通アクセスを案内してもらった。
場所は、富山県の大沢野町という場所にある。全く聞いたことがない地名だが、「岐阜県へ向かう国道41号線沿いを車で走ると、目的の店舗が左手に見えてくる」と軽く書いてあったので、期待と不安を胸に富山へ遠征。どんな繁華街にあるのか?と心躍らせてアクセルを踏んだが・・・走れども走れども、グリーンジャンボ宝くじで輝かしい1等前後賞を出した売り場が見えてこない。次第に景観が山道へと変わりつつあり、「このまま山の奥深く走らされるのかな・・・まぁ、富“山”県と呼ばれるだけあって、山奥深い渓流沿いにあってもおかしくないか」と、ブツブツつぶやいていると・・・緑色の看板が見えてきた。名前は、「グリーンバレー」と書かれており、どうやらショッピングセンターのようだと分かった。「グリーンバレーでグリーンジャンボ?ぐふふ・・・」そんな駄洒落を思いつきながら、ハンドルを左に切った。とにかく、地方の店の駐車場は広い。
取材へ行ったのは平日だったが、この広大な駐車場で埋まっている車は4分の1程度。「この店の中にチャンスセンターがあるのかな?しかし、繁華街だと思ったが、こんな町外れにあるとは・・・」と驚きを隠せないでいた瞬間、ふと、かなり向こう側に小さな小さな見慣れた配色の店舗を発見!「えっ!?もしかして、こんな片隅の小さな売り場で1等前後賞合わせて5億5千万円が出たの!?」と声を漏らしながら、「グリーンバレーチャンスセンター」に近づいていった・・・。

「グリーンバレーチャンスセンター」の続きは、こちらです。

ドリームジャンボで1等1億円×2本!横浜の売り場は熱い!

港町・横浜で、高額当選連発の「ザ・ダイヤモンド・チャンスセンター」。
「日本一の高額当選マンモス売り場、西銀座チャンスセンターの超絶実績は有名すぎる。もっと関東の人気スポットにも目を向けるべき」というお問い合わせを頂き、我々取材班は横浜へ飛ぶこととなった。

ご存知横浜は、安政6年(1859年)以来、開港150周年を迎える港町。横浜駅に降り立つと、「西口」と「東口」(「東口」には「大阪駅前第4ビル特設売り場」のような特設店舗売場がある)に運命の分岐点があり、今回の取材では「西口」のチャンスセンターにスポットライトを浴びせた。横浜駅周辺の売店数は、駅改札内やホーム、デパートなど全部で16店舗と非常に賑わいを見せる。「西口」には、ジャンボ宝くじ発売期間中は行列が絶えない、「ザ・ダイヤモンド・チャンスセンター」と呼ばれるマスコミ登場回数が半端ない売り場が存在するという。今回我々が力を入れたいのは、「年末ジャンボ」と「ドリームジャンボ」の高額当選実績売り場。「ザ・ダイヤモンド・チャンスセンター」は、その望みを叶えてくれるのに適した、神奈川県随一の店舗だと、知人の宝くじファンが教えてくれた。
直近のスーパー当選実績といえば・・・
平成25年 第641回ドリームジャンボ 1等 1億円×2本!
「大阪駅前第4ビル特設売場」(大阪府大阪市北区梅田)に、負けず劣らずの高額当選実績を、横浜で輩出していた。しかも、平成24年大晦日の「年末ジャンボ(第633回全国自治宝くじ)」と共に、超ビッグな実績を兼ね備えたチャンスセンターということで、間違いなく期待できる。
取材日はちょうど炎天下の暑い日で、「サマージャンボ(第645回全国自治宝くじ)」と「2000万サマー(第646回全国自治宝くじ)」の発売期間中だった。横浜に遠征したからには、もうひとつの楽しみも含めて、取材班は足を運んだ・・・。

「ザ・ダイヤモンド・チャンスセンター」の続きは、こちらです。

年末ジャンボで6億円当選!“太郎丸チャンスセンター”

“過去5年間で4名・合計6億円”を輩出している、「太郎丸チャンスセンター」。
北陸は越中・富山県の中心街からやや外れた場所にあるこの売り場は、2012年(平成24年)の「第633回年末ジャンボ宝くじ」で、1等前後賞合わせて6億円を輩出した。このビッグな的中により、太郎丸チャンスセンターの名は、一気に全国区へと駆け上がった。

宝くじファンなら誰もが周知の首都圏の売り場は、マスコミや週刊誌でお馴染みなので、敢えて紹介するまでもないかもしれない。太郎丸チャンスセンターは、2011年(平成23年)のサマージャンボ宝くじで1等前後賞合わせて3億円にも見事当選している(2012年は2等500万円)。東北では、「一休さん大黒堂」(福島県)、近畿の「大阪駅前第4ビル特設売り場」(大阪府)などがビッグネーム店。ただ、「一休さん大黒堂」は近年、やや高額当選率が落ちている。このお店は仏壇仏具店だが、宝くじも販売している。遠方からも訪れるファンは絶えない。このように、中部地方にも面白い売り場は点在している。他に中部のチャンスセンターでは、県外各地からこぞって宝くじ購入者が訪れ、50台分の駐車可能専用スペースを設けている「平川たばこ店」(岐阜県)が有名だろう。3,000メートル級の山々が連なる立山連峰(“立山”は総称)であまりにも有名な富山県。その中でも剣岳(つるぎだけ)は、映画化もされている。称名滝は落差350メールと日本一を誇り、豊かな自然と海の幸に恵まれたこの大地で、高額当選は生まれた。
取材日は2013年1月の、天候が怪しい平日だった(富山の取材はいつも曇り空)。にも関わらず、売り場周辺だけは騒然とした雰囲気で、“億万長者売り場”として名を馳せた「太郎丸チャンスセンター」に吸い込まれていくようだった・・・。
「年末ジャンボ宝くじ」と「サマージャンボ宝くじ」を買うなら、ココで決まり!

「太郎丸チャンスセンター」の続きは、こちらです。


ドリームジャンボの発売期間 グリーンジャンボの結果 年末ジャンボの結果 当せん番号の見方