宝くじ当選番号速報案内の宝くじ必勝法講座

MENU

宝くじ必勝講座

 

宝くじの当選確率

宝くじファンなら誰もが知っている、「銀座デパートチャンスセンター」の売り場は、なぜ毎年のように高額当選者を輩出しているのでしょうか。名もなき小さな宝くじ売り場には、勝ち目がないのでしょうか。近年、有名になった売り場とともに解説します。

宝くじの購入枚数

パチンコや競馬とは異なり、宝くじの還元率は約45%と他のどのギャンブルよりも低く設定されています。極めて期待値の低い投資なのは周知の事実でしょう。その中にあって、多くの宝くじファンは一体、ジャンボ宝くじを平均で何枚購入しているのでしょうか。周囲のアンケートとともに解説します。

人気ジャンボ宝くじランキング

基本的に、“ジャンボ宝くじ”と呼べるのは、年末ジャンボとサマージャンボだけです。年間5回開催されているジャンボ宝くじにも、人気順位があります。その人気ランキングと、宝くじ当選番号を参照するタイミングを調査しました。

宝くじ高額当選者の共通点

一夜にして億万長者となる、宝くじの1等当選者。彼ら彼女らの共通点とは一体何でしょう。オカルト要素の強い部分ですが、高額当選者は意外にも、あなたの隣にいるかもしれません・・・。加えて、毎年9月に開催の「宝くじの日記念」についても言及し、その当選番号を掲載しております。

宝くじ攻略の基本

宝くじの基本的な考え方から、高額当選を輩出している宝くじ売り場まで。

宝くじに必勝法は存在するか ~高額当選売り場の数字トリック~

数字選択式宝くじならいざ知らず、一般の宝くじに必勝法や攻略法は存在するのでしょうか。
「連番買い」や「バラ買い」はあれど、チャンスセンターにて販売員の任意で手渡されるクジ券を手にして、ただ抽選結果を首を長くして待つだけなのでしょうか。最近では、「縦バラ買い」などという買い方もあるようですが、どれも決定打にはなっていません。
大切なのは、宝くじの当選確率の数字マジックに惑わされない思考が、何よりも必勝法ではないかと考えます。
年末ジャンボで1等が出た売り場だから買う、有名店だから行列に並ぶという、売り場の宣伝文句に右往左往せず、自分の信念を持って買うことが幸運の女神を引き寄せる必勝法なのかもしれません。

スマップ・木村拓哉のCMで売り上げ大幅増!しかし・・・

全国自治宝くじ事務協議会及び、みずほ銀行は、ほくそ笑んでいるでしょう。先のグリーンジャンボ2012では、予定していた売上額660億円を大きく上回り、1,102億円に達していたことが川端達夫総務相の閣議後の記者会見で明らかになりました。これは、当初の予定金額の1.7倍を誇る好調な売上高です。この根幹を支えていたというのが、人気アイドルグループSMAPの木村拓哉(以下、キムタク)さん。
全国自治宝くじ事務協議会は、2013年度以降、1枚辺りの販売金額の250万倍という配当金を確立することを発表しました。これにより、1等7億5千万円、前後賞を合わせると10億円を超えるジャンボ宝くじの誕生になります。
これは2001年以降、売り上げが下降気味の宝くじを盛り立てようと起爆剤を注入した皮肉の策の設定金額。グリーンジャンボでは、東日本大震災復興支援と題して、1枚辺りの販売金額の100万倍となる1等3億円、前後賞合わせて5億円の賞金を引っ提げて話題になりました。しかし、東日本大震災の被災自治体の復興財源に充てらたのは経費を差し引いた、たった150億円の支援金のみに過ぎず(売り上げ金額のたった14%にも満たない・・・)、残りの収益金は天下り官僚の私腹を肥やすために使われたのでした。「東日本大震災復興支援のために」が、風に泣いています。
現在、インターネット上ではキムタクCMが話題となり、その相乗効果で「ドリームジャンボ」、「サマージャンボ」と大幅な売上増が期待できるでしょう。チャンスセンターの販売員によれば、「今まで購入層ではなかった若い女性が宝くじを購入している」という話が聞けました。それを後押ししているのはもちろん、キムタクの影響でしょう。
当選金付証票法を改正し、人気アイドルを起用してテレビコマーシャルで射幸心を煽り、利己的なビジネスモデルに怒りさえ覚えます。

巷に溢れかえる詐欺宝くじ予想ツール ~詐欺グループ会社~

こちらは主に、数字選択式宝くじに関してです。ここ4~5年、インターネット上で頻繁に目にする、数字選択式宝くじ(ロト6・ミニロト・ナンバーズ)を攻略するノウハウや、その予想数字を自動的に吐き出すソフトが販売されています。
一般のジャンボ宝くじ(年末ジャンボ、サマージャンボなど)では、販売員に手渡される抽選券をただ買うだけですが(もちろん、“番号指定買い”という手法もあります)、数字選択式宝くじのその自由度の高さを逆手に取ったツールが蔓延しています。このような攻略ツールで、億万長者になった方を見たことがありません。
なぜ、ツール販売者は、その“億万長者の切符”を他人に売るのでしょうか。数字選択式宝くじは、当選者が多ければ多いほど、各々の配当金が低くなる仕組みは誰でも知っています。
わざわざ世の大衆に1万円ぽっちの値段で販売せずに、自分ひとりで独占的に使用し、たったひとりで億万長者になればいいのです。独占しないということは、大衆を欺く行為以外に理由はなく、僅か1万円のツール販売者でも、1,000人に販売すれば、数字選択式ミニロトの1等当選金額に匹敵する賞金に等しいです。この予想ソフトの真実・実態につきましては、「ロト6当選番号速報」に詳しく掲載しております。