平成28年8月9日(火)抽せん サマージャンボ宝くじ(第696回全国)当せん番号

MENU

「サマージャンボ(第696回全国)」当せん番号

 

等級

当せん金額

番号

1等

5億円

16組

127694番

1等の前後賞

1億円

1等の前後の番号

1等の組違い賞

10万円

1等の組違い同番号

2等

1,000万円

66組

117567番

2等

1,000万円

28組

107703番

2等

1,000万円

29組

113872番

2等

1,000万円

80組

106325番

3等

3万円

番号:下4ケタ

0747番

3等

3万円

番号:下4ケタ

9913番

4等

3,000円

番号:下2ケタ

17番

5等

300円

番号:下1ケタ

2番

スポンサード リンク

同時抽せん サマージャンボミニ7000万(第697回全国自治宝くじ)
前後賞と組違い賞

1等の前賞:16組 127693番(1億円)
1等の後賞:16組 127695番(1億円)

 

1等の組違い賞:
(「16組」以外の)各組共通 127694番(10万円)

抽せん日 2016年8月9日(火曜日)
お支払い期間

2016年8月15日(月曜日)〜
2017年8月14日(月曜日)までの1年間有効

抽せん会場 NHK大阪ホール(大阪)
昨年の当せん番号 サマージャンボ(第681回全国自治宝くじ)
発売期間

2016年7月6日(水曜日)〜
2016年7月29日(金曜日) ※24日間

発行ユニット数 23ユニット(ユニット増刷あり)を予定 / 690億円
抽せん時間帯 5等(300円):11時56分頃 〜 1等(5億円):12時42分頃
営業時間 宝くじ売り場の営業時間
参考データ 西暦2001年以降の1等6ケタの番号
7億円サマージャンボ宝くじテレビCM

サマージャンボ宝くじのCM(平成28年)
(所ジョージ、綾野剛 出演)

発売スケジュール表 宝くじの発売スケジュール一覧はコチラ

スポンサード リンク

サマージャンボ宝くじ2015をリアルタイム更新!

「サマージャンボ(第681回)」で1億円以上を輩出した売り場レポート!

2015年のサマージャンボ宝くじは7億円!

 

主催者の「みずほ銀行」発表の数値では、今回の「サマージャンボ(第681回全国自治宝くじ)」は、約570億円しか売れていません。
事前発表は690億円(23ユニット)で、実際は570億円(19ユニット)しか売れていない計算になります。

 

つまり、1等5億円当せん者は全国で約19人(本)しか存在せず、そのほとんどは、首都圏の“超有名店”に集中してしまうのが世の常。

 

今回、チャンスセンターとしては全くの無名である、近鉄藤井寺駅近くにある「藤井寺チャンスセンター」がやってくれました!
2015年8月11日(火曜日)抽せんの「サマージャンボ(第681回全国自治宝くじ)」で、1等・前後賞合わせて7億円を見事に輩出!

 

通常、小規模の宝くじ売り場が有名ジャンボ宝くじで高額当せんを果たすと、それを知った宝くじファンの購買率が急激に増えて、次もまたビッグな高額当せんを果たす好循環が巻き起こる事例をよく見てきました。

 

今、ノリにノッている「藤井寺チャンスセンター」を、今すぐチェック!

香芝イオンチャンスセンター

「東京」と「大阪」で高額当せん者が集中している事実は、異論がないでしょう。最も人口が集まり、最も購買枚数も多いからです。
ところが、2015年(平成27年)は、高額当せんを輩出している地域の分布データが例年と少し異なります。

 

グリーンジャンボ、ドリームジャンボ、サマージャンボ・・・どのジャンボ宝くじを切り取っても“高額当せん地域”に名前が躍り出てくるのは、「奈良県」です。
三条イオンチャンスセンターや「桜井オークワイオンチャンスセンター」など、「ジャンボ宝くじ」で1等・前後賞:1億円以上の高額当せんを続出させている地域、それが「奈良県」なのです。
ご想像通り、奈良県は「ジャンボ宝くじ」で1億円以上の実績としては、これまで芳しくありませんでした。2015年(平成27年)は、大躍進の年です!
一方で、神奈川県やその他の大都市は、2015年(平成27年)は、あまり元気がありません。

 

今回ご紹介する「香芝(かしば)イオンチャンスセンター」も、「サマージャンボ(第681回全国自治宝くじ)」で1等の後賞:1億円を輩出しています。

 

元々「香芝イオンチャンスセンター」は、近畿宝くじドリームジャンボで100万円クラスの少額当せんを輩出していましたが、今回の7億円サマージャンボで一夜にして有名店になりました。

 

宝くじファンのアナタ、今!“奈良”がアツいですよ!(夏は終わりましたが・・・)

「西銀座チャンスセンター」は1等・前後賞合わせて7億円×2本的中!

もちろん、東京の「西銀座チャンスセンター」は、1等・前後賞合わせて7億円を2本も輩出しています。
2本は、全国広しと言えども「西銀座」だけでしょう。

 

昨年のサマージャンボから本年のサマージャンボまで、すべて1等・前後賞:億単位の賞金を“休むことなく”輩出しています。
つまり、グランドスラムを制覇しています。

 

ただ、最近では地方の宝くじ売り場も“底力”を見せており、何もわざわざ東京へ出向かずとも、超絶な売り場は存在します。
しかも、“サマージャンボ”や“ドリームジャンボ”に限っては、“番狂わせ”が生じる「ジャンボ宝くじ」なので、じっくりと地元の宝くじ売り場を吟味して、ぜひとも億単位の賞金を獲得していただきたいと願います。
スポンサード リンク

「サマージャンボ(第696回全国)」発売概要

等級

当せん金額

本数

1等

500,000,000円

23本

1等の前後賞

100,000,000円

46本

1等の組違い賞

100,000円

2,277本

2等

10,000,000円

92本

3等

30,000円

46,000本

4等

3,000円

2,300,000本

5等

300円

23,000,000本

宝くじ当せん番号速報案内はリアルタイム更新!