宝くじ売り場の営業時間と支払い期間

宝くじ売り場のQ&A

 

宝くじ売り場のQ&A

宝くじの換金期間は、一律1年間の有効期限が設定されています。この期間を過ぎると、いかなる理由があれど、当せん券は紙くず同然と化していまいます。
ご当せんをされましたら、早めに最寄りの宝くじ売り場(チャンスセンター)で換金してください。
このページでは、宝くじ売り場の営業時間について解説しています。

「支払い期限が近い“的中した抽せん券”を換金しなさいっていうけど、宝くじ売り場は何時まで営業しているの?」
「営業時間は通常、数字選択式宝くじ(18時45分より抽せん)の締切り時間に合わせて、18時半にシャッターを下ろすお店が多いです。しかし、店舗によって営業時間は異なります。」
「首都圏だと、何時くらいまで開いているの?支払い期限の最終日の23時頃に行こうかなぁ。」
「首都圏では20時前になっても販売しているところもありますし、18時にはシャッターを下ろすお店もあります。有名な西銀座チャンスセンター19時まで営業しています。日本一の高額当せん売り場大阪駅前第4ビル特設売場では20時まで営業。静岡県浜松市の『宝くじのマスミ』は終日0時まで営業しています。最も手堅いのは、17時半には換金を済ませていることが理想です。この時間にお店が閉まっていることは、販売員の休憩時間以外にはほぼありません。“支払い締切り期間”とはいいましても、締切り当日の23時59分59秒までは営業していません。できることなら、支払い期限よりずっと前、遅くても当日の17時半には換金を済ませましょう。
18時半では遅すぎる場合が多いです。
「そうなんだぁ。愛子は年末ジャンボで10万円に当せんしたから、売り場に行ってみるね。」
「いえ、この情報は1万円以下の当せん金額の場合です。1万円以上の換金は直接、銀行の窓口でのお引渡しとなります。」
「えーっ!そうなんだ。でも、5万円を換金している人もいるよ。」

「ただし、“5万円以下の当せん金は、当売り場でお受け取りできます”と青い文字で書かれた看板がある売り場では、5万円以上の換金が可能です。」
「数字選択式宝くじも同じなの?」
「数字選択式宝くじ(ロト6・ミニロト・ナンバーズ3・4)は、一律5万円以下の当選金なら、宝くじ売り場にて即時換金が可能です。」
「愛子は、数字選択式はあんまり買わないよ。」
「そうですか。」
「じゃあ、年末ジャンボで50万円に当せんしたお父さんも、窓口に行かなきゃだめなんだね。」
「そうなのですが、1口辺り50万円を超える当せん金の受け取りには印鑑と身分証明書が必要ですので、必ず持参されるようお願いします。」

「愛子の家の近くに、銀行がないよ。郵送とか何かで送ることってできないのかな?」
「残念ですが、不可能です。相当の金額以上の当選金は、必ず銀行の窓口へ足を運ばないといけません。第614回の年末ジャンボでは、1等の偽造券を換金しようとした事件があったほどです。高額な当せん金額は、対面による事務処理がどうしても必要になってくるのです。不正防止ですね。」
「そんな悪いことした人なんているの?」
「2012年1月13日(金曜日)に、みずほ銀行横浜支店で、横浜市保土ケ谷区の無職の70歳の男性が偽造券を作って、詐欺未遂罪で現行犯逮捕されました。」
「愛子は、そんな悪いことしないもん。それでもダメ?」
「はい、申し訳ございません。」
「なんか面倒だね。銀行って何時まで開いているの?」
「銀行の営業時間は平日(月曜日〜金曜日)の15時までですので、それよりも早く行員にお手続きをしてもらう必要があります。したがいまして、5万円以上の換金は、平日の14時半までには換金を済ませましょう。」
「お父さんは、年末ジャンボを銀行のATMで買ったみたいだよ。恥ずかしがり屋なのかな?」

「銀行ATMでの宝くじの購入は、購入したキャッシュカードの口座に自動的に振り込まれます。したがいまして、わざわざ銀行の窓口に足を運ぶ必要はありません。300万円を超える当せん金額の場合は、みずほ銀行より通知されます。」
「ATMでの購入のほうが楽なんだ。」
「ATMでの当選金のお支払いの場合は、窓口での受け取り日より若干、遅くあなたの高額当せんを、心より祈っております。」

 

スポンサード リンク

人気ページ一覧

富山県の高額当せん売り場!太郎丸チャンスセンター

高額当せん宝くじ売り場は、「西銀座チャンスセンター」だけではない!
地方にだって負けず劣らずの超絶売り場は存在する。
今回は、北陸は越中富山の人気売り場「太郎丸チャンスセンター」をご紹介。
地元新聞でも話題になった「年末ジャンボ」でビッグ当せんを果たした“小さな売り場”を詳細レポート!

西銀座チャンスセンターは、日本一の行列売り場

知名度では全国ナンバーワンの「西銀座チャンスセンター」。
ジャンボ宝くじ発売期間中の長蛇の列は、もはや銀座の街に溶け込んでいる・・・。
近頃の高額当せん実績はやや下火になっているものの、それでも北は北海道から南は沖縄まで宝くじファンが押し寄せる。
日本有数のマンモス売り場、「西銀座チャンスセンター」をレポート。

上野・御徒町といえば!御徒町駅前センター

東京の観光地のメッカ「アメ横丁」で名を馳せる売り場といえば、「御徒町駅前センター」。
その真っ赤な外装は、宝くじファンでなくとも足を止めてしまうインパクトを持っている派手な売り場。しかも高額当せん実績も派手となれば、ココで買わない理由が見当たらないというもの。
マスコミ登場回数多数!御徒町のトップに君臨する「御徒町駅前センター」をレポート。

「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」のユニット増刷情報!

1等前後賞合わせて5億5千万円の「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」の抽せんが終了。
“1億円宝くじ”が幕を閉じて、今期より従来型の3億円宝くじとなった歴史の長いドリームジャンボ宝くじ。
23ユニット(690億円)を目標に掲げた初夏のジャンボくじは、一体どれくらい売れたのでしょうか?

宝くじの発売でよく見かける「ユニット」。
いつもはスルーしてしまう“ユニット制の概念”を、ここで整理しておこう!
そもそも、“ユニット”とは何なのか?何のためにユニット制を設けているのか?ユニットの増刷って?
宝くじの「ユニット」に関する疑問を、会話形式で解説。

赤坂ACTシアターの抽せん会場に潜入

「年末ジャンボ宝くじ」の抽せん会場といえば、「赤坂ACT(アクト)シアター」。
大晦日の12月31日に、抽せん会場に潜入!当せん番号のリアルタイムに挑む!
・・・しかし、思わぬトラブルが巻き起こり、ファンの方々にご迷惑をおかけした悲惨な会場レポート・・・。
もう、リアルタイム更新は無理なのか。


年末ジャンボの発売期間 年末ジャンボミニ7000万の発売期間 初夢宝くじの発売日 レインボーくじの結果