2022年6月13日(月)抽選 第923回ドリームジャンボミニ宝くじ結果当選番号

MENU

2022年6月13日(月)抽選 ドリームジャンボミニ(第923回)

スポンサード リンク

 

ドリームジャンボミニ宝くじ(第923回全国自治宝くじ) 当選番号発表

 

等級

当せん金額

番号

1等

3,000万円

25組

188549番

1等

3,000万円

44組

145725番

1等

3,000万円

43組

128481番

1等

3,000万円

71組

163508番

1等の前後賞

1,000万円

1等の前後の番号

2等

100万円

各組共通

177517番

3等

1万円

下3ケタ

181番

3等

1万円

下3ケタ

388番

3等

1万円

下3ケタ

560番

3等

1万円

下3ケタ

228番

3等

1万円

下3ケタ

354番

3等

1万円

下3ケタ

106番

4等

3,000円

下2ケタ

30番

5等

300円

下1ケタ

3番

スポンサード リンク

前後賞 一覧

(1本目)1等の前賞:25組 188548番(1,000万円)

(1本目)1等の後賞:25組 188550番(1,000万円)

 

(2本目)1等の前賞:44組 145724番(1,000万円)

(2本目)1等の後賞:44組 145726番(1,000万円)

 

(3本目)1等の前賞:43組 128480番(1,000万円)

(3本目)1等の後賞:43組 128482番(1,000万円)

 

(4本目)1等の前賞:71組 163507番(1,000万円)

(4本目)1等の後賞:71組 163509番(1,000万円)

同時抽せん

ドリームジャンボ宝くじ(第922回全国自治宝くじ)

抽せん日

2022年6月13日(月曜日)

お支払い期間

2022年6月17日(金曜日)~

2023年6月16日(金曜日)の1年間有効

抽せん会場

宝塚大劇場(兵庫県)

出演:花組トップスター等
宝塚劇場 花組公演を開催

ドリームジャンボ宝くじミニ2022年(第923回全国自治宝くじ))

不正投稿

宝くじ販売員への不満

ドリームジャンボミニ宝くじ2022年(第923回全国自治宝くじ)

過去の結果

ドリームジャンボ宝くじ(第884回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボミニ(第885回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボ宝くじ(第840回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボミニ(第841回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボ宝くじ(第787回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボミニ(第788回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボ宝くじ(第743回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボミニ(第744回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボ宝くじ(第718回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボミニ1億円(第719回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボ宝くじ(第694回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボミニ7000万(第695回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボ宝くじ(第678回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボミニ7000万(第679回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボ宝くじ(第660回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボミニ5000万(第661回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボ宝くじ(第641回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボ宝くじ(第620回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボ宝くじ(第605回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボ宝くじ(第583回全国自治宝くじ)

ミリオンドリーム宝くじ(第584回全国自治宝くじ)

ドリームジャンボ宝くじ(第560回全国自治宝くじ)

ミリオンドリーム宝くじ(第561回全国自治宝くじ)

発行ユニット数

5ユニット(ユニットの増刷あり)を予定

発売額

150億円

発売元

全国都道府県及び20指定都市

テレビCM

ドリームジャンボミニCM

妻夫木聡、吉岡里帆、成田凌、矢本悠馬、今田美桜

営業時間

宝くじ売り場の営業時間

回号

第923回全国自治宝くじ

スポンサード リンク

 

ドリームジャンボミニ宝くじ2022年(第923回全国自治宝くじ)当選番号

発売日スケジュール
お問い合わせ

お問い合わせ

ドリームジャンボ宝くじミニ2022年(第923回全国自治宝くじ)をリアルタイム更新!

ドリームジャンボミニ 直近販売実績額

ドリームジャンボミニ宝くじ 直近販売実績額
【ドリームジャンボミニ 直近販売実績額】

2018年

2019年

2020年

2021年

2022年

133億円 114億円 48億円 80億円 99億円

2020年度~2022年度は新型コロナウイルスの影響を受けています。

2020年度~2021年度は新型コロナウイルスの影響で、ドリームジャンボミニの売上史上最低額となった。2年連続での無観客抽せんで抽せん会は観客を入れず、恒例の宝塚公演も中止が続いた。
ドリームジャンボミニ宝くじ2023

特に新型コロナウイルスが蔓延した2020年度は販売実績額48億円と過去類を見ない売上減となり、ドリームジャンボミニ発売前半はすべての店舗が営業を停止する事態に。
2020年度の販売実績額はドリームジャンボ+ドリームジャンボミニ合わせて204億円で、内宝くじ公式サイトでの販売実績額は59億円(売上全体の29%をシェア)となった。
2021年度の販売実績額は80億円。前年比より166.7%アップ。
併売宝くじのドリームジャンボミニの歴史はミリオンドリーム(第541回全国自治宝くじ)から始まり、2014年度から1等賞金5,000万円と高額化した。それに伴い販売実績額も200億円に迫る勢いを叩き出していた。
しかし、全国自治宝くじ事務協議会及び受託販売元のみずほ銀行が2017年度より“ジャンボ宝くじのコンセプトを明確化”して力を入れた(LINE LIVE中継や各種ジャンボ宝くじのイベントを開催)年から売上減に歯止めがかからなくなり、昨今の新型コロナウイルスの蔓延で一気に衰退化した形だ。
ドリームジャンボミニは初期の賞金額が少額の為、一概に過去10年と比較することはできない。
2022年度の販売実績額は、99億円(前年度比率122.2%)。
前年度比率では100%超えと好調だが、2020年度以降は新型コロナウイルスの影響で、併売宝くじ(●●ジャンボミニ)五大ジャンボ宝くじすべてにおいて売上減少傾向にある。
ボーナスカットや価格高騰で将来への不安から、庶民の“小さな小金持ち”より“高額賞金”に意識が向いている証拠か。

宝くじ当選番号速報案内はリアルタイム更新!