宝くじ当選番号速報案内

宝くじの前後賞とは

宝くじ前後賞の意味

前後賞とは

前後賞とは

前後賞とは、宝くじ抽せん券の番号前後のことです。
番号とは、抽せん券の6ケタの数字の部分です。
前後賞とは
この数字の前後前後賞です。
この抽せん券の場合、167322番のの数字との数字です。

167321番
167322番
167323番

167322番を1等の番号とするならば、167321番が1等の
167322番を1等の番号とするならば、167323番が1等の

前後賞は、も1等の番号と同じでなければなりません。
84組 167322番を1等の番号とするならば、84組 167321番が1等の前賞(ぜんしょう)。
84組 167322番を1等の番号とするならば、84組 167323番が1等の後賞(ごしょう)。

これが、よく耳にする1等・前後賞です。
前後賞とは?
ジャンボ宝くじの1等当せんの確率は1,000万分の1が多いですが、前後賞の当せん確率は500万分の1です。

2017年大みそか抽せん年末ジャンボ宝くじ(第731回全国自治宝くじ)前後賞なら、
前後賞とは?
165組に一致していることが前提条件。
その上で186859番なので、

186855番
186856番
186857番
186858番
186859番
186860番
186861番
186862番
186863番

186858番←前賞の番号
186860番←後賞の番号

となり、前賞が1億5千万円、後賞が1億5千万円、合計3億円です。
1等の賞金額は7億円なので、1等・前後賞合わせて10億円となります。

1等・前後賞合わせての3本同時的中が望ましいですが、時として1等の前賞だけ、1等の後賞だけの的中もあります。
前後賞とは?

もし、1等の番号が123450番だったら下になります。
123449番前賞
123450番
123451番後賞

もし、1等の番号が100000番だったら下になります。
199999番前賞
100000番
100001番後賞

もし、1等の番号が199999番だったら下になります。
199998番前賞
199999番
100000番後賞

これは、宝くじの抽せん券が

100000番
100001番
100002番
100003番


109999番
110000番
110001番
110002番
110003番


119999番
120000番
120001番
120002番
120003番


190000番
190001番
190002番


199997番
199998番
199999番

と、100000番〜199999番の10万枚を一組としているからです。
200000番などの番号は存在しないので、199999番のの番号は100000番になります。
100000番のの番号は099999番ではなく199999番になります。

100000番
100001番


199998番
199999番
100000番
100001番


199999番
100000番
100001番



必ず、100000番〜199999番の範囲内の番号になります。
前後賞とは?
組も01組〜100組まである(ジャンボ宝くじの場合)ので、全部で1,000万枚。
※年末ジャンボ宝くじは01組〜200組まで
これをユニットと呼んでいます。