平成28年12月31日(土)抽せん 年末ジャンボミニ1億円(第705回全国)当せん番号

MENU

「年末ジャンボミニ1億円(第705回全国)」当せん番号

 

等級

当せん金額

番号

1等

1億円

36組

112859番

1等

1億円

20組

155698番

1等

1億円

71組

159636番

1等

1億円

58組

166452番

1等

1億円

43組

180939番

1等

1億円

48組

113625番

1等

1億円

23組

117174番

2等

100万円

各組共通

153875番

2等

100万円

各組共通

134390番

3等

3,000円

番号:下2ケタ

10番

4等

300円

番号:下1ケタ

7番

スポンサード リンク

同時抽せん

年末ジャンボ宝くじ(第704回全国自治宝くじ)
年末ジャンボプチ1000万(第706回全国自治宝くじ)

抽せん日 2016年12月31日(土曜日) 大みそか
抽せん会場

赤坂ACTシアター(東京)
抽せん会場の東京赤坂ACTシアター

お支払い期間

2017年1月5日(木曜日)〜
2018年1月4日(木曜日)までの1年間有効

昨年の抽せん結果 年末ジャンボミニ7000万(第689回全国自治宝くじ)
抽せん開始時間帯 当日の午前11時50分頃(4等〜)から順次抽せん
発売期間

2016年11月24日(木曜日)〜
2016年12月23日(金曜日) ※30日間

発売金額 1枚300円
発行ユニット数 15ユニットユニット増刷あり)を予定
発売額 450億円を予定(1ユニット=1,000万枚/30億円×15ユニット)
当せん条件一覧 年末ジャンボミニ1億円(第705回全国)の当せん条件一覧
営業時間 宝くじ売り場の営業時間
販売実績 2014年 年末ジャンボミニ7000万の販売実績 最新情報
年末ジャンボミニ1億円テレビCM

所ジョージ&綾野剛の年末ジャンボ宝くじCM
(所ジョージ、綾野剛 出演)

年末ジャンボミニ1億円(第705回全国自治宝くじ)当せん番号
スポンサード リンク

年末ジャンボミニ1億円をリアルタイム更新!

「大阪駅前第4ビル特設売場」の当たる!?買い方

2017年の年末ジャンボミニは1億円!

同じ「組」で「番号」が“続く”買い方! 「連番」

「宝くじ」を購入する上で最もスタンダードな買い方、それが「連番」です。
「大阪駅前第4ビル特設売場」では、これを“10枚セット”で購入することができます。
※もちろん、“1枚のみ”(300円)の購入も可能です。

場所:JR大阪駅から南へ徒歩4分 大阪駅前第4ビル東側(御堂筋側)


「連番」のポイントは、10枚セットなら同じ「組」、「番号」が続くことです。
上の抽せん券なら、「01組」が10枚そろい、123450番〜123459番までの10枚です。
「連番」を10枚購入希望なら「大阪駅前第4ビル特設売場」の窓口で、「連番1セットください。」と言ってください。
「連番1セット」の購入金額は、3,000円です。

 

そして、「連番2セット」以上を購入することもできます。

問題は、「連番2セット」以上を購入すると、違う「組」、違う「番号」が渡されることです。
上の抽せん券なら、2セット目から「10組」が10枚、154320番〜154329番までの10枚です。
1セットずつ違う「組」と違う「番号」「連番」を20枚購入希望なら「大阪駅前第4ビル特設売場」の窓口で、「連番2セットください。」と言ってください。
「連番2セット」の購入金額なら6,000円、「連番3セット」なら9,000円・・・です(以下続く)。

 

しかしながら、同じ「組」で、「番号」が続く抽せん券を2セット以上購入したい場合もあります。この場合、「タテ連」という買い方があります。

同じ「組」が11枚以上続く! 「タテ連」

「タテ連」は、単に「連番2セット」以上で購入すると、1セットずつ違う「組」、違う「番号」が渡されることを嫌うあなたにオススメしたい買い方です。

同じ「組」が11枚以上、「番号」が続く買い方を、「タテ連」と言います。
上の抽せん券は、「タテ連20枚」です。購入金額は、6,000円です。

「大阪駅前第4ビル特設売場」では、「組」の指定ができるのは当たり前ですし(「10組のタテ連20枚ください。」と指定すれば良い)、「番号」は「千の位」までなら指定できます。
例えば、「19万3千からの番号をください。」と指定すれば、「193●●●番」の「番号」からの抽せん券が購入できます。
あなたが購入したい枚数で「タテ連●●枚ください。」と言ってください。
※ただし、1,000枚以上の「タテ連」は、多少のお時間が必要です。

「年末ジャンボミニ7000万」の1等の「組」の当せん条件は、組 下1ケタです。
「組 下2ケタ」を何組に指定しても意味はありません。

「組」、「番号」が“バラバラ”な数字! 「バラ」


「連番」とともにスタンダードな買い方、それが「バラ」です。
基本は、“10枚ワンセット単位”で購入します。
もちろん、2セット、3セット・・・100セット以上の購入も可能ですが、複数セットの購入の場合、「組」が重なる場合があります。
1セット目(10枚)

2セット目(10枚)

10枚セットの場合、「十万」+「万位」は10万〜19万、末尾(下1ケタ)は0〜9番になっています。

「バラ」最大の特徴は、1枚1枚が規則性の無いバラバラな数字なので、当せん番号を照合する際にドキドキ感を思う存分に味わうことができます。
ただし、「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」では、「前後賞」は狙えません。
しかし、「年末ジャンボミニ7000万(第689回全国自治宝くじ)」は「前後賞」がありませんので、「バラ」で充分です。事実、「年末ジャンボミニ7000万(第689回全国自治宝くじ)」は、「バラ」での購入者がとても多く見受けられます。
あなたが購入したい枚数で、「バラ●セットください。」と言ってください。
スポンサード リンク

「年末ジャンボミニ1億円(第705回全国)」当せん条件一覧

年末ジャンボミニ1億円2017の抽せん会の模様

等級

抽せん回数

「組」と「番号」

当せん条件

1等

7回

●●組

1●●●●●番

2ケタの「組」+6ケタの「番号」が、1等の抽せん結果と完全一致。

2等

2回

各組共通

1●●●●●番

6ケタの「番号」が、2等の抽せん結果と完全一致。「組」は関係ありません。

3等

1回

下2ケタ

●●番

下2ケタの「番号」が、3等の抽せん結果と完全一致。「組」は関係ありません。

4等

1回

下1ケタ

●番

下1ケタの「番号」が、4等の抽せん結果と完全一致。「組」は関係ありません。

年末ジャンボミニ1億円(第732回全国)の当せん番号へ戻る

宝くじ当せん番号速報案内はリアルタイム更新!