「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」の抽せん会場

MENU

「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」の抽せん模様

 
抽せん会場は東京都の「赤坂ACTシアター」。

宝くじ史上最高額、1等・前後賞合わせて10億円年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)年末ジャンボミニ7000万(第689回全国自治宝くじ)が、2015年12月31日(木曜日)に東京都の「赤坂ACTシアター」で抽せんが行われた。

 

今年は“10億円年末ジャンボ”とあって宝くじファンの関心が非常に高く、「赤坂ACTシアター」では開場前から例年以上の行列ができていた。宝くじ売り場抽せん会場も、行列の長さは賞金額の多さにイコールする。
開場時間は、例年より30分遅い午前11時。開演時間は、午前11時30分。
快晴の大晦日、多くの熱心な宝くじファンの向かう先は、“10億円会場”に進んでいた。

 

ただ、2015年(平成27年)の年末ジャンボは世間の関心とは裏腹に、もろ手を挙げて喜べるような販売実績額ではなかったようだ。
「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」は、前年比率としては120%超えで成功したととれるが、27ユニット(1,620億円)の目標額には遠く及ばない約1,460億円の売り上げで終了。つまり、予想に反してユニットの増刷はなかった。

 

小耳に挟んだ情報によると、「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」は売れに売れまくって、遂には宝くじ売り場から抽せん券が品切れ状態になり、一時は大混乱になったという話を聞いた。
この品切れは店舗によってそれぞれで、「連番」が品切れになり、果てには売り場の販売員が「バラ」だけをお客さんに勧めて「連番」が品切れになったことをひた隠そうとしていたらしい。

その真逆の店舗もあり、「バラ」が品切れ状態になり、慌てて「連番」だけをお客さんに勧めるという苦肉の策で乗り切ったらしい。
この話には当「宝くじ当せん番号速報案内」も点と線が一致して、「●●のチャンスセンターが連番しか売ってくれなかった!二度とあんな店には行かない!!」と憤慨する内容のお問い合わせが何件も届いていたのだ(当サイトに文句を言われても困りますが・・・)。

宝くじの抽せん券というのは、通常は2〜3日で印刷できるのだが、2015年(平成27年)の年末ジャンボは1ユニット2,000万枚
つまり、通常の1ユニット:1,000万枚のジャンボ宝くじに比べて倍の印刷時間を要するのだ。
待てど暮らせど、追加発注した抽せん券は入庫されない。しかし、お客さんは“10億円”に煽られて連日大量に押しかけ、挙句の果てにはその時点で余っている「連番」か「バラ」のどちらかを売るしかないジレンマ。

そのような背景を知っていただけに、フタを開けてみると消化率90%程度だと取材をした過程で判明して、「あのお祭り騒ぎは何だったのだろう・・・」と釈然としない気持ちにさいなまれていた。
・・・周りは“10億円”の話題でワクワク・ドキドキなのに、自分一人だけそんなことをブツブツとつぶやきながら、気づけば入場整理券と交換した「指定席券」に指定された席に着席していた(※一部、指定席番号を修正しております)。

 

大晦日に「ニコニコ静画」の実況中継がありました。

恒例のNHKの中継カメラはもちろんだが、2015年(平成27年)の年末ジャンボは、「ニコニコ静画」の実況中継があり、抽せん開始から抽せん終了まで生放送を実施していた。
世間の関心が非常に高い宝くじゆえに、今後は“年末ジャンボのみ”、各メディアでのリアルタイム中継が実施されていくだろう。
私としては、「みずほ銀行」が自社のストリーミングサーバーで動画配信をすれば良いと思うのだが、なぜか一向に実施される様子はなし(恐らくは、アクセス過多になるからだろう)。
スポンサード リンク

いよいよ開演、2015年の年末ジャンボ

午前11時00分に開演。立会人の挨拶のあと、併売宝くじの「年末ジャンボミニ7000万(第689回全国自治宝くじ)」から抽せん開始。
ミニ7000万の売り上げも、かんばしくなかった。目標ユニット(額):19ユニット(570億円)には遠く及ばない約510億円で終了。
こちらもユニットの増刷はなく、達成率も90%割れの悲惨な結果に終わった。ミニ7000万も、年々売り上げが落ち続けている。

ミニ7000万の当せん番号

以下、“抽せん順”の「年末ジャンボミニ7000万(第689回全国自治宝くじ)」当せん番号。

 

 

 

 

 

 

当「宝くじ当せん番号速報案内」も、これに合わせて同時リアルタイム更新を開始。

 

11時48分、5等の抽せん番号が決定。

 

11時50分、4等の抽せん番号が決定。

 

11時52分、3等1本目の抽せん番号が決定。

 

11時53分、3等2本目の抽せん番号が決定。

 

11時56分、2等の抽せん番号が決定。

 

11時58分、1等の抽せん番号が決定。

 

以上を表にまとめると、よく見かける当せん番号一覧になる。

等級

当せん金額

番号

1等

7,000万円

組下1ケタ 2組

191920番

2等

100万円

各組共通

175997番

3等

5万円

番号:下4ケタ

5932番

3等

5万円

番号:下4ケタ

7249番

4等

3,000円

番号:下2ケタ

56番

5等

300円

番号:下1ケタ

7番

12時00分、小休憩に入った。

2等までの年末ジャンボ宝くじの当せん番号

12時15分、いよいよ本番の“10億円年末ジャンボ”の抽せんが開始された。
以下、“抽せん順”の「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」当せん番号。

 

 

 

 

 

当「宝くじ当せん番号速報案内」も、これに合わせて同時リアルタイム更新を開始。

 

12時16分、6等の抽せん番号が決定。

 

12時18分、5等の抽せん番号が決定。

 

12時20分、4等の抽せん番号が決定。

 

12時22分、3等の抽せん番号が決定。

 

12時25分、2等の抽せん番号が決定。

 

以上を表にまとめると、よく見かける当せん番号一覧になる。

等級

当せん金額

番号

2等

1,000万円

組下1ケタ 5組

152324番

3等

100万円

各組共通

181461番

4等

5万円

番号:下4ケタ

0676番

5等

3,000円

番号:下2ケタ

68番

6等

300円

番号:下1ケタ

9番

12時32分、ここから8分間の小休憩に入った。
これは、「NHK総合テレビ」の放送に合わせた時間調整だ。

70周年記念賞までの年末ジャンボ宝くじの当せん番号

12時40分、「70周年記念賞」の抽せんが開始された。
特別賞(今回は「70周年記念賞」)の抽せんは、2等の後に抽せんされるのが通例。

 

 

当「宝くじ当せん番号速報案内」も、これに合わせて同時リアルタイム更新を開始。

 

12時22分、3等の抽せん番号が決定。

 

12時25分、2等の抽せん番号が決定。

 

等級

当せん金額

番号

70周年記念賞

70万円

各組共通

194771番

70周年記念賞

70万円

各組共通

126257番

年末ジャンボ宝くじ1等の当せん番号

「70周年記念賞」の2本目の抽せんから12時45分になり、「NHK総合テレビ」で生放送開始となった。
ここからは、スペシャル・ゲストの登場。昨年に初登場した高市早苗 総務大臣(55歳)と、今回のメイン・ゲストの松平健さん(62歳)が壇上に現れて、会場は一気にゴージャスな雰囲気に。やはり“吉宗将軍”にはオーラが漂っている・・・!
1等抽せん後に放送は終了したが、このあとに松平健さんのスペシャル・コンサートが控えている。
こちらも恒例となった、スペシャル・ゲストが発射矢ボタンを押す役目に。高市早苗 総務大臣は「千の位」(「6」)、松平健さんは「百の位」(「6」)の発射矢ボタンを押すことになった。
12時53分、いよいよ待ちに待った“1等10億円”の抽せんが開始された。
これまでの抽せんとは異なり、元々は「岡宏とクリアトーンズオーケストラ」が生演奏していた音楽が録音演奏で流されて、発射矢が7つの回転盤に突き刺さった。

何と!7つの発射矢がすべて、“偶数”の回転盤に刺さった。
2015年(平成27年)の年末ジャンボは「01組」〜「200組」までの組番号だったが、「組」は例年通りの2ケタの「86組」に決定した。
以下、1等と前後賞、組違い賞を確認されたい。

等級

当せん金額

番号

1等

7億円

86組

106608番

1等の前賞

1億5千万円

86組

106607番

1等の後賞

1億5千万円

86組

106609番

1等の組違い賞

10万円

各組共通

106608番

以下、本年の「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」&「年末ジャンボミニ7000万(第689回全国自治宝くじ)」の当せん番号一覧。

お支払い期間

支払い期間は、2017年(平成29年)1月4日(火曜日)までの1年間有効。
売り上げは目標額に達しなかったが、宝くじ史上最高額の10億円ということで、大いに盛り上がった抽せん会場だった。
次回のグリーンジャンボ(第691回全国自治宝くじ)が、2016年2月24日(水曜日)から全国一斉に発売開始になる。
こちらは、1ユニット:1,000万枚で通常通りの発売となる。
今回、惜しくも高額当せんを逃したアナタも、春のグリーンジャンボで一発逆転を狙ってください。

 

恐らく、2016年(平成28年)大晦日の年末ジャンボも1ユニット:2,000万枚とし、しばらくは10億円の賞金額を固定するだろう。
「宝くじ」に関しては、続々と新しい情報が入ってきているが、今後も賞金額を高額化するスタイルだけは変わらないだろう。
インフレ化する宝くじは、どこまで賞金額が増え続けるのだろうか。
スポンサード リンク

人気ページ一覧

抽せん会場「本多の森ホール(石川県金沢市)」から実況中継!

昨年に引き続きグリーンジャンボ史上最高額!1等・前後賞合わせて6億円が当たる2016年一発目の「グリーンジャンボ(第691回全国自治宝くじ)」。
北陸新幹線の開通で賑わう古都・金沢市で開催されたビッグ・イベントに、石川県と縁の深い弦哲也さんがゲストに登場。
実際の販売実績額などのデータを踏まえて詳細に解説。

抽せん会場「岡山シンフォニーホール」から実況中継!

オータムジャンボ史上最高額!1等・前後賞合わせて5億円「オータムジャンボ(第685回 新市町村振興 全国自治宝くじ)」は、初の岡山県で開催。
演歌歌手の山川豊さんがスペシャル・ゲストとして登場した秋の祭典を、抽せん時間の詳細・販売実績額(ユニット)と共に公開。果たして、13ユニットは売り切れたのか?
12時35分から「BSプレミアム」で生中継されるまでの詳細を時系列に解説します。

抽せん会場「NHK大阪ホール」から実況中継!

サマージャンボ史上最高額!1等・前後賞合わせて7億円「サマージャンボ(第681回全国自治宝くじ)」と1等7,000万円の「サマージャンボミニ7000万(第682回全国自治宝くじ)」
演歌歌手の川中美幸さんがスペシャル・ゲストとして登場した、暑い・熱い真夏の祭典!
抽せん時間の詳細と、売り上げ金額(ユニット)を公開。12時38分から「NHK総合テレビ」で生中継されるまでの詳細を解説!

抽せん会場「東京宝塚劇場」から実況中継!

ドリームジャンボ史上最高額!1等・前後賞合わせて7億円「ドリームジャンボ(第678回全国自治宝くじ)」と1等7,000万円の「ドリームジャンボミニ7000万(第679回全国自治宝くじ)」
今回もリアルタイム速報をお届けした宝くじの聖地・「東京宝塚劇場」から、抽せん風景を詳細レポート!
開演直後から、12時40分からの「NHK総合テレビ」で生放送されるまでを実況中継でお届けします。

抽せん会場「八幡市民会館」から実況中継!

グリーンジャンボ史上最高額!1等・前後賞合わせて6億円+ユニット増刷で話題になった、2015年一発目のジャンボ宝くじ「グリーンジャンボ(第673回全国自治宝くじ)」
工業都市・北九州市での宝くじ開催に大いに盛り上がったグリーンジャンボ宝くじ。あの八幡製鉄所跡地からもほど近い「八幡市民会館」からの実況中継!
“夢の6億円”を手に入れたのは武田鉄矢さんか!? それとも・・・?