宝くじの組下1ケタとは?意味を解説

MENU

宝くじの「組下1ケタ○組」とは?

 

「組下1ケタ○組」と連続的に見ると、何のことだかチンプンカンプンに思えます。
これを、ちゃんとした日本語に直すと、

 

「くみ しもひとけた ○くみ」

 

と読みます。
「○」の部分には、任意の数字が入ります。

 

したがいまして、「組下1ケタ」と書くのは誤解を招く書き方であり、

 

「組、下1ケタ」

 

と「、」を入れると分かりやすくなります。

 

「第617回グリーンジャンボ宝くじ」の「3等」当せん番号を例に取って解説します。

等級

当せん金額

番号

3等

500万円

組下1ケタ 9組

149100番

ひとつずつ等級を分解していくと、

「3等」の賞金は、500万円
「組」は、「組下1ケタ 9組」
「番号」は、「149100番」

・・・となります。

 

それではまずは、「番号」から確認していきましょう。
あなたが購入した抽せん券の「番号」を見て下さい。

 

3等の「番号」は、149100番です。

等級

当せん金額

番号

3等

500万円

組下1ケタ 9組

149100番

 

この時点で、6ケタの「番号」がひとつでも違っていたならば、「組下1ケタ」を確認する必要がありません。

 

次に、「組」を確認していきましょう。

等級

当せん金額

番号

3等

500万円

組下1ケタ 9組

149100番

組下1ケタ9組は、「くみ しもひとけた きゅうくみ」と読みます。
あなたが購入した抽せん券の、2ケタの「組」を見て下さい。

 

「組下1ケタ9組」とは、「組」の下1ケタが「9」になっている抽せん券を言います。

 

下1ケタは、「しも ひとけた」と読みます。
下1ケタとはこの場合、2ケタある数字の右側をさします。

 

この右側の数字が9になっている「組」を、「組下1ケタ9組」と呼びます。

 

「09組」、「19組」、「29組」、「39組」、「49組」、「59組」、「69組」、「79組」、「89組」、「99組」。
・・・すべて、下1ケタが9であることをご確認下さい。

 

他の例を見てみましょう。
仮に、このような抽せん結果になっていると仮定します。

等級

当せん金額

番号

3等

100万円

組下1ケタ 0組

123456番

ひとつずつ等級を分解していくと、

「3等」の賞金は、100万円
「組」は、「組下1ケタ 0組」
「番号」は、「123456番」

例によって、「番号」が「123456番」と完全一致しているかを確認します。

 

次に、「組」を見ていきましょう。

等級

当せん金額

番号

3等

100万円

組下1ケタ 0組

123456番

組下1ケタ0組は、「くみ しもひとけた ぜろくみ」と読みます。
あなたが購入した抽せん券の、2ケタの「組」を見て下さい。

 

「組下1ケタ0組」とは、「組」の下1ケタが「0」になっている抽せん券を言います。

 

もう一度書きますが、下1ケタとはこの場合、2ケタある数字の右側をさします。

「10組」、「20組」、「30組」、「40組」、「50組」、「60組」、「70組」、「80組」、「90組」、「100組」。

・・・すべて、下1ケタが0であることをご確認下さい。

 

「組下1ケタ0組」の場合、「100組」という抽せん券は存在しません。
仮にも「00組」が抽せんされた場合。
「00組」という組は存在しないため、仮に「00組」が抽せんされた場合、これを100組とする規定があります。
スポンサード リンク

人気ページ一覧

富山県の高額当せん売り場!太郎丸チャンスセンター

高額当せん宝くじ売り場は、「西銀座チャンスセンター」だけではない!
地方にだって負けず劣らずの超絶売り場は存在する。
今回は、北陸は越中富山の人気売り場「太郎丸チャンスセンター」をご紹介。
地元新聞でも話題になった「年末ジャンボ」でビッグ当せんを果たした“小さな売り場”を詳細レポート!

西銀座チャンスセンターは、日本一の行列売り場

知名度では全国ナンバーワンの「西銀座チャンスセンター」。
ジャンボ宝くじ発売期間中の長蛇の列は、もはや銀座の街に溶け込んでいる・・・。
近頃の高額当せん実績はやや下火になっているものの、それでも北は北海道から南は沖縄まで宝くじファンが押し寄せる。
日本有数のマンモス売り場、「西銀座チャンスセンター」をレポート。

上野・御徒町といえば!御徒町駅前センター

東京の観光地のメッカ「アメ横丁」で名を馳せる売り場といえば、「御徒町駅前センター」。
その真っ赤な外装は、宝くじファンでなくとも足を止めてしまうインパクトを持っている派手な売り場。しかも高額当せん実績も派手となれば、ココで買わない理由が見当たらないというもの。
マスコミ登場回数多数!御徒町のトップに君臨する「御徒町駅前センター」をレポート。

「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」のユニット増刷情報!

1等前後賞合わせて5億5千万円の「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」の抽せんが終了。
“1億円宝くじ”が幕を閉じて、今期より従来型の3億円宝くじとなった歴史の長いドリームジャンボ宝くじ。
23ユニット(690億円)を目標に掲げた初夏のジャンボくじは、一体どれくらい売れたのでしょうか?

宝くじの発売でよく見かける「ユニット」。
いつもはスルーしてしまう“ユニット制の概念”を、ここで整理しておこう!
そもそも、“ユニット”とは何なのか?何のためにユニット制を設けているのか?ユニットの増刷って?
宝くじの「ユニット」に関する疑問を、会話形式で解説。

赤坂ACTシアターの抽せん会場に潜入

「年末ジャンボ宝くじ」の抽せん会場といえば、「赤坂ACT(アクト)シアター」。
大晦日の12月31日に、抽せん会場に潜入!当せん番号のリアルタイムに挑む!
・・・しかし、思わぬトラブルが巻き起こり、ファンの方々にご迷惑をおかけした悲惨な会場レポート・・・。
もう、リアルタイム更新は無理なのか。