平成26年12月31日(水)抽せん 年末ジャンボ宝くじ(第669回全国)当せん番号

MENU

2014年12月31日(水)「年末ジャンボ(第669回全国)」当せん番号

 

等級

当せん金額

番号

1等

5億円

92組

169296番

1等の前後賞

1億円

1等の前後の番号

1等の組違い賞

10万円

1等の組違い同番号

2等

2,000万円

91組

186014番

2等

2,000万円

20組

102239番

3等

100万円

各組共通

190018番

4等

5万円

番号:下4ケタ

0191番

5等

3,000円

番号:下2ケタ

75番

6等

300円

番号:下1ケタ

8番

スポンサード リンク

前後賞と組違い賞

1等の前賞:92組 169295番(1億円)
1等の後賞:92組 169297番(1億円)

 

1等の組違い賞:各組共通 169296番(10万円)

抽せん日 2014年12月31日(水曜日)
お支払い期間

2015年1月6日(火曜日)〜
2016年1月5日(火曜日)までの1年間有効

抽せん会場 赤坂ACTシアター(東京)
同時抽せん 年末ジャンボミニ7000万(第670回全国)

年末ジャンボ宝くじ:「前後賞」と「組違い賞」の“ポイント”

1等の組違い賞は、各組共通(かくくみ きょうつう)
1等の組違い賞(10万円)

各組共通

169296番

各組共通(かくくみ きょうつう)とは、2ケタの「組」が何組であっても、1等「番号」の169296番に完全一致していれば当せんとする等級です。

02組、11組、26組、47組、59組、63組、77組、80組、98組、100組

・・・など、「組」が何であろうと、1等「番号」の

169296番

完全一致していれば、賞金10万円獲得です。(当せん確率:101,010分の1)
おめでとうございます。

1等の前後賞は、1等の「番号」下1ケタ(しも ひとけた)前後
1等の前賞(1億円)

92組

169295番

1等の後賞(1億円)

92組

169297番

下1ケタの場所はココ!

「前後賞」(ぜんごしょう)は、1等「組」の92組完全一致していることが前提条件です。

 

その上で、6ケタある「番号」の下1ケタが数字の前後になっていることが、当せんの条件です。

 

「下1ケタ」(しも ひとけた)とは、6ケタの「番号」の一番右側の数字をさします(左記画像参照)。

 

左記の数字「2」で例えると、「2」のの数字は「1」です。
「2」のの数字は「3」です。

 

つまり、167321番が「前賞」。16732番が「後賞」となります。
※上記画像の「前後賞」の場合に限る。

92組 169295番
92組 169297番

完全一致していれば賞金1億円、前後賞合わせて2億円の獲得です。(当せん確率:500万分の1)
ご当せん、おめでとうございます。

 

「年末ジャンボ(第669回全国自治宝くじ)」の当せん番号へ戻る

「年末ジャンボ2014(第669回全国自治宝くじ)」の発売概要

2013年12月31日(火)抽せん「年末ジャンボ(第651回全国)」の当せん番号

等級

当せん金額

本数

1等

500,000,000円

49本

1等の前後賞

100,000,000円

98本

1等の組違い賞

100,000円

4,851本

2等

20,000,000円

98本

3等

1,000,000円

4,900本

4等

50,000円

49,000本

5等

3,000円

4,900,000本

6等

300円

49,000,000本

発売期間 2014年11月21日(金曜日)〜2014年12月19日(金曜日)
抽せん日 2014年12月31日(水曜日) 大みそか
発行ユニット数 49ユニット(ユニット増刷あり)を予定
発売額 1,470億円を予定
抽せん会場 赤坂ACTシアター(東京)
発売金額 1枚300円
抽せん開始時間帯 当日の午前11時56分頃(6等〜)から順次抽せん
直近の出現傾向 過去33年間分の出目一覧
販売実績 2014年 年末ジャンボの販売実績 最新情報

「特別賞(大晦日特別賞)5万円」が廃止され、昨年は4等までの等級が6等まで増えました。
「1等前後賞(5億円+各1億円)」の賞金は変わりませんが、昨年の60ユニットから49ユニットまで減りました。


2014年大晦日抽せん:第669回年末ジャンボ宝くじの全国当せん本数

速報!あの「大阪駅前第4ビル特設売場」、今回も高額当せんの快挙です!

今年大晦日の年末ジャンボ2015も期待できる売り場!

年末ジャンボは、1等前後賞合わせて7億円×2本=14億円!の高額賞金を輩出しました。

角田信朗さんも年末ジャンボ宝くじで億万長者になりたい!

日本一“有名”な「西銀座チャンスセンター」1等前後賞×2本
対して、日本一“当たる”「大阪駅前第4ビル特設売場」1等前後賞×2本

 

日本一の有名店を出し抜いた「大阪駅前第4ビル特設売場」では時折、思いもよらぬ有名人が訪れる。
元・格闘家、角田信朗さん(54歳)も大の宝くじファン。
K-1のレフェリーや、ヘビー級での試合をご覧になられた方も多いことだろう。
そういえば昔、日本テレビ系列の「THE夜もヒッパレ」(三宅裕司、中山秀征、赤坂泰彦、安室奈美恵、知念里奈、八反安未果など)にも良く出演してた記憶がある。
億万長者が続出しているウワサを聞きつけて、訪れたのだろうか?それは、正しい判断だと思う、うん
まぁ、宝くじを当てるのに、ムキムキな筋肉は必要ないとは思うが。

 

日本一の高額当せん売り場で買われた幸運なアナタ!おめでとうございます!(寄付を受け付けておりまーす
あの「西銀座チャンスセンター」をも遥かに上回る当せん実績!

織田信成のCMで一世風靡!? 2014年大晦日の年末ジャンボ宝くじ

2015年の年末ジャンボ宝くじ発売期間

元スケート選手・織田信成さんのテレビCMで大いに盛り上がった、2014年の「年末ジャンボ(第669回全国自治宝くじ)」。

 

昨年と同じく、1等前後賞合わせて7億円の超高額賞金で話題になり、全国の宝くじ売り場では長者の列が作られた。

 

今回の年末ジャンボでは、昨年と大きく異る点がある。
それは、首都圏の当せん本数が多いのは当たり前として、地方の売り場から7億円をガンガン輩出したこと。
首都圏の一極集中だったジャンボ宝くじの高額当せんの輩出形態に、変化が起きている。
宝くじファンの聖地・「西銀座チャンスセンター」の高額当せん本数が多いのは当然で、今回も1等前後賞合わせて7億円が2本(1等5億円:2本、前後賞各1億円:4本)輩出している。
一方では、地方のローカル店も踏ん張りを見せた。

 

まずは、全国各地域の1等+前後賞の当せん本数を見ていこう。
コアな宝くじファンなら、「ここから1等が出たんだ!」と思うような都道府県が見つかるだろう。

都道府県

1等の本数

前後賞の本数

北海道

1本

2本

青森県

1本

2本

宮城県

2本

4本

茨城県

1本

2本

埼玉県

1本

2本

千葉県

1本

2本

東京都

9本

18本

神奈川県

3本

6本

長野県

1本

2本

静岡県

3本

6本

愛知県

2本

4本

三重県

1本

2本

滋賀県

1本

2本

京都府

1本

2本

大阪府

3本

6本

兵庫県

2本

4本

島根県

1本

2本

長崎県

1本

2本

沖縄県

2本

4本

地方店が底力を見せた! 大晦日の年末ジャンボ宝くじ

北海道は、毎年のように高額当せんを輩出していることで有名。
2014年年末ジャンボでは、旭川市の「堂前宝くじ店」(北海道旭川市5-14)が、1等前後賞合わせて7億円の栄光に輝いた。
2009年の年末ジャンボで3億円を輩出以来の快挙となる。

 

いわゆる“チャンスセンター”ではなく、小さな個人店である。

「チャンスセンター」と名のつく宝くじ売り場は、いわゆる主催元の「みずほ銀行」系のお店です。
一方、完全に固有名詞の宝くじ売り場は、個人開業をしたお店です。
微妙な違いですが、売り場に足を運ばれた際には、店名も見てみると面白いでしょう。

地元新聞紙でも取り上げられたこともある名物おばあちゃん、堂前輝子さん(83歳)が売り場を切り盛りしていることで有名。
今回は、この名物店から億万長者が堂々と誕生した。

 

また、昨年は残念ながら涙を飲んだ青森県からも、1等前後賞合わせて7億円を輩出。

もちろん、西銀座チャンスセンターからも高額当せんは出たが・・・

首都圏では、東京都が1等前後賞合わせて9本を輩出。
もちろん、先にお話した「西銀座チャンスセンター」も含まれてはいるが、こちらは2本のみ。

 

それ以上に今回は、「立川ルミネチャンスセンター」(東京都立川市曙町2-1-1)、「新宿ルミネ2」(東京都新宿区新宿3-38-2)、「上野丸井前宝くじ売場」(東京都台東区上野6-15)、「池袋西口地下街東武ホープセンター1号店」(東京都豊島区西池袋1-15-9)など、もともと過去に高額当せんを輩出した経験のある宝くじ売り場が、やや数年の間隔を空けて、2014年の7億円輩出に輝いたという事例が非常に多かった。

 

三重県、滋賀県は、昨年の無当せんを一気に挽回した。

やはり強い! 「大阪駅前第4ビル特設売り場」の実力

大阪府は、言わずと知れた「大阪駅前第4ビル特設売り場」(大阪府大阪市北区梅田1-11-4)が、1等前後賞合わせて7億円を2本(5億円:2本、1億円4本)を輩出。
こちらは、安定の高額当せん輩出となっている。

 

番狂わせ・・・と言うと大変失礼だが、島根県松江市の売り場から、1等前後賞合わせて7億円を輩出。
島根県大田市からは昨年、サマージャンボ宝くじで1等前後賞合わせて6億円が出ているが、やや幸運の高額当せんをコンスタントに輩出し続けている印象が薄い県だった。
今回の超ビッグ当せんで、島根県の宝くじファンの士気があがると予想される。

 

長崎県も、昨年年末ジャンボの無当せんから大逆転の高額当せんを輩出。
また、沖縄県も素晴らしい結果で、昨年の無当せんから、1等前後賞合わせて7億円を2本(5億円:2本、1億円4本)も輩出し、大騒ぎになった。

大いに盛り上がった年末ジャンボだったが・・・

年末ジャンボのテレビCM、地方店の素晴らしい快挙と大いに盛り上がった年末ジャンボだったが、実際の台所事情は芳しくなかった。

 

今回の予定発売額は、昨年よりユニット数を減らして49ユニット(1,470億円)。
ユニットの多寡を見守っている立場からすれば、かなり“ひ弱った”ユニット数だった。

 

今回の「年末ジャンボ(第669回全国自治宝くじ)」では、全国で1等輩出本数が37本(前後賞74本)。
つまり、この本数だけを見ても、実際の発売額は約1,140億円(38ユニット)。

 

前回は50ユニット分も売れていないデータがあるにも関わらず、今回はそれに輪をかけて売れていない台所事情が読み取れる。
ちなみに、前回は大好評で増刷の嵐だった「年末ジャンボミニ7000万(第670回全国自治宝くじ)」は約530億円(18ユニット)と、昨年から見ればやや勢いに衰えを感じた。

 

昨年は、“7億円”という前代未聞の高額賞金が非常に新鮮だったが、翌年は既に新鮮味を感じてもらえなかったようだ。
テレビCMの盛り上がり模様と、実際のシビアな発売額のデータには大きな乖離がある。

 

2015年のグリーンジャンボが、前代未聞の1等前後賞合わせて6億円の超高額賞金に設定されたように、2015年の年末ジャンボもこの流れに乗って、8億円、9億円、10億円とインフレーション化をしていくのだろうか?
具に、見守っていきたい。
スポンサード リンク

「ジャンボ宝くじ」&「ジャンボミニくじ」&「4ブロックくじ」抽せん結果一覧

初夢宝くじ 2016年1月14日(木曜日)抽せん

初夢宝くじ 2015年1月09日(金曜日)抽せん

初夢宝くじ 2014年1月09日(木曜日)抽せん

初夢宝くじ 2013年1月10日(木曜日)抽せん

初夢宝くじ 2012年1月12日(木曜日)抽せん

初夢宝くじ 2011年1月13日(木曜日)抽せん

新春運だめしくじ 2016年2月04日(木曜日)抽せん

新春運だめしくじ 2015年1月29日(木曜日)抽せん

新春運だめしくじ 2014年1月30日(木曜日)抽せん

春きらきらくじ 2016年4月04日(月曜日)抽せん

春きらきらくじ 2015年3月31日(火曜日)抽せん

春きらきらくじ 2014年3月25日(火曜日)抽せん

春きらきらくじ 2013年3月28日(金曜日)抽せん

春きらきらくじ 2012年3月29日(木曜日)抽せん

春きらきらくじ 2011年3月29日(火曜日)抽せん

春爛漫くじ 2016年4月14日(木曜日)抽せん

春爛漫くじ 2015年4月16日(木曜日)抽せん

春爛漫くじ 2014年4月17日(木曜日)抽せん

春爛漫くじ 2013年4月18日(木曜日)抽せん

春爛漫くじ 2012年4月19日(木曜日)抽せん

春爛漫くじ 2011年4月14日(木曜日)抽せん

秋のビッグチャンスくじ 2015年11月12日(木曜日)抽せん

秋のビッグチャンスくじ 2014年11月06日(木曜日)抽せん

冬のビッグチャンスくじ 2013年1月31日(木曜日)抽せん

冬のビッグチャンスくじ 2012年2月2日(木曜日)抽せん

冬のビッグチャンスくじ 2011年2月10日(木曜日)抽せん

夏・キラキラくじ 2014年8月14日(木曜日)抽せん

夏・キラキラくじ 2013年8月29日(木曜日)抽せん

夏・キラキラくじ 2012年8月30日(木曜日)抽せん

夏・キラキラくじ 2011年9月11日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2016年7月07日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2014年7月04日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2013年11月07日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2013年7月04日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2012年11月01日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2012年7月10日(火曜日)抽せん

春のビッグボーナスくじ 2010年3月29日(月曜日)抽せん