平成28年8月9日(火)抽せん サマージャンボ宝くじ(第696回全国)当せん番号

MENU

「サマージャンボ(第696回全国)」当せん番号

 

等級

当せん金額

番号

1等

5億円

16組

127694番

1等の前後賞

1億円

1等の前後の番号

1等の組違い賞

10万円

1等の組違い同番号

2等

1,000万円

66組

117567番

2等

1,000万円

28組

107703番

2等

1,000万円

29組

113872番

2等

1,000万円

80組

106325番

3等

3万円

番号:下4ケタ

0747番

3等

3万円

番号:下4ケタ

9913番

4等

3,000円

番号:下2ケタ

17番

5等

300円

番号:下1ケタ

2番

スポンサード リンク

同時抽せん サマージャンボミニ7000万(第697回全国)
前後賞と組違い賞

1等の前賞:16組 127693番(1億円)
1等の後賞:16組 127695番(1億円)

 

1等の組違い賞:
(「16組」以外の)各組共通 127694番(10万円)

抽せん日 2016年8月09日(火曜日)
お支払い期間

2016年8月15日(月曜日)〜
2017年8月14日(月曜日)までの1年間有効

抽せん会場

NHK大阪ホール(大阪)
サマージャンボプチ(第725回全国)の抽せん会場NHK大阪ホール(大阪)

昨年の当せん番号 サマージャンボ宝くじ(第681回全国)
発売期間

2016年7月06日(水曜日)〜
2016年7月29日(金曜日) ※24日間

発行ユニット数 23ユニット(ユニット増刷あり)を予定 / 690億円
抽せん時間帯 5等(300円):11時56分頃 〜 1等(5億円):12時42分頃
営業時間 宝くじ売り場の営業時間
参考データ 西暦2001年以降の1等6ケタの番号
サマージャンボ宝くじCM

サマージャンボ宝くじCM
(所ジョージ、綾野剛 出演)

発売スケジュール表 宝くじの発売スケジュール一覧はコチラ

スポンサード リンク

サマージャンボ宝くじ2016をリアルタイム更新!

「サマージャンボ(第681回)」で1億円以上を輩出した売り場レポート!

2015年のサマージャンボ宝くじは7億円!

 

主催者の「みずほ銀行」発表の数値では、今回の「サマージャンボ(第681回全国自治宝くじ)」は、約570億円しか売れていません。
事前発表は690億円(23ユニット)で、実際は570億円(19ユニット)しか売れていない計算になります。

 

つまり、1等5億円当せん者は全国で約19人(本)しか存在せず、そのほとんどは、首都圏の“超有名店”に集中してしまうのが世の常。

 

今回、チャンスセンターとしては全くの無名である、近鉄藤井寺駅近くにある「藤井寺チャンスセンター」がやってくれました!
2015年8月11日(火曜日)抽せんの「サマージャンボ(第681回全国自治宝くじ)」で、1等・前後賞合わせて7億円を見事に輩出!

 

通常、小規模の宝くじ売り場が有名ジャンボ宝くじで高額当せんを果たすと、それを知った宝くじファンの購買率が急激に増えて、次もまたビッグな高額当せんを果たす好循環が巻き起こる事例をよく見てきました。

 

今、ノリにノッている「藤井寺チャンスセンター」を、今すぐチェック!

香芝イオンチャンスセンター

「東京」と「大阪」で高額当せん者が集中している事実は、異論がないでしょう。最も人口が集まり、最も購買枚数も多いからです。
ところが、2015年(平成27年)は、高額当せんを輩出している地域の分布データが例年と少し異なります。

 

グリーンジャンボ、ドリームジャンボ、サマージャンボ・・・どのジャンボ宝くじを切り取っても“高額当せん地域”に名前が躍り出てくるのは、「奈良県」です。
三条イオンチャンスセンターや「桜井オークワイオンチャンスセンター」など、「ジャンボ宝くじ」で1等・前後賞:1億円以上の高額当せんを続出させている地域、それが「奈良県」なのです。
ご想像通り、奈良県は「ジャンボ宝くじ」で1億円以上の実績としては、これまで芳しくありませんでした。2015年(平成27年)は、大躍進の年です!
一方で、神奈川県やその他の大都市は、2015年(平成27年)は、あまり元気がありません。

 

今回ご紹介する「香芝(かしば)イオンチャンスセンター」も、「サマージャンボ(第681回全国自治宝くじ)」で1等の後賞:1億円を輩出しています。

 

元々「香芝イオンチャンスセンター」は、近畿宝くじドリームジャンボで100万円クラスの少額当せんを輩出していましたが、今回の7億円サマージャンボで一夜にして有名店になりました。

 

宝くじファンのアナタ、今!“奈良”がアツいですよ!(夏は終わりましたが・・・)

「西銀座チャンスセンター」は1等・前後賞合わせて7億円×2本的中!

もちろん、東京の「西銀座チャンスセンター」は、1等・前後賞合わせて7億円を2本も輩出しています。
2本は、全国広しと言えども「西銀座」だけでしょう。

 

昨年のサマージャンボから本年のサマージャンボまで、すべて1等・前後賞:億単位の賞金を“休むことなく”輩出しています。
つまり、グランドスラムを制覇しています。

 

ただ、最近では地方の宝くじ売り場も“底力”を見せており、何もわざわざ東京へ出向かずとも、超絶な売り場は存在します。
しかも、“サマージャンボ”や“ドリームジャンボ”に限っては、“番狂わせ”が生じる「ジャンボ宝くじ」なので、じっくりと地元の宝くじ売り場を吟味して、ぜひとも億単位の賞金を獲得していただきたいと願います。

“話題の売り場”をご紹介!〜 トピック・チャンスセンター 〜

“幸運の女神”は福岡県に微笑んだ平成27年

“高額賞金化”する宝くじにあって、「宝くじ売り場」はシッカリと吟味したいところ。
このほど、週刊誌にも特集が組まれたが、平成27年に最も高額当せんが集中した都市、それが「福岡県」である。
東京都は「西銀座チャンスセンター」に高額当せんが一極集中しているが、そこまで大都市ではない福岡県がフィーバー中だという。
昨年度の福岡県は、有名チャンスセンターが惨敗、1等当せん無し・・・という汚名を着せられた反動が巻き起こっているという話を聞いた。

2016年(平成28年)も期待大の「平松屋」!

今回ご紹介する「平松屋」は、“福岡フィーバー”を支えた立役者でもある。いわゆるチャンスセンターではない個人店で、ビルの1階にお店をたたずんでいる。
タバコの販売をしつつ宝くじも販売するという、街でよく見かける光景の宝くじ売り場。
ズラズラと過去の当せん実績を掲げているが、他の個人店に比べて、ハデハデしく煽っている印象はあまりない(“のぼり”は義務化のように設置しなければならないようだ)。

グリーンジャンボ、ドリームジャンボでも高額当せん的中!

「グリーンジャンボ(第673回全国自治宝くじ)」や「ドリームジャンボ(第678回全国自治宝くじ)」で少額当せん〜中額当せんを複数本も輩出。これ以外にも掲載し切れないほどの爆裂輩出もしている。
“手書き”のにじんだ文字が個人店の味をかもし出しており、何だかホッとさせてくれる。過去には、テレビ番組の取材も受けたことのある超絶店だ。

サマージャンボで7億円的中!

「サマージャンボ(第681回全国自治宝くじ)」では、1等・前後賞合わせて7億円も輩出。
我々取材班の調査では、本年のサマージャンボは「チャンスセンター」、「個人店」ともに、“西”に高額当せんが集中している事実が判明
一方で、“東北”方面は、“本年は”残念な結果に終わっている(高額当せんが爆出している年もある)。
「金運は西から黄色を目がけてやってくる」という風水では有名な文言があるが、本年はそれを地で行く形となった。

〒812-0045 福岡県福岡市博多区東公園2-21(ウイング平松屋ビル1F)
営業時間:7時00分〜21時00分

“チャンスセンター系”も大躍進!

イオンモール系チャンスセンターは狙い目!

個人店ではなく、いわゆる街でよく見る“●●チャンスセンター”も高額当せんを続出した年でもあった。
「チャンスセンターイオンモール福岡店」ドリームジャンボ(第620回全国自治宝くじ)で1等・前後賞合わせて1億1千万円を輩出させた実績を持っているが、ここ2年間は微妙な実績だった。
本年は、「サマージャンボ(第681回全国自治宝くじ)」で1等の後賞:1億円を見事輩出。

 

イオンモールはお客さんの出入りが激しいので、併設している「チャンスセンター」は比較的高額当せんが出やすいが、だからと言って億単位の高額当せんを輩出している売り場はごくわずか。
取材日は“大安吉日”とあって、そこそこ宝くじを購入しているお客さんの姿をみかけた。今後、数年以内に1等・前後賞の高額当せんが出そうな“期待”をさせてくれる、福岡の優良店だ。

〒811-2303 福岡県糟屋郡粕屋町大字酒殿字老ノ木192-1
営業時間:10時00分〜19時00分

サマージャンボで6億円的中!

“番狂わせ”が多かった本年のサマージャンボ。
「水巻イオンチャンスセンター」も、「サマージャンボ(第681回全国自治宝くじ)」で1等+前賞:6億円を輩出。
この売り場は、遠い昔にドリームジャンボで2億5千万円を輩出した実績以外、大きなビッグ当せんは無かった。
ただし、100万円単位の少額当せんは数多く輩出しているので、他の売り場に浮気せずにこのような売り場で継続的に購入していると、幸運がめぐってくるもの。
本年は6億円輩出で、一気に全国の有名店と肩を並べるまでにのし上がった。

〒811-4300 福岡県遠賀郡水巻町樋口3-10
営業時間:10時00分〜18時00分

この他にも、市営地下鉄の「地下鉄天神西口チャンスセンター」「本城ミスターマックスチャンスセンター」などで1億円以上の高額当せん。

1等の後賞:1億円を見事輩出!

「本城ミスターマックスチャンスセンター」は、100万円以上の当せんが年間3本〜7本も輩出している人気店。
本年の「サマージャンボ(第681回全国自治宝くじ)」で1等の後賞:1億円を輩出したことで、福岡県の名だたる高額当せん売り場と肩を並べるまでに至った。
福岡県では、毎ジャンボ宝くじの発売の度にニュースに登場する「旧岩田屋東地下入り口売り場」(〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2丁目11-1)が有名だが、宝くじ売り場も多様化をしており、昨今では名も無き零細店が1億円以上の当せん連発で一気に知名度を上げることも珍しくなくなった。

〒807-0801 福岡県北九州市八幡西区本城5-1-1(Mr.Max本城店)
営業時間:10時00分〜18時30分 休業日:年末年始のみ

平成28年(2016年)のサマージャンボで億万長者続出!

いずれの高額当せん者に共通するのは、「(男性は)最低30枚以上を購入」、「神棚、仏壇、机の引き出しに保管」、「女性はハンドバッグ・カバンに保管」、「購入する前日に何かしらの予兆、ハプニング」・・・などが挙げられるそうだ。
これは毎度のジャンボ宝くじの抽せん会でも、司会の後藤繁雄アナウンサーが「高額当せんする人の特徴」として解説されている。
本年は、(特に「サマージャンボ」で)大躍進の福岡県だ。

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2(西鉄福岡駅講内)
営業時間:9時30分〜18時30分(平日) 10時00分〜18時00分(土日祝)

それにしても、「前賞」や「後賞」の“1億円”を逃したのは・・・実に惜しい 1億円だけでも充分以上に生活をしていけるので、できれば前後賞も合わせてゲットしたいもの。
ちなみに、次いで躍進をしたのが奈良県である。
「東京」、「大阪」が高額当せんを輩出するのは当たり前。平成28年(2016年)以降、地方都市にぜひともガンバってもらって、“打倒・西銀座チャンスセンター!”を果たしてもらいたい。

「サマージャンボ(第696回全国)」発売概要

等級

当せん金額

本数

1等

500,000,000円

23本

1等の前後賞

100,000,000円

46本

1等の組違い賞

100,000円

2,277本

2等

10,000,000円

92本

3等

30,000円

46,000本

4等

3,000円

2,300,000本

5等

300円

23,000,000本

宝くじ当せん番号速報案内はリアルタイム更新!