宝くじ当せん番号速報案内

宝くじの買い方(おすすめ)

宝くじのタテバラ・特バラとは

宝くじの買い方(おすすめ)
今や全国区にまで広がったタテバラの発祥は大阪駅前第4ビル特設売場です。
大阪駅前第4ビル特設売場
公式サイトで場所を確認
大阪駅前第4ビル地下チャンスセンター
公式サイトで場所を確認

タテバラとは、バラ10枚を1セットとして3セットを購入する買い方です。
宝くじの買い方(初心者)

下の赤枠(ヨコ)を見ると「組」も「番号」も1枚1枚がバラバラなバラです。
宝くじのタテバラとは?
今度はタテで見ると同じ「組」の「番号」が連番になっています。
1等当せん番号が「79組 101632番」だとしたら、1等+前後賞が“バラなのに”狙えるのです。

タテバラ30枚セットの購入金額は、9,000円です。
これを2セット以上購入することも可能です。
2セット(60枚)の購入金額は18,000円です。

赤枠(ヨコ)で見るとバラなので、1枚1枚当せん番号をドキドキ感満載で見ることができます。そして、バラなのに前後賞も狙えるのです。
宝くじの買い方(おすすめ)
特バラとは、「組」は「01組」〜「100組」が各1枚ずつで、「番号」が下2ケタ「00番」〜「99番」までそろいます。
大阪駅前第4ビル特設売場の伝統名物のセットとなっていますが、近年では西銀座チャンスセンターでも販売されています。

基本は1セット100枚を購入するもので、少しだけ資金に余裕があるあなたにオススメの買い方です。
1セット(100枚)
宝くじの特バラとは?
■「組」は、任意に振り分けられた「01組」〜「100組」が各1枚ずつ
■「番号」は、下2ケタ「00番」〜「99番」までが100枚
■ 下3ケタ以上は数字がバラバラなバラ

特バラ(100枚セット)の購入金額は3万円です。
年末ジャンボ宝くじは200枚セットで6万円です。
片割れ100枚セット3万円もあります。窓口にて販売員さんにお申し出ください。

下3ケタ以上はバラバラな数字のバラなのでドキドキ感を思う存分味わえます。
宝くじの特バラとは?
「特バラを1セット」と言ってみてください。
ただし、「2セット」以上(101枚以上)は「組」と「番号」の下2ケタが重なります。

大阪駅前第4ビル特設売場では他にもダブルなどのバリエーションもあります。