宝くじの1ユニットとは

MENU

「宝くじの疑問 Q&A」 “1ユニット”とは?

 
“1ユニット”を理解しよう!

「“ユニット”について、もう少しだけ詳しくご説明します。」
「はい。まず、“ユニット”とは、塊(かたまり)を意味するのでしたね。みずほ銀行のユニット・システムは、非常に頭が良いと思います。」
「“ユニット制”は全体の総称であり、“1ユニット”ごとに見ていくと分かりやすいです。宝くじの抽せん券は、“ユニット”と“組”と“番号”の3つに分かれています。

「番号や組は分かるのですが、この“ユニット”というのが、初心者には分かりづらい面がありますね。」
「まず、“番号”をご説明します。宝くじの番号は、100000番から199999番までの10万枚を1組としています。十万の位は、必ず“1”で固定されているのは、それが理由です。“234567番”などの抽せん券は、存在しません。」

100000番から199999番までの10万枚を1組とする

「なるほど。その10万枚が、“1ユニット”ですか?」
「いえ、違います。あくまでも、“1組”です。」
「はい。」
「次に、“組”です。宝くじの組は、01組から100組までです。」
「ちょっと待ってください。でも、ですよ?抽せんは水ものですから、抽せんの発射矢が“00組”を選んでしまったら、どうするんですか?ありえますよね?」
「宝くじ抽せんの規定としまして、仮に“00組”が抽せんされたら、これを“100組”とします。宝くじの抽せん会場を見れば明らかですが、“組”のルーレット及び、電光表示は、“2ケタ分”しかありません。最初から、“00組”が抽せんされたら、“100組”する、ということです。」
「あぁ、確かにそうですね。・・・で、何のお話でしたっけ?(笑)」
番号は、100000番から199999番までの10万枚を1組です。組は、01組から100組までです。組は100組まであるわけですから、このようになりますよね。」

01組 100000番
01組 100001番
01組 100002組



01組 199999番

「そうですね。これで、10万枚ですね。」
「これが先ほどご説明しました、番号は、100000番から199999番までの10万枚を1組です。」
「はい、分かります。」
「次は、02組です。このようになりますね。」

02組 100000番
02組 100001番
02組 100002組



02組 199999番

「はい。これまた、10万枚ですね。えっと、これをずっと説明していくんですか?(笑)」
「いえいえ。最終的に、こうなりますよね。」

100組 100000番
100組 100001番
100組 100002組



100組 199999番

「そうなりますね。」
「10万枚の束(たば)が、100組分ある。10万枚×100組=1,000万枚・・・これが、“1ユニット”です。」

10万枚(100000番〜199999番)×100組=1,000万枚 → 1ユニット

「ようやく“1ユニット”に、たどり着きましたね。」
「宝くじは、1枚300円です。したがいまして、“1ユニット”は、300円×1,000万枚=30億円分になります。」
「サラリーマンの生涯収入より多いですね(笑)。」
「そして、ユニットは複数ユニットが発行されます。第624回サマージャンボ宝くじでは、“26ユニット”が発行されました。」
「780億円ですか。」
「宝くじの抽せん券には、“ユニット●”と刻まれています。●には、数字が入ります。こちらは、“ユニット26”の抽せん券です。」

「あれ?ということは、ですよ?各ユニットごとに、全く同じ“組”と“番号”があることになりますよね?」
「そうです。“組”や“番号”は同じでも、“ユニット●”が異なりますので、同じ抽せん券ではありません。」

ユニット1
01組 100000番
01組 100001番
01組 100002組



01組 199999番

 

 

02組 100000番
02組 100001番
02組 100002組



02組 199999番

 



 

100組 100000番
100組 100001番
100組 100002組



100組 199999番

ユニット2
01組 100000番
01組 100001番
01組 100002組



01組 199999番

 

 

02組 100000番
02組 100001番
02組 100002組



02組 199999番

 



 

100組 100000番
100組 100001番
100組 100002組



100組 199999番



ユニット26
01組 100000番
01組 100001番
01組 100002組



01組 199999番

 

 

02組 100000番
02組 100001番
02組 100002組



02組 199999番

 



 

100組 100000番
100組 100001番
100組 100002組



100組 199999番

「なるほど。ユニットについて、理解できました。」
「ユニット制は、初見ですと分かりづらい点もあるかと思います。正しくユニットを理解して、楽しい宝くじ生活を送りたいですね。」
「本日は、どうもありがとうございました。」
「ありがとうございました。」
スポンサード リンク