2012年12月31日(月曜日)抽せん 第633回全国自治宝くじド年末ジャンボ宝くじの組違い賞当せん条件

MENU

「第633回年末ジャンボ宝くじ」の組違い賞当せん条件

組違い賞の当せん条件は、6ケタの「番号」が、抽せんされた「1等」の当せん番号と完全一致していることが条件です。

 

組は、「01組」から「100組」どの抽せん券をお持ちでも当せんです。
第633回年末ジャンボ宝くじ組違い賞賞金は、10万円です。

 

「組違い賞」とは、1等の6ケタの「番号」が、1等の抽せん結果と完全に一致していることが条件です。
2ケタの「組」は、一切関係ありません。
2011年の第614回年末ジャンボ宝くじを例にとって見てみましょう。

 

等級

当せん金額

番号

1等

2億円

52組

124980番

1等

2億円

42組

163770番

上記、赤色の2ケタの「組」は、一切見なくても構わないのが、「組違い賞」の特徴です。

※2011年の「年末ジャンボ宝くじ」を参照。

 

6ケタの「番号」だけを確認します。

等級

当せん金額

番号

1等

2億円

52組

124980番

1等

2億円

42組

163770番

1本目124980番
2本目163770番

1等の「番号」である、上記2本のどちらか6ケタの数字に完全一致していれば、「組違い賞」に当せんです。
6ケタの「番号」は、下記の部分です。

 

6ケタの「番号」さえ1等の抽せん結果と合致していれば、「組」が「01組」から「100組」の間の抽せん券をお持ちなら、すべて「組違い賞」に当せんです。
簡単に言えば、1等の「各組共通(かくくみきょうつう)」です。
※「100組」が抽せんされることはありません。「00組」という組は存在しないため、仮に「00組」が抽せんされた場合、これを「100組」とする規定があります。

 

ポイントは、

抽せんされた1等6ケタの「番号」が、自分が購入した抽せん券の6ケタの「番号」に完全に一致していること
2ケタの「組」は、一切関係がないこと
あくまでも、1等の「番号」であること

以上の3つです。

あくまでも、1等の「番号」であること

これは、たまに勘違いされるのですが、1等は1等の「組」と「番号」があり、2等には2等の「組」と「番号」があるということです。
第614回年末ジャンボ宝くじの2等以下の「組」と「番号」」は以下ですが、

等級

当せん金額

番号

2等

1億円

37組

101799番

3等

100万円

組下1ケタ 0組

148793番

3等

100万円

組下1ケタ 0組

147297番

4等

50万円

各組共通

185170番

5等

1万円

番号:下3ケタ

330番

6等

3,000円

番号:下2ケタ

84番

7等

300円

番号:下1ケタ

9番

2等の「組」の37組には合致しておらず、「番号」の101799番に完全一致した抽せん券をお持ちで、これを「組は合っていないのですが、当せんしていますか?」とご質問されることがあります。
2等には、「2等の抽せんスタート!」として抽せんされ、2等のみの当せん条件があります。
3等以下も、同じです。
これまでのご説明は、あくまでも「1等」限定の「組違い賞」です。

 

「組違い賞」は、「1等」にしか存在しません。
厳密に言うと、「3等」は「3等の組違い賞」なのですが(3等も2ケタの「組」が関係ないため)、“2ケタの「組」を必要とする3等がないために”、「3等の組違い賞」という表現を使用していません。
だから、「1等の組違い賞」“限定”なのです。(少しややこしいご説明でしたが・・・)

 

ちなみに、“年末ジャンボ宝くじ創世記”である第164回(1980年)
実は、この時点では1等はもとより、2等~3等まで「組違い賞」が存在し、翌年第174回(1981年)まで続きました。
やがて、第184回(1982年)から、1等以外の「組違い賞」はすべて廃止された歴史があります。