2011年抽せんの口蹄疫復興宝くじ当選番号の結果発表

MENU

2011年10月27日(木)抽せんの「口蹄疫復興宝くじ」当せん番号

 

等級

当せん金額

番号

1等

3,000万円

105組

140229番

1等

3,000万円

239組

176820番

1等

3,000万円

53組

107169番

1等の前後賞

1,000万円

1等の前後の番号

1等の組違い賞

10万円

1等の組違い同番号

2等

500万円

組下1ケタ 1組

106554番

3等

100万円

各組共通

114830番

4等

10万円

番号:下4ケタ

1017番

5等

5万円

番号:下4ケタ

5951番

5等

5万円

番号:下4ケタ

2255番

6等

1万円

番号:下3ケタ

484番

7等

1,000円

番号:下2ケタ

17番

7等

1,000円

番号:下2ケタ

03番

7等

1,000円

番号:下2ケタ

29番

スポンサード リンク

※支払い期間は、2011年11月1日(火曜日)〜2012年10月31日(水曜日)までの1年間有効です。
※換金は、既に終了しております。

口蹄疫復興宝くじの発売概要

等級

当せん金額

本数

1等

30,000,000円

3本

1等の前後賞

10,000,000円

6本

1等の組違い賞

100,000円

747本

2等

5,000,000円

25本

3等

1,000,000円

250本

4等

100,000円

2,500本

5等

50,000円

5,000本

6等

10,000円

25,000本

7等

1,000円

750,000本

「口蹄疫復興宝くじ」の発売概要
発売期間:2011年10月15日(土)〜2011年10月25日(火)
抽選日:2011年10月27日(木)
(※当サイトでは抽選日当日の午後15時30分頃から速報をお伝えいたします)
販売金額:1枚200円
抽選場所:UMKテレビ宮崎スタジオ

 

九州で大きな被害をもたらした、口蹄疫被害からの復興支援!

2010年4月20日に宮城県にて初めて発生が確認されて以来、感染が日々拡大している口蹄疫。
現在までに、約29万頭の牛や豚の家畜が殺処分されています。

 

みずほ銀行主催・「口蹄疫復興宝くじ」の収益金は、口蹄疫被害を被った4県(宮崎県、熊本県、大分県、鹿児島県)の復興事業支援としての財源にあてられます。
2011年9月11日に抽選が行われた東日本大震災復興宝くじに引き続き復興支援宝くじは、今回が5例目になります。

 

震災以外での復興宝くじの開催は、今回が初の事例となる、非常に意義ある宝くじです。
「口蹄疫復興宝くじ」の1等当選金額は3千万円、1等前後賞が各1千万円、1等・前後賞合わせて5千万円の配当金を用意しています。
東日本大震災復興宝くじに比べると当選金額は変わりませんが、配当本数が10分の1とかなり少なく見積もられています。

 

ただし、「2等」は口蹄疫復興宝くじが5倍多い金額です。
「東日本大震災復興宝くじ」と「口蹄疫復興宝くじ」の比較

 

口蹄疫復興宝くじの発売総額は50億円で、収益金は経費を引いた約20億円余りが復興財源にあてられます。

 

発売期間は、2011年10月15日(土)〜2011年10月25日(火)までの10日間の期限しかなく、1枚200円と非常に安価です。
口蹄疫復興宝くじ当選番号は、2011年10月27日(木)宮城県にて抽選されます。
九州の口蹄疫被害への復興支援のためにも是非、お買い求め下さい。

「口蹄疫復興宝くじ」の編集後記(宝くじメモ)

口蹄疫復興宝くじの売れ行き状況と現実

今回の宮崎、熊本、大分、鹿児島を支援とする、口蹄疫復興宝くじの売れ行きは、非常に芳しくなかったようです。
発行総額が50億円に対し、全体の売り上げは合計23億7千万円に留まりました(47.5%)。

 

原因は、国民の口蹄疫に対する関心が薄れたこと、2011年3月11日(金曜日)に東日本大震災が発生し、多くの国民の意識がそちらに向いてしまったことが挙げられます。
ただ、PR不足という側面も否めません。
東日本大震災復興宝くじ2011はテレビCMも放映され、インターネット上でも多少の話題となりました。

 

今回の口蹄疫くじは、電波CMを介しての宣伝はなく、口蹄疫への関心も薄れている中で、認知不足が否めなかった感がかなりありました。
やはり、テレビコマーシャルを媒体とした宣伝活動は、テレビ離れが叫ばれている中でも、圧倒的なマーケティング手法のひとつのようです。

 

しかし、テレビCMを放映することで費用対効果が弱まり、経費を圧迫する面がありますので、ここは難しいところです。
“今回の復興宝くじの最終目的は何なのか?”を考えれば、尚更のことです。
売り上げの23億円の中から、配当金と経費を差し引いた約10億9千万円が、各地域に分配されます。

 

復興宝くじを増やそう

先日2011年10月27日(木)に、口蹄疫復興宝くじの抽選がUMKテレビ宮崎スタジオで行われました。

 

東日本大震災の余波がまだ冷め止まぬ中、九州でも大問題となった口蹄疫問題。
宝くじを通じて復興支援されるのは非常に喜ばしいことなので、こういった機会をどんどん作って頂きたいと思います。

 

口蹄疫復興宝くじ

2010年4月に発生した宮城県の口蹄疫被害の復興支援をする「口蹄疫復興宝くじ」が発売されます。

 

発売日は、2011年10月15日(土)から全国一斉発売開始となり、2011年10月25日(火)が締切日です。
抽選日は、2011年10月27日(木)宮城県で当選番号の抽選が行われます。
是非、チェックしてみて下さい。

 

「ジャンボ宝くじ」&「ジャンボミニくじ」&「4ブロックくじ」抽せん結果一覧

初夢宝くじ 2016年1月14日(木曜日)抽せん

初夢宝くじ 2015年1月09日(金曜日)抽せん

初夢宝くじ 2014年1月09日(木曜日)抽せん

初夢宝くじ 2013年1月10日(木曜日)抽せん

初夢宝くじ 2012年1月12日(木曜日)抽せん

初夢宝くじ 2011年1月13日(木曜日)抽せん

新春運だめしくじ 2016年2月04日(木曜日)抽せん

新春運だめしくじ 2015年1月29日(木曜日)抽せん

新春運だめしくじ 2014年1月30日(木曜日)抽せん

春きらきらくじ 2016年4月04日(月曜日)抽せん

春きらきらくじ 2015年3月31日(火曜日)抽せん

春きらきらくじ 2014年3月25日(火曜日)抽せん

春きらきらくじ 2013年3月28日(金曜日)抽せん

春きらきらくじ 2012年3月29日(木曜日)抽せん

春きらきらくじ 2011年3月29日(火曜日)抽せん

春爛漫くじ 2016年4月14日(木曜日)抽せん

春爛漫くじ 2015年4月16日(木曜日)抽せん

春爛漫くじ 2014年4月17日(木曜日)抽せん

春爛漫くじ 2013年4月18日(木曜日)抽せん

春爛漫くじ 2012年4月19日(木曜日)抽せん

春爛漫くじ 2011年4月14日(木曜日)抽せん

秋のビッグチャンスくじ 2015年11月12日(木曜日)抽せん

秋のビッグチャンスくじ 2014年11月06日(木曜日)抽せん

冬のビッグチャンスくじ 2013年1月31日(木曜日)抽せん

冬のビッグチャンスくじ 2012年2月2日(木曜日)抽せん

冬のビッグチャンスくじ 2011年2月10日(木曜日)抽せん

夏・キラキラくじ 2014年8月14日(木曜日)抽せん

夏・キラキラくじ 2013年8月29日(木曜日)抽せん

夏・キラキラくじ 2012年8月30日(木曜日)抽せん

夏・キラキラくじ 2011年9月11日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2016年7月07日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2014年7月04日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2013年11月07日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2013年7月04日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2012年11月01日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2012年7月10日(火曜日)抽せん

春のビッグボーナスくじ 2010年3月29日(月曜日)抽せん