2013年3月15日(金)抽せんの第636回グリーンジャンボ宝くじ当選番号・抽選結果

2013年3月15日(金)抽せんの「第636回グリーンジャンボ」当せん番号

 

「グリーンジャンボ宝くじ(第636回全国)」の当せん番号発表!

等級

当せん金額

番号

1等

3億5千万円

03組

124332番

1等の前後賞

1億円

1等の前後の番号

1等の組違い賞

10万円

1等の組違い同番号

2等

1,000万円

83組

187348番

2等

1,000万円

40組

113043番

2等

1,000万円

30組

185583番

2等

1,000万円

60組

175872番

3等

100万円

各組共通

168756番

4等

5万円

番号:下4ケタ

6334番

5等

1万円

番号:下3ケタ

546番

6等

3,000円

番号:下2ケタ

19番

7等

300円

番号:下1ケタ

1番

スポンサード リンク

 

※支払い期間は、2013年3月21日(木)〜2014年3月20日(木)までの1年間有効です。

「第636回グリーンジャンボ宝くじ」 1等の前後賞について

お問い合わせが多い、「1等の前後賞」を掲載いたします。

03組 124332番→「前賞」124331番 「後賞」124333番

前提として、2ケタの「組」が一致していることが「前後賞」の条件です。
※“2ケタの「組」”とは、「03組」のことです。

 

ポイントは、「下1ケタ(しも ひとけた)」の番号が前後になっていることです。

 

一番右の数字が、「下1ケタ」です。

 

勘違いしてはいけないのは、124322番124342番・・・これは、前後賞ではありません。
124322番124342番、「下2ケタ」が前後になってしまっているからです。

 

「第636回グリーンジャンボ宝くじ」の1等の「番号」の場合、

124329番→124330番→124331124332番(1等の当せん番号)→124333→124334番→124335番→124336番・・・

・・・と、数字が流れています。

 

「下1ケタ」の詳細は、下1ケタとはをご覧ください。
「前賞」と「後賞」は、各1億円。「前後賞」合わせて賞金2億円になります。
ご当選されたあなた、おめでとうございます。

「第636回グリーンジャンボ宝くじ」 の各等級別・抽選時間帯

2013年3月15日(金曜日)、1等前後賞合わせて5億5千万円が当たる「グリーンジャンボ2013(第636回全国自治宝くじ)が抽選されました。

 

今回は「NHK・BSプレミアム」にて生放送が当日の午後12時35分から予定されていました。当サイトでは、実際に抽選会場の現場に足を運び入れ、会場の雰囲気や有名人の姿、抽選構成などを調査しています。
宝くじの抽選開始時間帯(末等)は、このテレビ中継の時間によって調整されています。

 

2013年のグリーンジャンボでは、正午の12時丁度に抽選がスタート(開演は11時45分から)。
12時02分、7等が確定。12時04分、6等が確定。12時05分、5等が確定。12時07分、4等が確定しました。
そこから小休憩。この辺りで、28分後のテレビ中継を微妙に調整しています。司会の風見雅章アナウンサーはお年をめしていますが、時間配分は絶妙に上手い方です。

 

再び、12時15分に3等の当選番号が確定しました。
ここから、18分、20分、22分、24分・・・と、2分刻みでリズム良く2等が抽選されていきます。要するに、放送開始10分前にはメインディッシュ(1等)のみを放送しようという腹づもりです。
そして、12時35分の放送より、視聴者が1等の抽選を見守るだけになるので、上手い演出と言えます。

 

1等の抽選結果は、「124332番」に決定。

1等の抽選では、「十万の位(結果:2)」はクミコさん、「千の位(結果:4)」は川口淳一郎さんが発射矢のボタンを押しました。
1等の抽選時、「百の位」の矢が発射しないトラブルがあり、風車盤に刺さりませんでした。再度抽選をし直し、結果「3」が決定しました(番号結果「124332番」)。

 

「年末ジャンボ宝くじ(第633回全国自治宝くじ)」も、末等(6等)の確定時間が12時02分でしたので、小休憩や小話を挟みながら、生中継の1等に備えるという抽選構成になっています。
余談ではございましたが、何かのご参考になれば幸いです。 (by 管理人)

「第636回グリーンジャンボ宝くじ」 の「入場整理券」について

2013年の「グリーンジャンボ宝くじ(第636回全国自治宝くじ)」は、神奈川県相模原市にある「グリーンホール相模大野」にて抽選されます。
一般に、「全国通常宝くじ」と呼ばれる「グリーンジャンボ」、「オータムジャンボ」は地方都市で開催されます。
これら宝くじの「入場整理券」を手に入れるのは容易で、みずほ銀行直営売り場であれば、無料で置いてあります。
相模原市で抽選される「グリーンジャンボ2013」の入場整理券をゲット!

 

今回の特別ゲストは、宇宙科学研究所所長の川口淳一郎さんの講演が開催されます。
そして、「NHK紅白歌合戦」の出場歌手でもある、シャンソン歌手のクミコさんの熱唱コンサートも開催。
※尚、2013年6月に開催されるドリームジャンボ2013(第641回全国自治宝くじ)の抽選会場で“生の抽選”を楽しく観ながら、1万5千円+αのお金を稼ぎたいあなたは、抽選会場のアルバイトよりお申込みください(東京都内にご在住の方限定です)。
※「ドリームジャンボ」の抽選会場では、毎回ビッグな有名人や宝塚歌劇団の方々がご出演されます。ご興味のあるあなたは、どうぞご参加ください。

 

「グリーンジャンボ2013(第636回全国自治宝くじ)」は、2013年3月15日(金曜日)の午後12時35分から12時45分までの10分間、「NHK・BSプレミアム」にて生中継されます。
当サイトは、抽選日当日の午後12時02分頃(7等〜)から、速報でリアルタイム更新をする予定です。テレビ中継よりも速い速報にご期待ください。
あなたの1等前後賞合わせて5億5千万円の当選を、心から祈っております。

「第636回グリーンジャンボ宝くじ」の当せん条件一覧

等級

「組」と「番号」

当せん条件

1等

●●組

1●●●●●番

2ケタの「組」6ケタの「番号」が、1等の抽せん結果と完全一致。

1等の前後賞

●●組

1●●●●

2ケタの「組」が、1等の抽せん結果と完全一致。6ケタの「番号」の下1ケタ目が、数字の前後になっていることが条件。詳しくはこちらです。

1等の組違い賞

各組共通

1●●●●●番

6ケタの「番号」が、1等の抽せん結果と完全一致。「組」は関係ありません。詳しくはこちらです。

2等

●●組

1●●●●●番

2ケタの「組」と6ケタの「番号」が、2等の抽せん結果と完全一致。

3等

各組共通

1●●●●●番

6ケタの「番号」が、3等の抽せん結果と完全一致。「組」は関係ありません。

4等

下4ケタ

●●●●番

下4ケタの「番号」が、4等の抽せん結果と完全一致。「組」は関係ありません。

5等

下3ケタ

●●●番

下3ケタの「番号」が、5等の抽せん結果と完全一致。「組」は関係ありません。

6等

下2ケタ

●●番

下2ケタの「番号」が、6等の抽せん結果と完全一致。「組」は関係ありません。

7等

下1ケタ

●番

下1ケタの「番号」が、7等の抽せん結果と完全一致。「組」は関係ありません。

※「1●●●●●番」の一番左(下6ケタ)、十万の位は、「1」で固定されています。
※3等以下は、「組」は関係ありません。
※1等と3等から7等までは各1回、抽選されます。
2等は4回抽選されることにご注意ください。

2013年(平成25年)のグリーンジャンボ2013最新情報

2013年のグリーンジャンボ宝くじは、1等前後賞合わせて5億5千万円です。

 

これは、2012年の「第617回東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじ」の1等前後賞合わせて5億円よりも、5千万円も増額しています。
1等の賞金は昨年より5千万円ダウンしましたが、前後賞が1億円と大きく増額され、グリーンジャンボ宝くじ史上前代未聞の1等前後賞合わせて5億5千万円となりました。

 

第617回グリーンジャンボ宝くじの賞金と本数とユニット数

等級

当せん金額

本数

1等

300,000,000円

22本

1等の前後賞

100,000,000円

44本

※本数は22ユニットの場合

 

2012年3月23日(金曜日)抽選の第617回グリーンジャンボ宝くじ結果

等級

当せん金額

番号

1等

3億円

86組

113909番

1等の前後賞

1億円

1等の前後の番号

「第636回グリーンジャンボ宝くじ」は、17ユニット(510億円)の発行です。
「第617回グリーンジャンボ宝くじ」は22ユニットでしたので、やや減少しました。
昨年との大きな違いは、今回のグリーンジャンボ2013は、復興支援宝くじではない点です。

 

詳しい情報につきましては判明次第、随時公開して参ります。
あなたの“5億5千万円生活”を、心より祈っております。

「第636回全国自治宝くじ グリーンジャンボ宝くじ」発売概要

等級

当せん金額

本数

1等

350,000,000円

17本

1等の前後賞

100,000,000円

34本

1等の組違い賞

100,000円

1,683本

2等

10,000,000円

68本

3等

1,000,000円

1,700本

4等

50,000円

17,000本

5等

10,000円

170,000本

6等

3,000円

1,700,000本

7等

300円

17,000,000本

※本数は17ユニットの場合
※「グリーンジャンボ宝くじ 下ケタ当選番号の見方」は、こちらです。

グリーンジャンボ史上最高額! 1等前後賞5億5千万円!

「第636回グリーンジャンボ宝くじ」の発売概要
発売期間:2013年2月14日(木)〜2013年3月8日(金)
抽選日:2013年3月15日(金)
抽選会場:グリーンホール相模大野(神奈川県)
販売金額:1枚300円

 

2013年の春よ、来い!「グリーンジャンボ」の開幕だ!

春近し2013年の3月、「グリーンジャンボ宝くじ」が、3月14日(木)から発売開始となった。2012年は「東日本大震災復興支援宝くじ」として、1等前後賞合わせて5億円という史上最高金額(当時)として大きな話題を呼んだ。更には、国民的男性アイドル、スマップの木村拓哉さんが後任でテレビCMに出演し、多くの“ゴオクエンジャー”を誕生させた。そして年が明けた平成25年、「第636回全国自治宝くじ グリーンジャンボ宝くじ」は、1等賞金3億5千万円、前後賞が各1億円、合わせて5億5千万円という、“グリーンジャンボ史上最高金額”を引っさげての登場だ。

 

「第636回グリーンジャンボ」の販売期間は、2013年3月8日(金)までの23日間販売される。5億5千万円のチャンスをお見逃しなく。

 

グリーンジャンボ史上最高額、1等前後賞5億5千万円!

2013年のグリーンジャンボ宝くじは、1等が3億5千万円と5千万円アップ。前後賞の賞金は2012年3月のグリーンジャンボ(第617回全国自治宝くじ)と変わりません。しかし、2012年22ユニットに対して、2013年は17ユニットの発行。やや少なめに見積もっています。昨年の“5億円”はインパクト充分でしたが、2012年12月大晦日の年末ジャンボ(第633回全国自治宝くじ)が6億円でしたので、大きな衝撃は薄いでしょう。主催元のみずほ銀行としては、6月のドリームジャンボ(第641回全国自治宝くじ)で賞金を一旦下げて、8月のサマージャンボ(第644回全国自治宝くじ)で「当選金付証票法改正案」(1枚辺りの販売金額の250万倍)を最大限に利用する戦略を練っていることが考えられます。そうであっても、“グリーンジャンボ2013”の5億5千万円は高額賞金であることには変わりありません。
2012年(平成24年)と2013年(平成25年)の配当金を比較します。
本数と配当金の比較表

 

本数は共に、2012年22ユニット、2013年17ユニットの場合。前後賞から2等までの配当金は変わりません。ユニット数、配当金に対する本数の差異があるだけで、昨年とあまり変わりません。事実上、スポットライトを浴びる“1等3億5千万円”を狙う以上の旨味はない模様です。中間等級は他のジャンボ宝くじと同じく、期待できません。1等の賞金は1億5千万円程度で良いので、中間等級の確率や全体の還元率を上げてほしいものです。例によって、2013年は2等1,000万円が68本ですので、4回抽選されます(17ユニット×4回=68本)。他はすべて、1回のみの抽選です。昨年同様、ユニットの増刷があるかどうか見ものです。

 

「第636回グリーンジャンボ宝くじ」の当選確率は、以下です。

等級

当せん金額

本数

1等

350,000,000円

1,000万分の1

1等の前後賞

100,000,000円

500万分の1

1等の組違い賞

100,000円

101,010分の1

2等

10,000,000円

250万分の1

3等

1,000,000円

10万分の1

4等

50,000円

1万分の1

5等

10,000円

1,000分の1

6等

3,000円

100分の1

7等

300円

10分の1

2001年(平成13年)以降の1等の「組」と「番号」

年代

抽せん回

番号

2013年

第636回

03組

124332番

2012年

第617回

86組

113909番

2011年

第599回

89組

149619番

2010年

第577回

10組

161375番

2009年

第554回

04組

180918番

2008年

第535回

65組

161649番

2007年

第516回

53組

195360番

2007年

第516回

11組

129350番

2006年

第502回

81組

190972番

2006年

第502回

31組

121916番

2005年

第488回

47組

162851番

2005年

第488回

17組

120997番

2004年

第470回

40組

144828番

2004年

第470回

60組

111288番

2003年

第453回

42組

116978番

2003年

第453回

32組

170751番

2002年

第440回

22組

104292番

2002年

第436回

59組

141209番

2001年

第418回

76組

132117番

2001年

第418回

22組

144535番


「グリーンジャンボ」は第516回(2007年)以前、1等が2回以上抽選されている年がほとんどですので、必然的に引っ張り数字が多い傾向にあります。「年末ジャンボ」とは対極的に「7」の出現率が少なく、代わりに「1」の数字が目立ちます。直近13年間では、下5ケタの「5」、下4ケタの「7」が未出現数字です。下2ケタのみ、引っ張り数字がありません。過去3年間、下4ケタと下1ケタのは、奇数のみ出現です。さすがに4年連続の奇数は考えずらいです。下1ケタは未出現数字の「3」を避けて、出現間隔が12年も空いている偶数の「4」が狙いどころでしょうか。下4ケタは未出現数字の「7」を避けて、出現間隔が12年も空いている「4」が狙いどころでしょうか。

グリーンジャンボ宝くじの予想番号ベスト3

西暦2000年以降の“数字の平均化” から見た!「第636回グリーンジャンボ」予想番号 ベスト3!

27組 157083番 ※未出現数字「5」、「7」を軸に、出現間隔から予想。

 

28組 157433番 ※1位の二番手候補。

 

94組 157523番 ※「組」の「4」は、偶数傾向にあることを考慮。

 

※下6ケタ(十万の位)は、「1」で固定されています。

 

前回の「第633回年末ジャンボ宝くじ」結果分析

2013年の「グリーンジャンボ予想(番号編)」について

「下1ケタ」は西暦2000年以降、「3」が未出現です。しかし、“出ない数字は徹底的に出ない”の思考であれば、出現間隔が空いている「4」も狙い目でしょう。「下2ケタ」で最も出現間隔が空いているのは「3」です。第418回(2001年)以来、12年間は音沙汰なしの数字。昨年は偶数の「0」でしたが、直近では奇数の勢いが強い傾向です。「下3ケタ」は、同年の数字の数珠つなぎが頻発しています。「3」、「6」、「8」、「9」・・・これらの傾向が顕著に表れているケタです。問題は、“この流れを踏襲するか?”、“第453回(2003年)以前のように数字が分散するか?”が、予想の分かれ道です。分散すれば、「予想番号ベスト3」のような構成になると考えます。「下4ケタ」は近年、奇数の出現率が圧倒的に多いです。この傾向から、未出現数字の「7」を予想に加えるのは自然な流れかもしれません。ただ、「0」と「1」が等間隔で出現している辺り、押さえるべき数字が多いのも事実です。

 

「番号」の結果と予想の差異について

特徴のひとつは、「組」から「番号」まで、「3」の出現率が高かったこと。「番号」では、下2ケタ、下3ケタが「3」でした。下2ケタは予想通りで、“数字の平均化”を表しています。最も出現間隔が開いているのは「8」か「3」(共に第418回の2001年以来)。後は、奇数か偶数かは運次第・・・。やはりグリーンジャンボは、「7」の出現率が圧倒的に低いクジだと分かりました。下3ケタの「3」は第577回(2010年)にも出現済みで、第516回(2007年)では同年抽選で2連続出現を果たしている数字。故に、頻出過ぎる数字として除外していました。ただ、第516回(2007年)以前に全く出現していない反動が、直近の頻出を表しているのかもしれません。下4ケタ、下5ケタ共に、“出る数字は徹底して出る”流れに。この2つのケタは今後も、「5」と「7」を避けて行けば問題ないと考えます。

 

「組」の結果と予想の差異について

“下2ケタの圧倒的に偶数寄り”は、第636回も踏襲されました。予想では「2」が出現間隔の空いている数字としました。他は「6」も考えられましたが、第554回(2009年)に出現済みの「0」が出ました。偶数では、最も予測しづらい数字。下1ケタは各年の数字が分散しており、最初から手のつけどころが難しいケタ。「3」は、第516回(2007年)以来の6年ぶり出現でした。

 

「第636回」の全体を通して

下5ケタ〜下3ケタまで、過去の出現率の高い数字がリサイクルのように出現した形になりました。そして、2012年からの引っ張り数字はなし。2014年(平成26年)グリーンジャンボの1等抽選回数は現時点では不明ですが、第535回(2008年)の1等1回抽選になって以来、「9」しか引っ張っていないので、「24332」候補から除外してもいいかもしれません。また、下2ケタが過去14年間は引っ張り数字が皆無なので、2013年の流れを踏襲するならば、2014年は予想しやすいかもしれません。

 

↓支払い期限が、2013年3月27日(水)に迫っている宝くじ
第617回グリーンジャンボ宝くじ(2012年3月23日金曜日抽選分)
※2013年(平成25年)の3月下旬に、「第617回年グリーンジャンボ宝くじ」の抽選券は無効化され、紙くず同然となります。今一度、当選番号をご確認ください。
※「グリーンジャンボ(第617回全国自治宝くじ)」換金期間は、終了いたしました。

人気ページ一覧

抽せん会場「東京宝塚劇場」の全貌を公開

ドリームジャンボ史上最高額!1等前後賞合わせて5億5千万円で盛り上がった「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」「ドリームジャンボミニ5000万(第661回全国自治宝くじ)」
抽せん会場となった「東京宝塚劇場」の全貌を公開。抽せん開始から終了までを詳細レポート!

富山県の高額当せん売り場!太郎丸チャンスセンター

高額当せん宝くじ売り場は、「西銀座チャンスセンター」だけではない!
地方にだって負けず劣らずの超絶売り場は存在する。
今回は、北陸は越中富山の人気売り場「太郎丸チャンスセンター」をご紹介。
地元新聞でも話題になった「年末ジャンボ」でビッグ当せんを果たした“小さな売り場”を詳細レポート!

西銀座チャンスセンターは、日本一の行列売り場

知名度では全国ナンバーワンの「西銀座チャンスセンター」。
ジャンボ宝くじ発売期間中の長蛇の列は、もはや銀座の街に溶け込んでいる・・・。
近頃の高額当せん実績はやや下火になっているものの、それでも北は北海道から南は沖縄まで宝くじファンが押し寄せる。
日本有数のマンモス売り場、「西銀座チャンスセンター」をレポート。

上野・御徒町といえば!御徒町駅前センター

東京の観光地のメッカ「アメ横丁」で名を馳せる売り場といえば、「御徒町駅前センター」。
その真っ赤な外装は、宝くじファンでなくとも足を止めてしまうインパクトを持っている派手な売り場。しかも高額当せん実績も派手となれば、ココで買わない理由が見当たらないというもの。
マスコミ登場回数多数!御徒町のトップに君臨する「御徒町駅前センター」をレポート。

「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」のユニット増刷情報!

1等前後賞合わせて5億5千万円の「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」の抽せんが終了。
“1億円宝くじ”が幕を閉じて、今期より従来型の3億円宝くじとなった歴史の長いドリームジャンボ宝くじ。
23ユニット(690億円)を目標に掲げた初夏のジャンボくじは、一体どれくらい売れたのでしょうか?

宝くじの発売でよく見かける「ユニット」。
いつもはスルーしてしまう“ユニット制の概念”を、ここで整理しておこう!
そもそも、“ユニット”とは何なのか?何のためにユニット制を設けているのか?ユニットの増刷って?
宝くじの「ユニット」に関する疑問を、会話形式で解説。

赤坂ACTシアターの抽せん会場に潜入

「年末ジャンボ宝くじ」の抽せん会場といえば、「赤坂ACT(アクト)シアター」。
大晦日の12月31日に、抽せん会場に潜入!当せん番号のリアルタイムに挑む!
・・・しかし、思わぬトラブルが巻き起こり、ファンの方々にご迷惑をおかけした悲惨な会場レポート・・・。
もう、リアルタイム更新は無理なのか。


年末ジャンボの発売日 年末ジャンボミニ7000万の発売日 秋のビッグチャンスくじの発売期間 オータムジャンボの結果