平成24年3月23日(火)抽せん グリーンジャンボ宝くじ(第617回全国)当せん番号

MENU

2012年3月23日(火)抽せん「グリーンジャンボ(第617回全国)」当せん番号

 

2013年3月抽せん「グリーンジャンボ宝くじ(第617回全国)」当せん番号

等級

当せん金額

番号

1等

3億円

86組

113909番

1等の前賞

1億円

86組

113908番

1等の後賞

1億円

86組

113910番

1等の組違い賞

10万円

各組共通

113909番

2等

1,000万円

68組

145701番

2等

1,000万円

61組

193990番

3等

500万円

組下1ケタ 9組

149100番

4等

100万円

各組共通

129481番

5等

1万円

番号:下3ケタ

091番

5等

3,000円

番号:下2ケタ

31番

7等

300円

番号:下1ケタ

9番

スポンサード リンク

※支払い期間は、2012年3月28日(水曜日)〜2013年3月27日(水曜日)までの1年間有効です。

グリーンジャンボ(第617回全国)の当せん番号を、等級ごとに分析しています。

 

第617回全国自治宝くじ グリーンジャンボ宝くじ当選番号の見方

各等級別に「グリーンジャンボ宝くじ当せん番号の見方」を解説しております。

グリーンジャンボ(第617回全国)当せん番号の見方

過去11年間の「グリーンジャンボ」 1等の「組」と「番号」

年代

抽せん回

番号

2012年

第617回

86組

113909番

2011年

第599回

89組

149619番

2010年

第577回

10組

161375番

2009年

第554回

04組

180918番

2008年

第535回

65組

161649番

2007年

第516回

53組

195360番

2007年

第516回

11組

129350番

2006年

第502回

81組

190972番

2006年

第502回

31組

121916番

2005年

第488回

47組

162851番

2005年

第488回

17組

120997番

2004年

第470回

40組

144828番

2004年

第470回

60組

111288番

2003年

第453回

42組

116978番

2003年

第453回

32組

170751番

2002年

第436回

22組

104292番

2002年

第436回

59組

141209番

2001年

第418回

76組

132117番

2001年

第418回

22組

144535番

結果分析

2012年のグリーンジャンボ宝くじ(第617回全国自治宝くじ)の1等当選番号が決定しました。
「組」が86番。「番号」が113909番。
「組」の下2ケタが、昨年より引っ張りました。未出現の「9」は、今回も出現しませんでした。
「組」の下1ケタは、過去10年間のうち2回出現の「9」でした。「8」は、今回も出現しませんでした。
下1ケタと下2ケタの未出現数字が、各々出現した格好になります。

 

「番号」の十万の位(下6ケタ)は、すべて「1」で統一。
「番号」の一万の位(下5ケタ)は、直近11年では珍しく「1」でした。未出現数字は、「5」です。
「番号」の千の位(下4ケタ)は、ここ10年では未出現だった「3」が抽選されました。1等当選番号では珍しく、今回の宝くじでは、「4」の出現がありません。下4ケタは、「7」、「8」が未だ未出現です。
「番号」の百の位(下3ケタ)は、最多の5回出現中だった「9」が再び出現。下3ケタでは、スタンダードな印象を植えつけている数字なので、今後もご注意下さい。「4」、「0」は、未出現数字です。
「番号」の十の位(下2ケタ)は、「0」が出現。この下2ケタの予想は、極めて難しいです。数字に偏りがなく、全数字が満遍なく出現しています。
「番号」の一の位(下1ケタ)は、比較的出現が多い「9」が出現。前回から引っ張りました。若干、引っ張る傾向のあるケタです。

 

※データは、過去10年間を参考にしております。

 

グリーンジャンボ宝くじ2012の傾向と対策

2007年のグリーンジャンボ宝くじ以前は、1等が2本抽選されていました。
「組」の下1ケタは、「0」、「1」、「2」が各3回。「7」、「9」が各2回。「3」、「4」、「5」、「6」が各1回。
「8」だけが、ここ10年では一度も出現がありません。“数字の平均化”を考えて、2012年に出現するかどうか。「組」の下1ケタに「8」を押さえ数字としてとして購入し、各1回しか出現していない「3」〜「6」を“勝負数字”するか。各3回と出すぎている「0」〜「2」をバッサリ切り捨てるか。「1」と「2」だけは、翌年のグリーンジャンボの下1ケタに引っ張っている回があります。それ以外の数字では、それが見受けられません。1等が2本抽選されるのを「2回」と数えて、上記18回分の下1ケタでは、「偶数」が9回、「奇数」が9回と拮抗しています。

 

「組」の下2ケタは、「1」、「4」が各3回。「2」、「5」、「6」が各2回。「0」、「7」、「8」が各1回。「9」だけが、ここ10年では一度も出現がありません。全体的に、「1」〜「6」の間に集まっている傾向があります。「9」の出現が皆無なので、これも“数字の平均化”を考慮して予想する手もありそうです。下1ケタではあまり見受けられなかった「4」が、比較的多く出現している印象です。1等が2本抽選されるのを「2回」と数えて、上記18回分の下2ケタでは、「偶数」が10回、「奇数」が8回とやや偶数に軍配が上がります。

 

「番号」の十万の位(下6ケタ)は、すべて「1」で統一。

 

「番号」の一万の位(下5ケタ)は、「4」が最多の4回。「2」、「6」が各3回、「1」、「9」が各2回、「3」、「7」、「8」、「0」が各1回。「5」だけが、ここ10年では出現していません。

 

「番号」の千の位(下4ケタ)は、「1」が最多の5回出現。「0」が4回、「4」が3回、「2」、「9」が各2回、「5」、「6」が各1回。「3」、「7」、「8」がここ10年では出現がありません。一万の位に比べて、数字の多寡が分かりやすい傾向にあります。ここまで総じて、「4」の出現数が平均して多いのも特徴でしょう。

 

「番号」の百の位(下3ケタ)は、「9」が最多の5回出現。「3」が3回、「2」、「6」、「8」が各2回、「1」、「5」、「7」が各1回。「4」、「0」がここ10年では出現がありません。千の位まで圧倒的に出現率の高かった「4」が、百の位では陰りを見せています。

 

「番号」の十の位(下2ケタ)は、「1」が最多の4回出現。「5」、「7」が各3回、「9」が2回、「2」、「3」、「4」、「6」、「8」、「0」が各1回。百の位まで偏りのあった数字群が、十の位では全数字が出現しています。

 

「番号」の一の位(下1ケタ)は、「8」が最多の4回出現。「9」が3回、「1」、「2」、「5」、「0」が各2回、「6」が1回。「3」、「4」がここ10年では出現がありません。十の位まで低い水準を保っていた「8」が、一の位(末尾)では出現率が高いのが特徴です。一の位は、確実に末等を取る重要なポジションです。

 

「宝くじ売り場」では、番号の“指定買い”が可能です。チャンスセンターの販売員に申し出て下さい。ただやみくもに用意された番号を買うだけでなく、過去のデータと睨み合わせて、損をしないグリーンジャンボを買いましょう。

 

※「〜の位」とは「149619番」を例に取ると、以下のような配置になっています。

 

 

※「数字の平均化」とは、短期的に見ればある数字に偏りが見られる現象も、長期的に見れば徐々にすべての数字に満べんなく散らばっていくことです。
例えば、「3」という数字が極めて短期的に見れば数珠つなぎで出現したとしても、30回、50回、100回・・・と抽選を重ねていくうちに、「1」、「2」、「4」、「5」・・・と、“3以外の数字”も平均的に出現します。連続して「3」が出現したとしても、“3以外の数字”に徐々に散らばろうとするからです。
10回抽選程度の総出現数を数えた時、「3」がダントツの8回出現を誇ったとしても、100回抽選になる頃には、「0」〜「9」が各10回ずつ分散して出現しています(多少の偏りはあります)。
上記グリーンジャンボ宝くじ当選番号を例に取れば、「4」が連続的に出現しているのならば、一定の境界線から“4以外の数字”が現れ、「0」〜「9」まで満べんなく散らばります。
数字の予想はここが難しいところで、「“4”が連続して出現しているならば次回以降もまだまだ“4”が出現するだろう」と捉えるか、「“4”はあまりにも出現し過ぎているから“4”以外の数字が出現するだろう」と捉えるか。個々人により判断が分かれるところです。

「第617回東日本大震災復興支援グリーンジャンボ」の発売概要

等級

当せん金額

本数

1等

300,000,000円

22本

1等の前後賞

100,000,000円

350本

1等の組違い賞

100,000円

2,178本

2等

10,000,000円

44本

3等

5,000,000円

220本

4等

1,000,000円

2,200本

5等

10,000円

220,000本

6等

3,000円

2,200,000本

7等

300円

22,000,000本

※本数は22ユニットの場合

遂に始動!今年の「復興宝くじ」は1等前後賞5億円!

※当サイトでは、抽せん日時間帯の午後12時35分頃から速報をお伝えいたします。

「第617回東日本大震災復興支援グリーンジャンボ」の発売概要
発売期間:2012年2月14日(火)〜2012年3月14日(水)
抽せん日:2012年3月23日(金)
(※当サイトでは抽せん日当日の午後12時35分頃から速報をお伝えいたします)
抽せん会場:仙台市泉文化創造センター(イズミティ21)
販売金額:1枚300円
支払い期間:2012年3月28日(水)から1年間有効

「東日本大震災復興支援グリーンジャンボ」の等級別確率

等級

当せん金額

当せん確率

1等

300,000,000円

10,000,000分の1

1等の前後賞

100,000,000円

5,000,000分の1

1等の組違い賞

100,000円

101,010分の1

2等

10,000,000円

5,000,000分の1

3等

5,000,000円

1,000,000分の1

4等

1,000,000円

100,000分の1

5等

10,000円

1,000分の1

6等

3,000円

100分の1

7等

300円

10分の1

復興支援としてのグリーンジャンボ宝くじ

2012年の第617回グリーンジャンボ宝くじは、「東日本大震災復興支援」として発売。
1等前後賞合わせて5億円は、昨年の2.5倍の当せん金額を誇り、1等以下の等級の配当本数も増幅しています。
昨年度における「春ワクワク賞」などの特別賞はありませんが、1999年の第393回ドリームジャンボ宝くじが1等2億円に増額されて以来、実に12年ぶりの「当せん金付証票法」の改正により実現しました。

 

グリーンジャンボ、東日本大震災復興宝くじ関連の配当本数比較

 

「東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじ」の発売予定額660億円で、この内の収益金は288億円を予定。
ここから88億円が、東日本大震災で被害に遭われた9県2指定都市(青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、千葉県、長野県、新潟県、仙台市、千葉市)に分配され、震災の復興財源事業に役立てられます。
1等前後賞で史上最高額の5億円の大きな夢を見ることができ、東日本大震災で被害に遭われた被災地を財政の面から支援することができる、今回の第617回全国自治宝くじグリーンジャンボ宝くじ2012。
そして2013年以降は、1等7億5千万円(前後賞を合わせると10億円規模)の宝くじが誕生する“ジャンボ”に乞うご期待。

 

※重要! 昨年度の「グリーンジャンボ2011」をご確認ください!

 

2011年6月末の時点で、総額9億5000万円分が未換金になっていると公式に発表されています。
「第599回グリーンジャンボ宝くじ」の支払期限が、2012年3月末に迫っています。
支払い期限は、2012年3月21日(火曜日)です。
この期限以降の換金は、いかなる理由の場合でも出来ませんのでご注意ください。
昨年度のグリーンジャンボ当せん番号は、下記よりご確認頂けます。

 

支払い期限:2012年3月21日(水曜日) ※換金期間は終了しました。

第599回全国自治宝くじ グリーンジャンボ宝くじ

5万円以下の配当金は、最寄りの宝くじ売り場で当せん券を提出してすぐに換金できます。照合間違いの可能性もありますので、今すぐ上記の抽せん結果をご確認ください。

「第617回グリーンジャンボ2012」の編集後記(宝くじメモ)

 

売れ行き

今回の宝くじの総売り上げは、1,102億円と想定売り上げの660億円を1.7倍も上回る盛況ぶりでした。
SMAPの木村拓哉さんのCM効果も相まってか、初の“5億円宝くじ”とあって、宝くじ売り場はどこも列をなすほどの盛況でした。
いつもなら比較的年配層のサラリーマンや主婦層の方々がチャンスセンターに足を運ぶところを、かなり若い女性の姿が目につきました。これも、“キムタク効果”のひとつだったのかもしれません。
今回の宝くじの売り上げから、150億円の収益金が東日本大震災の被災自治体の復興財源に充てられることになります。

 

第617回東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじ 抽選結果決まる

第617回全国自治宝くじ 東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじが2012年3月23日(金)に、仙台市のイズミティ21で抽選されました。この抽選会場も震災当時、天井が落ちて崩れて、昨年暮れにようやく修繕工事が行われたといいます。
当日は恒例となった生中継で、NHK-BSプレミアムにて12時35分〜12時45分までの10分間、グリーンジャンボ2012の模様が中継されました。番組進行司会は、NHKアナウンサー山下俊文さんです。いつもは会場にアナウンサーと共に幸運の女神がいるのですが、今回は山下アナおひとりだけの番組司会進行でした。
壇上司会は、お馴染みのNHKアナウンサー風見雅章さんと宝くじ幸運の女神・佐藤玲子さんです。佐藤玲子さんはヘアメイクを変えられたようで、いつも以上にお綺麗に見えました。前回は、ドリームジャンボ宝くじ当選番号の壇上司会のアシスタントを努められました。2012年のドリームジャンボ宝くじ(第620回全国自治宝くじ)には、再び登場されるのでしょうか。
今回のゲスト出演は、宇宙飛行士の古川聡さん。宝くじと広大な宇宙。共に、“大きな夢を抱く”という共通点で選ばれたようです。・・・ただ、毎回のように主張していますが、抽選結果が1秒でも早く知りたい我々としては、ゲストさんとのトークは、ややもどかしいです・・・。
古川聡さんが宇宙から撮影した、東日本大震災直後の日本。確かに、宮城県が幾分か暗いような印象でした。意外と日本海は北陸の電力が、眩いばかりに強く光っていることに気づきました。
第617回東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじから経費を差し引いた150億円が、東日本大震災で被災した9県2指定都市(青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、千葉県、長野県、新潟県、仙台市、千葉市)に分配されます。
この度、1等3億円、前後賞合わせて5億円にお見事ご当選された方々、本当におめでとうございます。
そしてそれ以上に、東日本大震災で被災した地域が1日でも早く復興されますよう、心から願っております。

 

東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじの売り上げが1,000億円を超える

1等前後賞合わせて5億円が当たることで話題となった、「第617回全国自治宝くじ 東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじ」。その売れ行きは、極めて好調だった。
発売当初の予定額の660億円を大きく上回り、1,102億円(予定金額の1.7倍)に達したことが、2012年3月16日の閣議後の記者会見で川端達夫総務相が公表した。売り上げから経費を差し引いた約150億円の収益金が、東日本大震災の被災自治体の復興財源に充てられることになる。

 

「ジャンボ宝くじ」&「ジャンボミニくじ」&「4ブロックくじ」抽せん結果一覧

初夢宝くじ 2015年1月9日(金曜日)抽せん

初夢宝くじ 2014年1月9日(木曜日)抽せん

初夢宝くじ 2013年1月10日(木曜日)抽せん

初夢宝くじ 2012年1月12日(木曜日)抽せん

初夢宝くじ 2011年1月13日(木曜日)抽せん

新春運だめしくじ 2015年1月29日(木曜日)抽せん

新春運だめしくじ 2014年1月30日(木曜日)抽せん

春きらきらくじ 2015年3月31日(火曜日)抽せん

春きらきらくじ 2014年3月25日(火曜日)抽せん

春きらきらくじ 2013年3月28日(金曜日)抽せん

春きらきらくじ 2012年3月29日(木曜日)抽せん

春きらきらくじ 2011年3月29日(火曜日)抽せん

春爛漫くじ 2015年4月16日(木曜日)抽せん

春爛漫くじ 2014年4月17日(木曜日)抽せん

春爛漫くじ 2013年4月18日(木曜日)抽せん

春爛漫くじ 2012年4月19日(木曜日)抽せん

春爛漫くじ 2011年4月14日(木曜日)抽せん

秋のビッグチャンスくじ 2015年11月12日(木曜日)抽せん

秋のビッグチャンスくじ 2014年11月6日(木曜日)抽せん

冬のビッグチャンスくじ 2013年1月31日(木曜日)抽せん

冬のビッグチャンスくじ 2012年2月2日(木曜日)抽せん

冬のビッグチャンスくじ 2011年2月10日(木曜日)抽せん

夏・キラキラくじ 2014年8月14日(木曜日)抽せん

夏・キラキラくじ 2013年8月29日(木曜日)抽せん

夏・キラキラくじ 2012年8月30日(木曜日)抽せん

夏・キラキラくじ 2011年9月11日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2016年7月7日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2014年7月4日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2013年11月7日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2013年7月4日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2012年11月1日(木曜日)抽せん

幸運の女神くじ 2012年7月10日(火曜日)抽せん

春のビッグボーナスくじ 2010年3月29日(月曜日)抽せん