宝くじ売り場のアルバイトQ&A

MENU

参加条件は、とても簡単です。

まず、応募のタイミングにつきましては、ジャンボ宝くじ発売中にお申し込みください。
なぜならば、なるべく“旬”のジャンボ宝くじの購入写真を撮っていただきたいからです。
ジャンボ宝くじは、抽選日のおよそ2週間前に販売を締め切られます。
宝くじのアルバイトは、なるべくこの締め切り期限前に、応募していただけると幸いです。
仮に、締め切り期限後にお申し込みしていただいても構いません。

 

しかし、その場合は、ジャンボ宝くじ抽選日の10日~2週間後からのアルバイト開始となります。
これは、抽選が終わった旬のジャンボ宝くじの実績看板を、各チャンスセンターで写真をおさめていただくためです。
各チャンスセンターには、売り場の上部に実績が掲げられています。
その写真を、撮っていただきます。

 

この場合、購入していただく宝くじは、「幸運の女神くじ」や「地方自治宝くじ」になります。
※この時点ではまだ、次のジャンボ宝くじが発売されていないためです。

 

早速ですが、「宝くじのアルバイト」のお仕事をご説明いたします。

まず最初にご理解いただきたいのは、このお仕事の最大の目的は、最新の実績看板を撮っていただくことです。

 

「実績看板」とは、どの宝くじ売り場にも購入の射幸心を煽る、過去の実績を公表しています。
その看板のお写真を、撮っていただきたいのです。

 

その際に、既に“換金期限が過ぎたジャンボ宝くじ”の実績看板は、無効といたします。

 

例えば、現在なら、2012年6月12日抽選「第620回ドリームジャンボ宝くじ」の1等実績の看板は無効だということです。
昨年のドリームジャンボ宝くじは、2013年6月17日(月)に有効期間を迎えました。

 

しかし、2011年8月7日抽選「第624回サマージャンボ宝くじ」は、現時点ではギリギリ大丈夫です。
昨年のサマージャンボ宝くじは、2013年8月12日(月)に有効期間を迎えます。

 

そして、有効期間内のジャンボ宝くじの実績看板でも、2等以下の実績は無効といたします。

それでは、具体的にお仕事の手順を解説いたします。
下記のページを、ご覧ください。
http://www.jabezadvisory.com/takarakuji/toyama.html
上記ページでは、合計12枚の写真と文章が書かれています。

 

 

「写真」のほうから順に、ご説明します。

 

(1)売り場の「外観」:1枚
(2)売り場を含めた道路(あるいは駐車場)の「俯瞰(ふかん)写真」:2~3枚
(3)売り場に掲載してある高額当選実績の「看板」:2~3枚
(4)売り場の中に掲載してある実績表:2~3枚
(5)あなたが宝くじを購入している写真:1枚

 

上記を、下記ページと照らし合わせて見てください。
http://www.jabezadvisory.com/takarakuji/toyama.html

 

 

(1)売り場の「外観」:1枚

 

これは上記ページの、上から2枚目の写真です。

 

本当はもっと“引き”で写真を撮りたかったのですが、
真後ろが車が行き交う国道なので、ややアップすぎる写真になっています。

 

あなたが撮られる場合、もう少しばかり“引き気味”で撮っていただけると嬉しいです。
その際、「○○チャンスセンター」の文字も、写るように撮ってください。

 

 

(2)売り場を含めた道路(あるいは駐車場)の「俯瞰(ふかん)写真」:2~3枚

 

これは上記ページの、上から1枚目の写真です。
・・・といいたいところですが、1枚目には道路しか写っていませんでした。

 

1枚目の写真の“左のほうに”、売り場が写るように撮っていただけると嬉しいです。

 

その宝くじ売り場の周りには、どんなお店、通路、会社などがあるか。
そのような周囲の情報も、撮っていただければ幸いです。

 

 

(3)売り場に掲載してある高額当選実績の「看板」:2~3枚

 

これは上記ページの、上から3、4、5、6枚目の写真です。

 

高額当選が出た売り場には、必ず実績を煽る看板がありますね。

 

売り場の外観にかかげてある、この看板の写真を撮ってください。
上記ページでは4枚の写真がありますが、3枚程度で良いです。

 

 

(4)売り場の中に掲載してある実績表:2~3枚

 

これは上記ページの、上から9、10、11枚目の写真です。

 

少し広い売り場の中には、このような実績表が貼りつけてあります。
あるいは、売り場の窓口の両端に貼りつけてあるところもあります。

 

(3)の、外側の看板しかない売り場は、この(4)は省略してかまいません。

 

文字がしっかりと認識できるような距離感で、撮っていただけると嬉しいです。

 

 

(5)あなたが宝くじを購入している写真:1枚

 

これは上記ページの、上から7、8枚目の写真です。
(順番が前後して申し訳ございません。)

 

上記ページでは2枚の券を購入していますが、1枚だけでかまいません。

 

 

以上、「写真」のご説明をさせていただきました。

 

 

上記ページをごらんになれば分かるように、私は写真に関してはド素人です。
プロ並の写真は、まったく求めておりません。

 

●ボケやずに、写真が撮れており
●一応は、水平を保たれており
●しっかりと文字が認識できており
●なるべく、周りのお客さんの顔が写らないように(肖像権の侵害)

 

撮っていただければ、何の問題もございません。
どうしても顔が写ってしまった場合、こちらのほうで修正しますのでご安心ください。

 

 

宝くじ売り場には、実績がまったくない売り場がございます。
この場合、他の売り場へ移動してください。

 

仮に実績がかかげてあっても、かなり昔の実績しかない売り場も宝くじファンの皆さまの情報共有にはなりませんので、移動してください。

 

この点につきましては、最初に申し上げた、「有効期間外と2等以下は無効」のご説明をご確認ください。

 

 

続いて、「文章」について、ご説明します。

 

こちらは、簡単です。

 

●どんな場所にあるか?(例えば、イオン駐車場の西側入り口近くなど)
●あなたの地元情報(○○の産地、○○芸能人の出身地)
●何曜日の何時頃に購入したか?
●混んでいた、空いていた
●販売員の対応
●住所:グーグルマップ(https://maps.google.co.jp/)で調べられます

 

など、とにかく気づいたことを書いてください。

 

 

・・・以上、ここまで長々と書いてきました。

 

ここで、大切なことをご説明します。
この「宝くじのアルバイト」で大切なのは、遊び気分♪(^0^)/です。
(適当にやってOK、という意味ではありません)

 

上記のご説明は、あくまで「原則として」のお話です。
いつも足を運ぶ売り場に、デジカメを持って行った、というレベルでいいのです。

 

上記では、厳密に「○枚」や「~を写して」とご説明しましたが、
気づいたところは何枚でも撮って送ってください。そうしていただけると、嬉しいです。

 

近くでお散歩中の、猫ちゃんの写真でもいいです(笑)。

 

「ジャンボ宝くじ」ばかりの写真でなくとも、「数字選択式ロト6」の実績もあっていいです。

 

少しくらい、(1)~(5)のどれかが抜けていてもかまいません。
そうやって、面白いお仕事をしていただければ、何度も起用させていただきます。
(・・・とはいいましても、限界はありますが)

 

とにかく、2ヶ所の売り場を回って、柔軟に、自由に対応してください。

 

 

それでは、まとめます。

 

●なるべく、地元では有名な売り場から攻めてください。

 

●売り場の「外観」:1枚
●売り場を含めた道路(あるいは駐車場)の「俯瞰(ふかん)写真」:1枚
●売り場の「外に掲載してある高額当選実績の看板」:2~3枚
●売り場の「中に掲載してある実績表」:2~3枚
●あなたが宝くじを「購入している写真」:1枚

 

上記を、

 

●ボケずに、写真が撮れており
●一応は、水平を保たれており
●しっかりと文字が認識できており
●周りのお客さんの顔が写らないように撮ってください。

 

●どんな場所にあるか?(例えば、○○橋の手前のタバコ屋さんなど)
●あなたの地元情報(○○の産地、○○芸能人の出身地)
●何曜日の何時頃に購入したか?
●混んでいた、空いていた、大雨だった
●販売員の対応(無愛想、丁寧)
●住所・・・これらをメモして、羅列(られつ)してください。

 

●上記を、柔軟に、自由に2ヶ所の売り場を回ってください。
●画像、文章の著作権は、当サイト「宝くじ当選番号速報案内」に譲渡してください。

 

慣れてきましたら、プラス料金で、
直接販売員に、インタビュー形式で高額当選者を探っていただくお仕事もあります。

 

 

それでは、あなたの以下の情報をご連絡ください。

 

・アルバイト料金の「お振込み口座番号」をお知らせください。→先払いの場合
(ご入金後、3日以内に開始をお願いします)
→こちらも柔軟に。大雨・台風などが3日続きましたら、4日目に。必死な形相で行うお仕事ではありません・・・!

 

・画像、文章の著作権は、「宝くじ当選番号速報案内」に譲渡していただけますか?
はい or いいえ
(「いいえ」の場合は、アルバイトを委託することができません)

 

 

大切な「アルバイト料金」について、ご説明します。
2つのコースがございます。

 

1つ目のコースは、アルバイト料金を「先払い」いたします。

 

しかし、先払いに関して、あなたの住所等をお知らせ願います。
住所等をお知らせ願うのは、料金だけを受け取って、その後の音信不通を避けるためです。
場合によりましては、ご在住のご確認お電話をさせていただくこともございます。
お互いに、信頼関係で成り立っているお仕事です。

 

 

2つ目のコースは、アルバイト料金を「後払い」です。

 

あなたに、先に2店舗へ足を運んでいただきます。
当サイトに写真等をお送りいただいてから、アルバイト料金をお支払いいたします。

 

この場合、個人住所等をお知らせいただく必要はございません。
これは、個人住所等を当サイトに知られるのが拙い場合のコースです。

 

色々な事情の方がおられますので、2つのコースを設けております。
以上、どちらのコースかを選んで、お知らせください。

 

もう一度、ご送信いただく内容をまとめます。

・アルバイト料金の「お振込み口座番号」をお知らせください。
→「先払い」の場合(「後払い」の場合、後日お知らせください)。

 

・画像、文章の著作権は、「宝くじ当選番号速報案内」に譲渡していただけますか?
はい or いいえ
(「いいえ」の場合は、アルバイトを委託することができません)

 

・コースは、「先払い」ですか? 「後払い」ですか?

以上をご記入して、ご送信ください。
※募集人数に達していた場合、お断りさせていただくことがございます。

残念ながら、あなたはご参加できないかもしれません。

大変に申し訳ございません。

 

もしかしたら、あなたはこのアルバイトにご参加できないかもしれません。

 

なぜならば、この宝くじアルバイトは、1都道府県に1人のご参加しかできないからです。
しかし、東京、大阪にご在住ならば、1都府に2人のご参加ができます。

 

一度、当アルバイトにご参加されて、こちらの指示通りに売り場ご紹介文と写真を撮ってきていただければ、あなたには何度も採用させていただきます。
あなたを信頼しているからです。

 

ジャンボ宝くじは、1年間に5回の抽選があります(グリーンジャンボ~年末ジャンボまで)。
つまり、売り場の当選実績は、その都度変わります。
前回まではまったく高額当選者が出ていなかった売り場なのに、今回の年末ジャンボ宝くじで3億円の当選者を輩出するかもしれません。
当選実績が変わっていない売り場であれば、違う売り場へ移動すればいいだけです。

 

1回5千円のアルバイト料金では不満ならば、4店の宝くじ売り場を回っていただければと思います。
すると、日給1万円+1,200円です(決して無理はなさらないでください)。

 

お車をお持ちならば、遠方まで回れるかもしれません。
自転車ならば、あまり無理をなさらず、2店舗のみに留めて下さい。
せっかく軽いお気持ちで始めたアルバイトなのに、いつしか重労働になっていた!・・・なんていうのは本末転倒です。

 

原則として採用されたとしても、1シーズン1セット、つまり、2店舗(5千円+600円)までです。
※こちらの都合で、変わる場合がございます。

 

簡単に1セットと申しますが、高額当選の売り場は、そんなに容易くは見つかりません。
ほとんど実績のない売り場の取材をされても、宝くじファンの皆さんの情報共有にはなりませんので、ご了承ください。

 

1シーズンとは、以下にご説明させていただきます。

1シーズンのご説明

 

3月中旬抽選のグリーンジャンボ宝くじ
3月中旬抽選のグリーンジャンボの抽選日から、次の6月中旬抽選のドリームジャンボの抽選日まで。

 

3月中旬→4月中旬→5月中旬→6月中旬
この約3ヶ月の期間が、“1シーズン”です。

 

 

6月中旬抽選のドリームジャンボ宝くじ
6月中旬抽選のグリーンジャンボの抽選日から、次の8月中旬抽選のサマージャンボの抽選日まで。

 

6月中旬→7月中旬→8月中旬
この約2ヶ月の期間が、“1シーズン”です。

 

 

8月中旬抽選のサマージャンボ宝くじ
8月中旬抽選のサマージャンボの抽選日から、次の10月中旬抽選のオータムジャンボの抽選日まで。

 

8月中旬→9月中旬→10月中旬
この約2ヶ月の期間が、“1シーズン”です。

 

 

10月中旬抽選のオータムジャンボ宝くじ
10月中旬抽選のの抽選日から、次の12月31日大晦日抽選の年末ジャンボ抽選日まで。

 

10月中旬→11月中旬→12月31日大晦日
この約2ヶ月半の期間が、“1シーズン”です。

 

 

12月31日大晦日抽選の年末ジャンボ宝くじ
12月31日大晦日抽選の年末ジャンボの抽選日から、次の3月中旬抽選のグリーンジャンボの抽選日まで。

 

12月31日大晦日→1月下旬→2月下旬→3月中旬→以下、最上段に戻る
この約2ヶ月半の期間が、“1シーズン”です。

以上、1シーズンをご説明させていただきました。

 

つまり、あなたが1シーズン8店舗の宝くじ売り場を回れば、1年間に10万円のアルバイト料金を稼げることになります。
※こちらの都合により、時期によっては制限させていただきます。

 

1シーズン2店舗でいいのであれば、1年間に25,000円のアルバイト料金になります。
ただし、1シーズン・2セット以上のお申し込みの場合、必ずこちらが指定した宝くじ売り場へ足を運んでいただきます。
東京都在住ならば、「西銀座チャンスセンター」などの指定宝くじ売り場です。

 

あなたの地域の宝くじ売り場を、全国の皆さんに自慢しましょう!
※募集人数に達していた場合、お断りさせていただくことがございます。

教えて!アルバイトのQ&A

「高額当選売り場」って、自分で見つけないといけないの?

これは、そうしていただけるとありがたいです。

 

当サイトとしましては、他県の「高額当選売り場」の情報は、東京以外はまったく把握しておりません。

 

「地元の方でしか知らない情報」を、「アルバイト」という形でご教授していただきたく、ご依頼をお願いしております。

 

宝くじファンのあなたなら、いくつか心当たりがあるかと思われます。

 

したがいまして、ご自身の足で、「高額当選売り場」を探していただきたく思います。
もし、そのような行動がどうしてもわずらわしいとお感じでしたら、お仕事はご辞退していただいてまったく構いません。

 

「高額当選売り場」の見つけ方のポイントとしましては、以下のような方法がございます。

 

 

【ステップ1】
「宝くじ売り場マップサイト」で、まずは巡回する売り場の目星をつけてください。

 

【ステップ2】
インターネット検索にて、「(あなたの地域)+宝くじ+高額当選売り場」などのように調べてください。

 

【ステップ3】
目星をつけた売り場から順番に巡回し、2店舗をまわってください。

 

 

何度もお伝えしますが、必死の形相で実行されるお仕事ではありません。

 

気軽に、遊び感覚で、宝くじをご購入する“ついでに”お写真を撮っていただく。

 

・・・というコンセプトで、ご依頼をさせていただいております。

 

「後払い」で申し込んだ場合、「先払い」の方より不利になることはあるんでしょうか?

例えば、同じ都道府県の方と同時に申し込んだ場合、「後払い」のほうが不利になることはありますか?

ありません。

 

「先払い」でも、「後払い」でも、条件はまったく同じです。

 

同じ都道府県の方とかち合う場合、「後払い」でも先にお申し込みいただいた方に、ご依頼をさせていただきます。

 

もちろん、あまりにも適当なお仕事しかしていただけなかった場合、「先払い」の方にお仕事を譲らせていただきます。
※このアルバイトは、ある種の“適当さ”も必要だと思っていますが、この場合の“適当”とは、写真がもまともに写っていないことをさします。

 

「先払い」で不利になると思われることは、やはり見知らずの人間(当「宝くじ当選番号速報案内」)に個人情報をお教えすることが、最大のネックとなることでしょう。
そのお気持ちは、充分に理解しております。

 

「後払い」で不利になると思われることは、「本当にアルバイト料金を支払ってくれるのか?」だと思います。
こちらは、当サイトの個人情報(特定商取引法)を開示しておりますし、逃げも隠れもいたしません。
すでに、アルバイトさんには給料を支払っております。