宝くじ売り場の写真撮影の仕事(アルバイト)

MENU

お仕事内容はカンタンです。

“(指定した)高額当せん宝くじ売り場”の写真を10枚撮るだけ!

現在、募集中の地域をご確認ください。
※「●市 ●町」は、“「宝くじ売り場」がある場所”です。

 

和歌山県(1店舗:新宮市 佐野)

 

※(●店舗:●市)は、「撮影店舗数」と「店舗がある市町村名」です。

「大当たりしている宝くじ売り場は、西銀座チャンスセンターだけじゃない!!」

 

あなたの住んでいる街の「“高額当せん”を出している宝くじ売り場」のお写真を撮ってきてください。

 

話は超カンタンで、

「宝くじ売り場」全体像の写真:2枚(2枚とも違う角度で!)
営業時間の案内写真:1枚(必ず店舗下に書いてあるよ)
「ジャンボ宝くじ」の実績看板写真:6~8枚
「ロト7」、「ロト6」、「ミニロト」の実績看板写真:2~3枚

お写真の料金は、下記になります。
大当たりしているチャンスセンターを撮影せよ!

 

「ジャンボ宝くじ」だけではなく、「数字選択式(ロト7、ロト6、ミニロト)」もお忘れなく、写真を撮ってくださいね!
「数字選択式宝くじ」も実績がなければ、「ジャンボ宝くじ」だけでも良いです。また、その逆でも良いです。

 

「ジャンボ宝くじ」=6~8枚、「ロト7」・「ロト6」・「ミニロト」=2~3枚と書いてありますが、これはあくまで目安です。

 

あなたの感性で、「こうかな?」と思いながら、一応はキレイにブレないで撮ってきてください。
ブレブレのお写真はNGです! → 再度、撮り直しをしてもらいます!

 

また、昔のガラゲーの写メールで撮ったような、画素数の荒い撮影道具しか持っていない場合は、このお仕事には向きません

 

まぁ、普通に、そこそこの画素数(今のスマホなら高画質が撮れます)で、ちゃんと撮れていればいいんです。プロではないのですから・・・

 

撮った宝くじ売り場の、おおよその住所(厳密でなくて良いです)も教えてくださいね。
宝くじ売り場の営業時間は、必ず店舗に書いてあるのでご安心ください。

 

 

このお仕事は、平日にお時間が取れる主婦の方などにオススメします。
軽いお小遣い感覚ですから、どこか遊びに行った帰りでも良いですね。目くじら立ててするお仕事ではないです

 

あなたの住んでいる街を教えていただければ、こちらが「宝くじ売り場マップ・リスト」を送りますので、ご安心ください。

※上部に記載しております「現在 募集中の地域」を必ずご確認の上

お申込みはこちらをクリックして、「●●都道府県名 宝くじ売り場のお仕事希望」と明記の上、お問い合わせください。