西暦2002年以降の「オータムジャンボ」1等6ケタの番号から当せん番号の予想を研究

MENU

2002年以降の「オータムジャンボ」“6ケタの番号”一覧表

 

 

下6ケタ

下5ケタ

下4ケタ

下3ケタ

下2ケタ

下1ケタ

第700回(2016年)

1

9

3

8

0

8

第685回(2015年)

1

2

7

3

7

5

第668回(2014年)

1

1

0

5

3

0

第649回(2013年)

1

1

6

6

8

4

第630回(2012年)

1

8

7

0

7

7

第611回(2011年)

1

7

3

4

9

3

第592回(2010年)

1

5

1

9

1

3

第570回(2009年)

1

5

4

4

4

0

第547回(2008年)

1

8

1

0

4

0

第530回(2007年)

1

6

7

2

2

5

第530回(2007年)

1

8

5

8

4

1

第511回(2006年)

1

0

3

5

7

6

第511回(2006年)

1

1

3

4

4

7

第495回(2005年)

1

5

9

6

6

3

第495回(2005年)

1

6

6

8

5

6

第484回(2004年)

1

8

1

7

9

3

第463回(2003年)

1

9

4

3

2

3

第463回(2003年)

1

4

6

3

1

8

第446回(2002年)

1

7

9

6

3

9

第446回(2002年)

1

2

1

8

9

8

未出現数字

3

0,2,8

1

0

2

※昨年より引っ張った数字を、赤色で表示。
スポンサード リンク

各ケタの出現回数

 

下6ケタ

下5ケタ

下4ケタ

下3ケタ

下2ケタ

下1ケタ

0

1回

1回

2回

1回

3回

1

3回

4回

0回

2回

1回

2

2回

0回

1回

2回

0回

3

0回

4回

3回

2回

6回

4

1回

2回

3回

4回

1回

5

3回

1回

2回

1回

2回

6

2回

3回

3回

1回

2回

7

2回

3回

1回

3回

2回

8

4回

0回

4回

1回

3回

9

2回

2回

1回

3回

1回

奇数・偶数の対比一覧

 

下5ケタ

下4ケタ

下3ケタ

下2ケタ

下1ケタ

対比

第700回(2016年)

奇数

奇数

偶数

偶数

偶数

奇2:3偶

第685回(2015年)

偶数

奇数

奇数

奇数

奇数

奇4:1偶

第668回(2014年)

奇数

偶数

奇数

奇数

偶数

奇3:2偶

第649回(2013年)

奇数

偶数

偶数

偶数

偶数

奇1:4偶

第630回(2012年)

偶数

奇数

偶数

奇数

奇数

奇3:2偶

第611回(2011年)

奇数

奇数

偶数

奇数

奇数

奇4:1偶

第592回(2010年)

奇数

奇数

奇数

奇数

奇数

奇5:0偶

第570回(2009年)

奇数

偶数

偶数

偶数

奇数

奇1:4偶

第547回(2008年)

偶数

奇数

偶数

偶数

偶数

奇1:4偶

第530回(2007年)

偶数

奇数

偶数

偶数

奇数

奇2:3偶

第530回(2007年)

偶数

奇数

偶数

偶数

奇数

奇2:3偶

第511回(2006年)

偶数

奇数

奇数

奇数

偶数

奇3:2偶

第511回(2006年)

奇数

奇数

偶数

偶数

奇数

奇2:3偶

第495回(2005年)

奇数

奇数

偶数

偶数

奇数

奇3:2偶

第495回(2005年)

偶数

偶数

偶数

奇数

偶数

奇1:4偶

第484回(2004年)

偶数

奇数

奇数

奇数

奇数

奇4:1偶

第463回(2003年)

奇数

偶数

奇数

偶数

奇数

奇3:2偶

第463回(2003年)

偶数

偶数

奇数

奇数

偶数

奇2:3偶

第446回(2002年)

奇数

奇数

偶数

奇数

奇数

奇4:1偶

第446回(2002年)

偶数

奇数

偶数

奇数

偶数

奇2:3偶

※奇数(きすう)・・・1 3 5 7 9  偶数(ぐうすう)・・・0 2 4 6 8
※下6ケタは、除いてあります(すべて「1」で固定されているため)。

西暦2002年以降の数字の流れ

数字は、下から上に向かって時系列が流れています。

 

各ケタの引っ張り数字

2008年以降の「オータムジャンボ」は、1等の抽せん回数は1回のみです。
下6ケタ(十万の位)は、すべて「1」で固定されています。

 

過去11年分のデータを俯瞰します。

 

誰の目にも明らかなのは、下1ケタの引っ張り率が高いことが分かります。
一方、下4ケタ、下3ケタは、同年引っ張りはあるものの、一切の引っ張り数字はありません(何故かどちらも「3」の同年引っ張り)。
下2ケタは、「4」の数字のみが引っ張っています。

 

やや偶数に偏った引っ張り数字ですが、この誤差は許容の範囲です。

 

オータムジャンボは、2007年(第530回)以前は、2004年(第484回)を除く、1等2回抽選でした。
「関東中部東北自治宝くじ」のように、1回の開催で2回抽せんされると、通常は各ケタで多くの引っ張り数字が見られるものです。
オータムジャンボの場合、下1ケタを除く、各ケタがうまい具合に引っ張り数字を逃れている特徴があります。

 

仮に前年の引っ張り数字が無くても、「飛び石」(1抽せん回を開けて出現)で出現している数字が多く見受けられます。

 

未出現数字

直近過去11年分ですので、未出現数字は多く見られます。
抽せん回数を増やせば、やがて数字は平均化して、未出現数字は無くなり数字が分散していきます。

 

オータムジャンボは、2001年に登場した新しい宝くじなので、他のジャンボ宝くじに比べてまだまだ未開拓な部分が多いです。

 

各ケタともに、偶数の未出現数字が多いのが特徴でしょう。
特に下4ケタは、未出現数字が3個もあるので、このケタに関してはこの数字のどれかが含まれた抽せん券を購入すると確率が高まるでしょう。

 

数字は平均化する?(確率の収束)

数字は、回を重ねるごとに未出現数字が無くなり、平均化していきます。
短期スパンで見れば数珠つなぎのように出現している数字も、やがては影を潜めて、未出現数字が出現するようになります。

 

第649回オータムジャンボが、すべてのケタで引っ張らなかったとしたら。
各ケタの出現間隔が最も空いている数字の第1位と第2位がお勧めです。

 

この場合、未出現数字は今回も出現しないものとします。
第611回(2011年)も、この時点で未出現数字が一切出現しませんでした。

 

第611回(2011年)から第630回(2012年)を予想した際に、どうなるか?
各ケタごとに、

●良く出る数字が再び出た
○出現間隔が空いている数字が出た
△そこそこ出現間隔が空いている数字が出た

として、各ケタを見ると。

●下5ケタ・・・僅か3回前、第547回(2008年)に出現した「8」(しかも引っ張り数字)が再度出現しました。

 

△下4ケタ・・・第611回(2011年)は、出現過多な「3」が出現しました。未出現数字を含めないのですから、「1」、「3」、「4」は除外。「5」、「6」、「7」のどれかになりますが、出現間隔が長い数字なら「6」を予想してしまうところです。

 

●下3ケタ・・・僅か4回前の第547回(2008年)に出現済みの「0」。未出現数字が出切っているケタは、要注意です。出現間隔から見れば、「3」と「7」でしょう。

 

△下2ケタ・・・出現間隔から見れば、「3」と「5」が出るところです。5回前、第511回(2006年)の「7」が出現。

 

○下1ケタ・・・出現間隔から見れば、「8」と「9」。しかし、引っ張り率が高い点を見れば、「3」になるでしょう。

以上のように、必ずしも出現間隔が空いている数字が出るわけではなく、良く出る数字と出現間隔が空いている数字の間辺りが出てきます。

 

完璧に数字の平均化だけの宝くじなら、これほど誰でも億万長者になれるゲームはありませんので、当然ながら簡単ではありません。

 

ボックス当せんのように見る

下記の表の注意事項は、「オータムジャンボ」は、「数字選択式宝くじ」のような「ボックス当選」(数字の配列はバラバラでも、抽せんされたすべての数字が含まれていれば当せんとする)はありません。
「万の位」から「一の位」まで、すべての数字の配列が、抽せんされた当選番号と一致していなければなりません。

 

“数字が引っ張った”とは言っても、同じケタで引っ張っているとは限りません。
しかしまずは、“2014年に抽せんされるであろう数字”が含まれた抽せん券を購入することが、すべての最優先として掲載しています。

 

したがいまして、上記の表は、参考程度にしてください。

 

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

2015年

 

 

 

 

 

 

2014年

 

 

 

 

 

 

2013年

 

 

 

 

 

 

2012年

 

 

 

 

 

 

 

2011年

 

 

 

 

 

 

2010年

 

 

 

 

 

 

2009年

 

 

 

 

 

 

 

2008年

 

 

 

 

 

 

2007年

 

 

 

 

 

 

2007年

 

 

 

 

 

 

2006年

 

 

 

 

 

2006年

 

 

 

 

 

 

2005年

 

 

 

 

 

 

2005年

 

 

 

 

 

 

 

2004年

 

 

 

 

 

2003年

 

 

 

 

 

 

2003年

 

 

 

 

 

2002年

 

 

 

 

 

 

2002年

 

 

 

 

 

 

○…1回出現    ◎…2回出現    ☆…3回出現
赤マーク…前年からの引っ張り数字  緑マーク…前々回からの引っ張り(飛び石)

 

上記表での特徴は、

毎年、100%引っ張り数字がある
飛び石(1抽選回を空けて出現)率も極めて高い
同数字3回(☆マーク)も決して珍しくない
同年の同数字2回以上は、90%以上
「0」、「2」の出現間隔が長い
連続数字(1、2など)率90%以上
飛び石のみ、の抽選回は1回(2008年)しかない

「0」、「2」のように、オータムジャンボでは不人気の数字がある一方で、「3」などのように数珠つなぎに出現している数字があります。
各数字の出現間隔にも注意を払ってください。
スポンサード リンク

人気ページ一覧

抽せん会場「東京宝塚劇場」の全貌を公開

ドリームジャンボ史上最高額!1等前後賞合わせて5億5千万円で盛り上がった「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」「ドリームジャンボミニ5000万(第661回全国自治宝くじ)」
抽せん会場となった「東京宝塚劇場」の全貌を公開。抽せん開始から終了までを詳細レポート!

富山県の高額当せん売り場!太郎丸チャンスセンター

高額当せん宝くじ売り場は、「西銀座チャンスセンター」だけではない!
地方にだって負けず劣らずの超絶売り場は存在する。
今回は、北陸は越中富山の人気売り場「太郎丸チャンスセンター」をご紹介。
地元新聞でも話題になった「年末ジャンボ」でビッグ当せんを果たした“小さな売り場”を詳細レポート!

西銀座チャンスセンターは、日本一の行列売り場

知名度では全国ナンバーワンの「西銀座チャンスセンター」。
ジャンボ宝くじ発売期間中の長蛇の列は、もはや銀座の街に溶け込んでいる・・・。
近頃の高額当せん実績はやや下火になっているものの、それでも北は北海道から南は沖縄まで宝くじファンが押し寄せる。
日本有数のマンモス売り場、「西銀座チャンスセンター」をレポート。

上野・御徒町といえば!御徒町駅前センター

東京の観光地のメッカ「アメ横丁」で名を馳せる売り場といえば、「御徒町駅前センター」。
その真っ赤な外装は、宝くじファンでなくとも足を止めてしまうインパクトを持っている派手な売り場。しかも高額当せん実績も派手となれば、ココで買わない理由が見当たらないというもの。
マスコミ登場回数多数!御徒町のトップに君臨する「御徒町駅前センター」をレポート。

「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」のユニット増刷情報!

1等前後賞合わせて5億5千万円の「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」の抽せんが終了。
“1億円宝くじ”が幕を閉じて、今期より従来型の3億円宝くじとなった歴史の長いドリームジャンボ宝くじ。
23ユニット(690億円)を目標に掲げた初夏のジャンボくじは、一体どれくらい売れたのでしょうか?

宝くじの発売でよく見かける「ユニット」。
いつもはスルーしてしまう“ユニット制の概念”を、ここで整理しておこう!
そもそも、“ユニット”とは何なのか?何のためにユニット制を設けているのか?ユニットの増刷って?
宝くじの「ユニット」に関する疑問を、会話形式で解説。

赤坂ACTシアターの抽せん会場に潜入

「年末ジャンボ宝くじ」の抽せん会場といえば、「赤坂ACT(アクト)シアター」。
大晦日の12月31日に、抽せん会場に潜入!当せん番号のリアルタイムに挑む!
・・・しかし、思わぬトラブルが巻き起こり、ファンの方々にご迷惑をおかけした悲惨な会場レポート・・・。
もう、リアルタイム更新は無理なのか。