西暦2000年以降の「グリーンジャンボ」1等6ケタの番号から当選番号の予想を研究

MENU

西暦2000年以降の「グリーンジャンボ」6ケタの「番号」一覧表

 

 

下6ケタ

下5ケタ

下4ケタ

下3ケタ

下2ケタ

下1ケタ

第691回(2016年)

1

5

5

3

3

6

第673回(2015年)

1

1

2

8

4

9

第655回(2014年)

1

8

7

4

7

2

第636回(2013年)

1

2

4

3

3

2

第617回(2012年)

1

1

3

9

0

9

第599回(2011年)

1

4

9

6

1

9

第577回(2010年)

1

6

1

3

7

5

第554回(2009年)

1

8

0

9

1

8

第535回(2008年)

1

6

1

6

4

9

第516回(2007年)

1

2

9

3

5

0

第516回(2007年)

1

9

5

3

6

0

第502回(2006年)

1

9

0

9

7

2

第502回(2006年)

1

2

1

9

1

6

第488回(2005年)

1

2

0

9

9

7

第488回(2005年)

1

6

2

8

5

1

第470回(2004年)

1

4

4

8

2

8

第470回(2004年)

1

1

1

2

8

8

第453回(2003年)

1

1

6

9

7

8

第453回(2003年)

1

7

0

7

5

1

第436回(2002年)

1

0

4

2

9

2

第436回(2002年)

1

4

1

2

0

9

第418回(2001年)

1

3

2

1

1

7

第418回(2001年)

1

4

4

5

3

5

第404回(2000年)

1

7

8

4

9

4

第404回(2000年)

1

1

1

0

8

9

未出現数字

3

スポンサード リンク

各ケタの出現回数

 

下6ケタ

下5ケタ

下4ケタ

下3ケタ

下2ケタ

下1ケタ

0

1回

4回

1回

2回

2回

1

5回

6回

1回

4回

2回

2

4回

3回

3回

1回

3回

3

1回

1回

5回

3回

0回

4

3回

4回

1回

2回

1回

5

1回

2回

1回

3回

2回

6

3回

1回

2回

1回

2回

7

2回

0回

1回

3回

2回

8

1回

1回

3回

2回

4回

9

2回

2回

6回

3回

5回

同年抽せんで同一数字が複数回出現した場合、各1回と計測しています。

「第655回グリーンジャンボ」の「番号」から「第673回グリーンジャンボ」を予想

2014年の出目は、下1ケタ「2」が引っ張り数字

2014年3月に抽せんされたグリーンジャンボの「番号」は、187472番でした。
また、垂直タテ方向ではありませんが、「4」が重複数字です。
グリーンジャンボの引っ張り数字

 

つまり、この2年間は、「0」と「1」と「5」と「6」と「9」が出現していません。

 

未出現数字が多いのは、同年での重複数字が多いからです。
直近7年間のデータでは、同年同数字が6回分も含まれています。
グリーンジャンボの同年同数字
※第516回(2007年)以前は1等2回抽せんでしたので、あまり参考になりません。

 

つまり、グリーンジャンボの1等「番号」では、同年の重複数字の予測がカギとなるデータが表れています。

 

また「5」の出現率が悪く、「確率の収束」の観点から、2015年は「5」が出現筆頭株数字として挙げられます。

 

直近10年間のスパンで「番号」を切る

次に、「数字選択式宝くじナンバーズ」仕様の視点から、過去10年間の数字を眺めていきましょう。
本来、「年末ジャンボ宝くじ」は「ナンバーズ」でいうところの「ボックス当せん」(各ケタの配列がバラバラでも当せんとする)などは存在しませんが、違った視点から見ることができます。
つまり、グリーンジャンボの含有数字の流れを捉えることに有効です。

 

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

2016年

 

 

 

 

 

 

 

2015年

 

 

 

 

 

2014年

 

 

 

 

 

 

2013年

 

 

 

 

 

 

 

2012年

 

 

 

 

 

 

2011年

 

 

 

 

 

 

2010年

 

 

 

 

 

2009年

 

 

 

 

 

 

2008年

 

 

 

 

 

 

2007年

 

 

 

 

 

2007年

 

 

 

 

 

2006年

 

 

 

 

 

 

2006年

 

 

 

 

 

 

2005年

 

 

 

 

 

 

2005年

 

 

 

 

 

○…1回出現    ◎…2回出現    ☆…3回出現

赤マーク…前年からの引っ張り数字  緑マーク…前々回からの復活数字(飛び石)

上記データは、2015年(第673回)に抽せんされる含有数字を予想する上で重要です。
例えば、「9」は異常な引っ張り率を見せていましたが、2013年から2年間は出現していません。

 

また、「4」、「5」、「8」の3つの数字は、過去10年間で4回の出現のみで、まばらに出現しています。
特に、グリーンジャンボでは出現率の悪い「5」は、直近4年間は出現しておらず、「確率の収束」から2015年で一気に噴出する可能性があります。

 

上記引っ張り数字表を見て、思いつく点は以下です。

毎年、引っ張り数字(赤丸)か復活数字(緑丸)が、最低2個は含まれている。

 

2014年は発生しなかったが、復活数字(緑丸)の発生率は過去10年間で90%を誇る。つまり、2015年は「2」、「3」、「4」が含まれる可能性が高い。

 

「4」、「5」、「8」の出現率が悪い。「5」は、4回の出現間隔が空いている。

 

過去10年間では、トリプル数字☆(3回出現)は、2009年しか発生していない。

 

連続数字が発生していない(例:123098など)年は、2014年と2010年と2008年。いずれも、◎(2個出現)が発生している共通項がある。

ただし、上記は10年スパンで切った場合のデータです。
「4」、「8」の出現率は低いのですが、2003年以前まではコンスタントに出現していました。
長期スパンで見れば、数字は「0」~「9」まで平均して出現しています。

この分析ページは、書きかけの記事があります。

スポンサード リンク