2012年9月13日(木曜日)抽選の第629回宝くじの日記念2012当選番号(抽選結果)

毎年9月2日は「くじの日」

 
毎年9月2日を「くじの日」と称して盛況な賑わいを見せる「宝くじの日記念」が、今年も大きな当選金額を引っさげて登場しました。1等2億円は昨年同様、史上最高当選確率1等200万分の1で、数字選択式宝くじロト6の610万分の1と比較しても超高確率です。特別賞の枠はございませんが、多くのチャンスが与えられるこの「宝くじの日記念」で、「サマージャンボ宝くじ」で無念の敗北のリベンジをしましょう。宝くじの日当選番号の抽選日は、2011年9月15日(木)東京宝くじドリーム館で行われます。全国都道府県と19指定都市で全国一斉発売されますので、売れ切れ前に是非、お買い求め下さい。

「宝くじの日記念」とは?

毎年、9月2日は「宝くじの日」

今年のサマージャンボ宝くじも気候の暑さに負けず劣らず、多くの宝くじファンを魅了した。

※サマージャンボ宝くじ関連動画。「サマージャンボ宝くじを有楽町駅で購入祈祷代行サービス」。

 

第610回全国自治宝くじ年末ジャンボ宝くじ2011を購入してきました。
1枚300円で、連番20枚とバラ20枚をバランス良く配合。ジャンボ宝くじを買う枚数にも人よって個性が表れます。
中でも意外と多いのが、「1枚買い」です。
1枚だとジャンボ宝くじ特有の前後賞が狙えないのですが、外れて元々の発想で堅実な宝くじの買い方だと思います。
私も年末ジャンボ宝くじ“以外”は、適当に10枚前後のみの購入に留めています。
最も期待薄なのが、ドリームジャンボ宝くじで、過去の戦績で末当すら当選した記憶がありません。

※サマージャンボ宝くじ関連動画。「サマージャンボ宝くじを西銀座デパートチャンスセンターと宝当神社で購入祈祷代行サービス」。

 

毎年9月2日より、「宝くじの日」を記念して、「宝くじの日記念(第569回全国自治宝くじ)」が開催される。
1等前後賞合わせて、1億5,000万円のビッグチャンスである。
夏のサマージャンボ宝くじの余韻が冷め止まぬまま、初秋の風が漂うこの全国自治宝くじには、毎年多くの宝くじファンが買い求める。
9月2日の宝くじの日は、昭和42年(1967年)に、当選金の引き換え漏れをなくそうという意図で、くじ(9・2)の語呂合わせが設けられた。

「宝くじ高額当選者の共通点とは?」

宝くじ高額当選者の“3つの共通点”をチェック!

宝くじ高額当選者の星座とは?
全国自治宝くじグリーンジャンボ宝くじ2010 宝くじの高額当選者は、昔から圧倒的に、「天秤座」が多いといわれている。
天秤座は、9月23日〜10月23日生まれのことをいいます。
貯蓄をするばかりではなく、投資によって金銭を迎えうる才能に長けており、株・FXで大儲けできる最も適した星座だといわれている。

宝くじ高額当選者の宝くじ保管場所とは?

宝くじ高額当選者の共通する保管場所は、シンプルに財布の中だといわれている。
「金運は西から黄色を目がけてやってくる」という言葉はあまりにも有名であり、財布の色を黄色に統一している熱心な人もいる。
しかし、高額当選者に共通しているのは、高価な黄色い財布ではなく、
意外にも長年愛用している“くだびれた財布”だということだ。

宝くじ高額当選者の宝くじ購入枚数とは?

宝くじ高額当選者の宝くじ購入枚数は、意外にも20枚以内といわれている。
昨今の宝くじブームで、1回のジャンボ宝くじで500枚以上も購入する“ツワモノ”が出現する中、数の大小などはどこ吹く風とばかりに、極めて少ない。
これは、数字選択式宝くじロト6で1等当選者にも共通している法則なのである。
ロト6で1等を当選する人の特徴は、クイックピックで20枚以内。
ただし、3等になると、“狙って当てられる”ので、逆に購入枚数は多いのが実情だ。

宝くじ編集後記(宝くじメモ)

本日、2011年9月15日(木)は、第610回宝くじの日記念の抽選日です。来たる第611回オータムジャンボ宝くじの“前夜祭”として相応しいビッグな高額当選金額が魅力の宝くじです。販売金額が1枚500円とやや高価でしたが、その分は史上最高の当選確率に期待しましょう。


サマージャンボの抽せん日 サマージャンボミニ6000万の抽せん日 ドリームジャンボの結果 当せん番号の見方