宝くじ当せん番号速報案内

宝くじの買い方(初心者)

宝くじの連番・バラとは

宝くじの買い方(初心者)
宝くじを購入する上で最もスタンダードな買い方、それが連番です。
基本的には10枚セット(3,000円)で購入します。
※1枚のみ(300円)の購入も可能。
宝くじの連番とは?
連番のポイントは、10枚セットなら同じ「組」、「番号」が続くことです。
上の抽せん券なら「01組」が10枚そろい、123450番〜123459番までの10枚です。

連番を10枚購入希望なら宝くじ売り場の窓口で「連番10枚」や「連番1セット」と言ってください。
「連番1セット」の購入金額は3,000円です。

そして、「連番2セット」以上を購入することもできます。
宝くじの連番とは?
問題は、「連番2セット」以上を購入すると違う「組」、違う「番号」が渡されることです。
上の抽せん券なら、2セット目から「10組」が10枚、154320番〜154329番までの10枚です。
宝くじの買い方(初心者)
1セットずつ違う「組」と違う「番号」の連番を20枚購入希望なら窓口で「連番2セット」と言ってください。
「連番2セット」の購入金額なら6,000円、「連番3セット」なら9,000円・・・です。

しかしながら、同じ「組」で、「番号」が続く抽せん券を2セット以上購入したい場合もあります。
この場合、タテ連という買い方があります。
タテ連は、単に「連番2セット」以上で購入すると1セットずつ違う「組」、違う「番号」が渡されることを嫌うあなたにオススメしたい買い方です。
宝くじの連番とは?
同じ「組」が11枚以上、「番号」が続く買い方をタテ連と言います。
上の抽せん券は、「タテ連20枚」です。購入金額は、6,000円です。

日本一の高額当せん売り場大阪駅前第4ビル特設売場では「組」の指定ができるのは当たり前ですし(「10組のタテ連20枚ください。」と指定すれば良い)、「番号」は「千の位」までなら指定できます。
宝くじの連番とは?
例えば、「19万3千からの番号をください。」と指定すれば、「193●●●番」の「番号」からの抽せん券が購入できます。
あなたが購入したい枚数で「タテ連●●枚ください。」と言ってください。
※ただし、1,000枚以上のタテ連は、多少のお時間が必要です。
大阪駅前第4ビル特設売場
公式サイトで場所を確認
大阪駅前第4ビル地下チャンスセンター
公式サイトで場所を確認

連番とともにスタンダードな買い方、それがバラです。
基本的には10枚ワンセット単位で購入します。
宝くじのバラとは?
もちろん、2セット、3セット・・・100セット以上の購入も可能ですが、複数セットの購入の場合「組」が重なる場合があります。

1セット目(10枚)
宝くじのバラとは?
2セット目(10枚)
宝くじのバラとは?
10枚セットの場合、「十万」+「万位」は10万〜19万、末尾(下1ケタは0〜9番になっています。

バラの最大の特徴は、1枚1枚が規則性の無いバラバラな数字なので当せん番号を照合する際にドキドキ感を思う存分に味わうことができます。
デメリットは前後賞は狙えません。 しかし、前後賞がない「プチ」ではバラで充分です。
事実、年末ジャンボプチ700万(第733回全国自治宝くじ)はバラでの購入者がとても多く見受けられます。
あなたが購入したい枚数で「バラ●セットください。」と言ってください。

「連番やバラくらい知ってるよ!」というあなたは宝くじの買い方(おすすめ)へ。