富山アピタ東店のチャンスセンターをレポート

MENU

東富山アピタチャンスセンター

 

宝くじの刺客人・幸ちゃんがゆく!それゆけ!高額当せん売り場!!

わたくし幸ちゃんが、今日も風に吹かれて全国各地を渡り歩く売り場レポート。

“富山市上冨居で最も賑わうショッピングセンター”

富山市上冨居にある「アピタ富山東店」は、中心街にも近い場所にあり、まもなく開通される北陸新幹線のすぐそばにある。
土日祝ともなれば、最大1,350台止められる駐車場は満車になる、家族連れに人気のショッピングセンターだ。

このアピタ富山東店の片隅にひっそりと佇むようにあるのが、「東富山アピタチャンスセンター」だ。

 

売り場へ行くのは、店舗正面から見て、一番右端の扉へ向かう。
知っている人にはすぐに分かる場所にあるが、知らない人は通り過ぎてしまうかもしれない。

 

取材日は、「オータムジャンボ(第649回全国自治宝くじ)」の発売期間中だった。

 

東富山アピタチャンスセンターの左横には、銀行ATMが各社並んでおり、お金を下ろした後に宝くじが買える立地にしたのかは・・・定かではない。
場所柄、銀行ATMの操作音を耳で聞きながら、宝くじを買える場所というのも面白い。
ただ、正直に言って・・・

 

「高額当せんの実績がない・・・」

 

最も高らかに実績を掲げているのは、

第595回数字選択式ロト6 1等9千3百万円!

なるほど、悪くない。
ただ、数字選択式宝くじは自分で選ぶのが醍醐味なので、売り場の恩恵はあまり無いとは思うのだが。
クイックピックでの当せんであれば、東富山アピタチャンスセンターには運気が舞い込んでいるのかもしれない。

 

アクセスとしては、太郎丸チャンスセンターの比ではない賑わいのあるショッピングセンターなのだが、やはり場所が良くないのかな?

 

「ジャンボ宝くじの実績はないのかな?」

 

と探していると、ありました!コレです。

第645回サマージャンボ宝くじ 3等100万円!

ちなみに、「サマージャンボ(第645回全国自治宝くじ)」の3等の配当本数は、2,600本。
当せん確率は、10万分の1だ。
そりゃぁ有名売場などの超絶売り場には及びもつかないが、小さな実績を積み重ねている辺り、地元の方々に愛されている売り場なのだろう。

 

場所は、富山県富山市上冨居三丁目8番38号にある。


大きな地図で見る

ショッピングのついでに、立ち寄られてみてはいかがだろうか?

人気ページ一覧

富山県の高額当せん売り場!太郎丸チャンスセンター

高額当せん宝くじ売り場は、「西銀座チャンスセンター」だけではない!
地方にだって負けず劣らずの超絶売り場は存在する。
今回は、北陸は越中富山の人気売り場「太郎丸チャンスセンター」をご紹介。
地元新聞でも話題になった「年末ジャンボ」でビッグ当せんを果たした“小さな売り場”を詳細レポート!

西銀座チャンスセンターは、日本一の行列売り場

知名度では全国ナンバーワンの「西銀座チャンスセンター」。
ジャンボ宝くじ発売期間中の長蛇の列は、もはや銀座の街に溶け込んでいる・・・。
近頃の高額当せん実績はやや下火になっているものの、それでも北は北海道から南は沖縄まで宝くじファンが押し寄せる。
日本有数のマンモス売り場、「西銀座チャンスセンター」をレポート。

上野・御徒町といえば!御徒町駅前センター

東京の観光地のメッカ「アメ横丁」で名を馳せる売り場といえば、「御徒町駅前センター」。
その真っ赤な外装は、宝くじファンでなくとも足を止めてしまうインパクトを持っている派手な売り場。しかも高額当せん実績も派手となれば、ココで買わない理由が見当たらないというもの。
マスコミ登場回数多数!御徒町のトップに君臨する「御徒町駅前センター」をレポート。

「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」のユニット増刷情報!

1等前後賞合わせて5億5千万円の「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」の抽せんが終了。
“1億円宝くじ”が幕を閉じて、今期より従来型の3億円宝くじとなった歴史の長いドリームジャンボ宝くじ。
23ユニット(690億円)を目標に掲げた初夏のジャンボくじは、一体どれくらい売れたのでしょうか?

宝くじの発売でよく見かける「ユニット」。
いつもはスルーしてしまう“ユニット制の概念”を、ここで整理しておこう!
そもそも、“ユニット”とは何なのか?何のためにユニット制を設けているのか?ユニットの増刷って?
宝くじの「ユニット」に関する疑問を、会話形式で解説。

赤坂ACTシアターの抽せん会場に潜入

「年末ジャンボ宝くじ」の抽せん会場といえば、「赤坂ACT(アクト)シアター」。
大晦日の12月31日に、抽せん会場に潜入!当せん番号のリアルタイムに挑む!
・・・しかし、思わぬトラブルが巻き起こり、ファンの方々にご迷惑をおかけした悲惨な会場レポート・・・。
もう、リアルタイム更新は無理なのか。