宝くじ抽せん会場の入場整理券の入手方法

MENU

「宝くじの疑問 Q&A」 抽せん会場の入場整理券について

 
宝くじの抽せんを生で見に行きたい!

「ジャンボ宝くじの生抽せんを見に行きたいですね。」
「テレビで見ればいいじゃん。」
「わたくし、宝塚歌劇団のファンでして、ジャンボ宝くじでよくゲスト出演されるんですよ(笑)。ぜひ、生の抽せん会場に足を運びたいですね。」
「ジャンボ宝くじの抽せん会場への入場整理券を手に入れるのは、けっこう大変ですよ。ブロック制の宝くじとは異なり、需要が多いです。」
「抽せん会場へは、直接行けば、入れてもらえるんですか?」
「移動費がもったいない・・・。」
「まずは、時のジャンボ宝くじの抽せん会場が決定しましたら、みずほ銀行に直接、お問い合わせください。以下は、その電話番号です。2つとも、どちらでも同じです。」

 

03-3535-9033
03-3535-9034

 

「ナビダイヤルでつながりますので、2番を押して、直接、お問い合わせください。フリーダイヤルではありませんので、1分間で10円の通話料金がかかります。ご注意ください。」
「1番は?」
「1番は、“宝くじ売り場の営業時間案内”と“宝くじ売り場の所在地案内”です。」
「フリーダイヤルくらい用意しとけばいいのに。」
「みずほ銀行の係員が受話器に出られましたら、今回のジャンボ宝くじの抽せん会場へ行きたいのですがとお問い合わせください。」
「入場整理券を手に入れるのは難しいとおっしゃいましたが、倍率などはどうなのでしょうか?」
「例えば、年末ジャンボ宝くじなどは約3,000人の申し込みがあるのですが、抽せん会場の整理券をゲットできるのは、約1,500人です、およそ2倍の倍率ですね。」
「暇人が多いね・・・。」

「しかし、飯島さんがおっしゃった、宝塚歌劇団が出演するドリームジャンボ宝くじなどは、約10,000人の申し込みがあり、当せんするのは約2,000人です。実は、こちらのほうが倍率が高いのです。」
「ボウズくんって、みずほ銀行の回し者?」
「うわー、5倍の倍率ですか。確かに、宝くじの抽せん会場に入場する理由は、ジャンボ宝くじの抽せんそのものより、ゲスト出演の方を拝見したい気持ちが強いのですよね。」
「へ?抽せん結果の行方のほうが大事でしょ。」
「数字選択式宝くじのインターネット中継はありますが、ジャンボ宝くじの中継はありませんね。」
「ジャンボ宝くじの購入者需要が、数字選択式宝くじの比ではありません。恐らく、強靭なストリーミングサーバーを用意しなければ、簡単に回線が切れてしまうでしょう。もちろん、企業努力としてインフラを整えるべきだとは思いますが。」
「だから、テレビで見れば済む話じゃん。」
「分かりました。ありがとうございます。」

「宝くじ抽せん会場の入場整理券の情報に関しては、後日また、詳細をお伝えします。こちらもどうぞお楽しみに。」
「テレビが一番!」
「・・・。」
スポンサード リンク

人気ページ一覧

抽せん会場「東京宝塚劇場」の全貌を公開

ドリームジャンボ史上最高額!1等前後賞合わせて5億5千万円で盛り上がった「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」「ドリームジャンボミニ5000万(第661回全国自治宝くじ)」
抽せん会場となった「東京宝塚劇場」の全貌を公開。抽せん開始から終了までを詳細レポート!

富山県の高額当せん売り場!太郎丸チャンスセンター

高額当せん宝くじ売り場は、「西銀座チャンスセンター」だけではない!
地方にだって負けず劣らずの超絶売り場は存在する。
今回は、北陸は越中富山の人気売り場「太郎丸チャンスセンター」をご紹介。
地元新聞でも話題になった「年末ジャンボ」でビッグ当せんを果たした“小さな売り場”を詳細レポート!

西銀座チャンスセンターは、日本一の行列売り場

知名度では全国ナンバーワンの「西銀座チャンスセンター」。
ジャンボ宝くじ発売期間中の長蛇の列は、もはや銀座の街に溶け込んでいる・・・。
近頃の高額当せん実績はやや下火になっているものの、それでも北は北海道から南は沖縄まで宝くじファンが押し寄せる。
日本有数のマンモス売り場、「西銀座チャンスセンター」をレポート。

上野・御徒町といえば!御徒町駅前センター

東京の観光地のメッカ「アメ横丁」で名を馳せる売り場といえば、「御徒町駅前センター」。
その真っ赤な外装は、宝くじファンでなくとも足を止めてしまうインパクトを持っている派手な売り場。しかも高額当せん実績も派手となれば、ココで買わない理由が見当たらないというもの。
マスコミ登場回数多数!御徒町のトップに君臨する「御徒町駅前センター」をレポート。

「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」のユニット増刷情報!

1等前後賞合わせて5億5千万円の「ドリームジャンボ(第660回全国自治宝くじ)」の抽せんが終了。
“1億円宝くじ”が幕を閉じて、今期より従来型の3億円宝くじとなった歴史の長いドリームジャンボ宝くじ。
23ユニット(690億円)を目標に掲げた初夏のジャンボくじは、一体どれくらい売れたのでしょうか?

赤坂ACTシアターの抽せん会場に潜入

「年末ジャンボ宝くじ」の抽せん会場といえば、「赤坂ACT(アクト)シアター」。
大晦日の12月31日に、抽せん会場に潜入!当せん番号のリアルタイムに挑む!
・・・しかし、思わぬトラブルが巻き起こり、ファンの方々にご迷惑をおかけした悲惨な会場レポート・・・。
もう、リアルタイム更新は無理なのか。