ロト7抽せん結果の実際に抽せんされた順番のボール配列

MENU

“昇順”ではない、 “実際に抽せんされた順番”のボール配列

 
当ページの「実際のボール配列」は、サービスを終了いたしました。

 

ロト7の“抽せん結果”は、抽せん後に“昇順”に並び替えられています。
例えば、みずほ銀行の公式サイトの結果には、以下のように掲載されています。

 

「07 10 12 17 23 28 34」

 

・・・と、昇順(小さい数字から大きい数字へ)に結果が記載されていますが、実際にはこの順番にはボールは抽せんされていません。

 

「第1回」の場合なら、「10 17 12 17 23 28 34」が、実際に抽せんされた順番のボール配列です。
この「現実のボール配列」+「女性行員」を見ていくと、ロト7特有の“クセ”が見えてきます。

 

このページでは、データを揃えるごとに判明するであろう、実際に抽せんされた順番のボール配列を掲載します。
真っ向勝負の統計学から導き出される攻略法も秀逸ですが、切り口を変えて、新しく始まった“8億円宝くじ”の動向を具に鑑賞していく視点を養います。

 

あなたの8億円的中を、心から祈っております。