「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」の売上

MENU

「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」の売上

 
1ユニット=2,000万枚の“10億円”

年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)の賞金は、1等・前後賞合わせて10億円と前代未聞の高額当せん金で話題になりました。
事前の発行予定ユニット数は27ユニットですが、1ユニット辺り2,000万枚(60億円)ということで、27ユニット×60億円=1,620億円。
1ユニット=2,000万枚の“10億円”
※通常のジャンボ宝くじは1ユニット=1,000万枚です。

 

各メディアで1ユニット辺りの枚数が2倍になったことを伝えたのは、朝日新聞くらいだったでしょうか。TBS系列「ひるおび!」、フジテレビ「とくダネ!」他、どのマスコミも“10億円”を煽る一方で、一切ユニットには触れませんでした。
これが許されるのなら2020年東京オリンピックに合わせて、1等・前後賞合わせて20億円にすることも簡単です。1ユニット辺りの枚数を増やして、メディアでは一切報道しなければ良いだけの話ですから。

 

ところが、世間というのはマスコミの煽りに右向け右のようで、2015年(平成27年)大晦日の年末ジャンボは、「みずほ銀行」の戦略通りの結果になった模様です。

達成率100%割れ、前年比割れが続いた“年末ジャンボ”

ただ、「みずほ銀行」のすべてを非難するつもりはありません(厳密には「みずほ銀行」は受託販売をしているだけで、「全国自治宝くじ事務協議会」が諸悪の根源ですが・・・いや、もっと厳密に言うと総務省であり、“国”なのですがね・・・)。

ここ数年、各メディアでも報じられていますが、「宝くじ」の売り上げは右肩下がりで、いよいよ年間売り上げが9,000億円を下回る(これまでは1兆円超えが当たり前でした)のも時間の問題になってきました。
もちろん、認知度が高い「年末ジャンボ宝くじ」も例外ではなく、ここ数年は事前に発表したユニット数を“大きく下回る年”が定石のようになっていました。

 

年末ジャンボ(第651回全国自治宝くじ)では、事前の発表ユニット数60ユニット(1,800億円)を大きく下回る、約1,300億円(達成率72%)で惨敗。
年末ジャンボ(第669回全国自治宝くじ)では、事前の発表ユニット数49ユニット(1,470億円)を大きく下回る、約1,170億円(達成率79%)で惨敗。

 

昨今では併売宝くじが販売されていますので、かろうじて合算して前年比率としては100%を超える年があるものの、“年末ジャンボ単体”では達成率を大きく下回まわる年が続いていました。
「みずほ銀行」側としては、メインのジャンボ宝くじ+併売宝くじの合算額で前年比を上回れば成功という認識があります。

2015年(平成27年)でプラスに転じた“年末ジャンボ+ミニ7000万”

年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)

ユニット数/売り上げ/比率

販売実績

約1,460億円(前年比率:124.7%)

目標ユニット数(売り上げ)

27ユニット(1,620億円)

実際のユニット数(ユニット)

25ユニット(1,500億円)

達成率

90.1%

実際のユニット数「25ユニット」は、ユニットは売り切れないように多めに発行されます。
無念!・・・あれだけ煽りに煽った“10億円年末ジャンボ”だったのに、“年末ジャンボ単体”では達成率100%を超えませんでした。
確かに、前年比率としてはプラスに転じましたが、27ユニットに達しなかったのは、かなりの誤算だったのではないでしょうか。

 

しかし、先に「合算額で前年比を上回れば成功」と明記したように、併売宝くじの年末ジャンボ7000万(第689回全国自治宝くじ)との合算額で前年比を上回れば良いのです。

年末ジャンボミニ7000万(第689回全国自治宝くじ)

ユニット数/売り上げ/比率

販売実績

約510億(前年比率:94.4%)

目標ユニット数(売り上げ)

19ユニット(570億円)

実際のユニット数(ユニット)

17ユニット(510億円)

達成率

89.5%

この2つだけ見れば“失敗”の様相を呈していますが、“年末ジャンボ+ミニ7000万”の合算額は1,970億円、前年比率115.2%とこちらは“勝ち”です。
ただ、この“勝ち”も、年末ジャンボで1ユニット:2,000万枚をひた隠しにして、10億円を煽った結果に過ぎません。
“ミニ7000万単体”では前年比割れの失敗ですし、“10億円”を煽りまくった割には、目標ユニット数にも達していない現実が見て取れます。

恐らく、グリーンジャンボドリームジャンボサマージャンボオータムジャンボは今後も1ユニット:1,000万枚のまま。
年末ジャンボだけは、2016年(平成28年)も1ユニット:2,000万枚を推し進めるでしょう。
2020年(平成32年)になる頃には、知らぬ間に1ユニット:3,000万枚、4,000万枚になっているのではないでしょうか。
総務省としては、美味しい税収の“宝くじ”をこのまま9,000億円割れを見て見ぬふりをするわけにはいきませんので、“姑息な手段”で挽回をはかるのは目に見えています。
昨今では、「スクラッチ」も減少の一途を辿っていますので、小耳に挟んだ情報によりますと、“億単位のスクラッチ”を販売するというウワサがあります。

 

抜本的な解決を見出だせないままの「宝くじ」ですが、宝くじファンとしては何とか良い方向に転じるターニングポイントがあればとヤキモキしています。
スポンサード リンク

その他の宝くじニュース

ぱるる&役所広司 ハロウィンジャンボ宝くじCM

鈴木奈々&ぱるる&役所広司 サマージャンボ宝くじCM

役所広司&島崎遥香&紅ゆずる ドリームジャンボ宝くじCM

2017年(平成29年)4月発売 ウルトラマンスクラッチ 発売スケジュール

綾野剛&所ジョージの『グリーンジャンボ宝くじ』テレビCM

ロト7:キャリーオーバー発生で最高8億円から最高10億円に増額

ロト6:キャリーオーバー発生で最高4億円から最高6億円に増額

井川遥&綾野剛&所ジョージの『年末ジャンボ宝くじ』テレビCM

1等5,000万円!お正月ジャンボスクラッチ(第708回全国自治宝くじ)

totoBIG売れ行き好調!主要都市別(推定)売上ランキング!

みんなで「近畿宝くじ」の抽せん会に行こう!

綾野剛&所ジョージの『オータムジャンボ宝くじ』テレビCM

綾野剛 再登場!『サマージャンボ宝くじ』テレビCM

綾野剛 初登場!『ドリームジャンボ宝くじ』テレビCM

2016年(平成28年)4月発売! ワンピーススクラッチ 続々登場!

宝くじの店頭案内 【一等○本出ました!】はウソ

2015年(平成27年):「数字選択式宝くじ」の年間売上額

所ジョージ再登場!の『グリーンジャンボ宝くじ』テレビCM

「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」の首都圏売上予測ベスト5

「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」の当せん条件

「年末ジャンボ(第688回全国自治宝くじ)」で抽せんされなそうな「番号」を分析

「西銀座チャンスセンター」の特バラと“10億円年末ジャンボ”の報道の仕方

所ジョージ復活!の『年末ジャンボ宝くじ』テレビCM

大久保佳代子&織田信成が参戦! 米倉涼子&原田泰造の年末ジャンボ宝くじテレビCM!

お嬢様と恋に発展!? 米倉涼子&原田泰造の『グリーンジャンボ宝くじ』テレビCM

過去最高額! 第84回ロト7で(繰り越し金額)20億円キャリーオーバーが発生!

第83回ロト7で(繰り越し金額)16億円キャリーオーバー発生中!

ロト7CM 第七話~第八話! 【部長昇格取り消し篇】

「ロト6の当せん番号を教える」・・・33歳女性、1,500万円の詐欺被害

米倉涼子&原田泰造の『オータムジャンボ宝くじ』テレビCM!

米倉涼子&原田泰造の『サマージャンボ宝くじ』テレビCM!

米倉涼子&原田泰造の『ドリームジャンボ宝くじ』テレビCM!

【これは酷い】 俳優・阿藤快が広告塔・・・詐欺ロト予想ソフト

加藤あいの「春爛漫くじ」テレビCMは、首吊り自殺を連想させて不愉快!

第23回数字選択式宝くじロト7で、歴代二番目の額となる1等7億円!

二度目の最高当選額!「第21回数字選択式宝くじロト7」で1等8億円!

70代の女性が「ロトくじで当たる番号を教える」と現金1,000万円を騙し取られる

「ロトくじの当選番号を有償で教える」・・・52歳男性、1,600万円詐欺被害

宝くじ史上最高額!「第7回数字選択式宝くじロト7」で1等8億円が3口誕生!

“宝くじ・幸運の女神”史上最強美人は、「番匠麻衣」さんに決定!

(海外ニュース)宝くじで28億円を当てた男性が地中から遺体で発見

(2ちゃんねる)衝撃!第596回年末ジャンボで2等1億円に見事当せん!